嫁さん日記
<
[2006年3月]
>

3月31日
 3月最終日。今期最後の日。
旦那のポリシーに反してたまりにたまっている有給。捨ててしまうことに。それでも、1日でも無駄にしないですむようにともぎ取ったお休みでゴルフへ。

 朝から小雪が舞うし、風も強いし、気温も低いし‥で最悪のゴルフ日和。雨が降らなかっただけマシだけど。第一ホールからアクシデントがあってスコアは最悪だったみたい。

3月30日
 伊右衛門茶にミニ茶筒のオマケがついていました。
全部で6種類あったので、勿論6本購入。袋の外から中身が確認できるオマケはいいわ〜

 漆っぽい赤と黒の茶筒。松竹梅の柄があしらわれてます。プラスチックだし去年の缶より安っぽいかなと思ったのですが、蓋の部分には溝まであって割りと細かく出来てるのかも‥。

 特に伊右衛門茶が好きという訳ではないのに、オマケがあるたびに買い込んでしまいます。サントリーは商売上手だわ。リプトンや爽健康美茶は今年はミニ缶は出してくれないのかなぁ。

3月29日
 イチローの夢を見ました。
コタツでミカンを食べながら玉子焼きの味付けについて話していたのです。イチローはユニフォームにヘルメット着用。私は普段着。違和感はあるけれど、日常のひとコマという感じ。

 でも、うちにはコタツはないのにな。ミカンだってこの冬食べたっけ?という感じ。グレープフルーツやデコポンは食べたけれど、ミカンは缶詰ばかり。コタツの上にカゴに入った山盛りミカンなんて風景は実家でしか見ないもの。夢なんてそんなものかも。どうせなら、もうちょっとロマンチックな夢でも見たかったなぁ。オシャレなレストランで食事しているとかね。

 玉子焼きの味付け。私の実家ではシンプルに塩のみ。でも、旦那の実家は砂糖と塩なのです。私の甘い玉子焼き初体験は幼稚園の運動会で。友達とオカズを取替えっこして食べたあの衝撃ははっきり覚えてます。最近になってようやく私も甘い玉子焼きを食べるようになりましたが‥。

3月28日
 数ヶ月ぶりに平日に旦那と一緒に夕食を食べました。
夕方に「今日は早く帰れる」とメールをくれていたのです。7時くらいになるかなと思っていたら、ほぼ定時で仕事が終わったみたい。帰るコールの時に「一緒にご飯食べられる?」と言ってくれた時はうれしかった〜♪ 

 夕方にメールがなければ、帰るコールの時には私は夜ご飯を食べ始めていたかも。最近は平日は1人で食べるのが普通になっているし、待つ気が全くないので早め(6時頃)には食べちゃうので。1人でTVを観たり本を読みながらのんびり食べるのもいいけれど、やっぱり誰かと一緒に食べる方がいいな。

3月27日
 リビングのカーテンの洗濯と窓の掃除を。
冬の間手を抜きまくっていたので、かなり気合を入れて拭きまくりました。やり終わると肩が凝ったし、変な姿勢をしていたら足首の関節がおかしくなりかけたけれど、きれいになるとやっぱり気持ちいい♪

 だけど、ふと指先を見てガックリ。前の日に形を整えてキレイに塗ったネイルがボロボロになっていたのです。しかも、2本も爪が欠けていました。折角キレイなフレンチネイルにしたのにな。家事はネイルアートの大敵だわ。

 それでも、春らしい暖かい風に乗ってふんわりと洗剤の香りがするのは気持いい〜。ただ、窓拭きは内側からだけ。外側はしてないのです。段差があるし、チビの私では上まで届かなくて‥。今度旦那にやってもらおうかと企み中。

3月26日
 旅番組で鹿児島の焼酎、佐藤の黒を紹介していました。
幻とまで言われている手に入りにくい焼酎なのだとか。焼酎には詳しくないけれど、ラベルを見て「もしや?」と思って友達にメールしてしまいました。返信メールを読んでニンマリ

 友達の家にはお店が出来そうなくらい沢山の種類の焼酎があるのです。遊びに行った時にあれこれちょっとずつ飲ませてくれます♪ その時に「これはお勧めよ」と教えてくれたのが確か佐藤ではなかったかと。

 黒と白の2種類とも飲んだことは覚えてます。で、どっちかの方をより「おいしい」と思ったことも。だけど、それがどっちだったかの記憶がイマイチ。何ともご馳走のし甲斐のない人間です。友達がガッカリしそう。でも、ホントにちゃんとおいしかったことは覚えてるのよ〜。

3月25日
 イチジクの挿し木をしました。
伸びすぎた枝を剪定するついでということで‥。実際、気を抜くとすぐにお隣さんの庭まで侵入してしまうのです。

 木の生命力にびっくりしたこと。数年前の地震で傾いてしまい、一部の枝が地面に接してしまいました。その後はその枝で木自身を支えるような感じで伸びていました。ちょうどつっかえ棒みたいな感じで。そのまましておいたら、そこから根が出ていたのです。

3月24日
 『沖縄黒糖入りロシア』なるパンを見つけました。
ヤマザキのロシアパンは子供の頃よく食べていました。黒糖は大好きだし、懐かしさもあり購入。袋には期間限定の文字もあったのでそれに惹かれたのもありますが‥。

 お値段の割にはボリュームたっぷりのロシアパン。ふんわりしっとりした食感は記憶の味そのまま。ただ、あまりのボリュームに旦那と2人でも全部は食べられませんでした。「昔はこんなん軽く食べてたのになぁ」と旦那も感慨深げ。このところ食べる量が少なくなってきたものね。このパンは平成4年のヒット商品みたいです。14年ぶりの復刻なのね〜。

3月23日
 もう春休みなのね。
昼間のスーパーにも子供がいっぱいだし、道端でサッカーしてるし‥。自治会の定期総会の委任状を班長さんのお宅に持っていったら、インターホンに対応してくれたのは子供の声。返事をしてくれた後に「お母さん、委任状やて」と伝えているのまでしっかり聞こえました。

 委任状と一緒に配布された版ごとの名簿によると、来年あたりは我が家に順番が回ってきそうな気配が‥。名簿には各家庭の住所と入会日と役員を担当した年が書かれてあります。入会日が古い家から順番に担当しているようですが、残りはあと数軒。乳幼児と高齢者がいる家は免除されるけれど、うちは該当しないしなぁ。お隣さんとうちが同月に入会してます。でも、住み始めたのはうちが先。あぁ、来年はかなりヤバイかも‥。考えると憂鬱です。

3月22日
 毎月ではないけれど、特集が好みのモノだった時だけ買う『dancyu』。
紹介されているのは関東のお店が多いのが難点だけど、プロ直伝の作り方が詳しく紹介されているのでお役立ちなのです。4月号は餃子特集。大好物なので即買い♪ 今回は日本各地の美味しいお店が紹介されていました。日本一周餃子を食べる旅‥なんてのもしてみたいなぁ。旦那がリタイアした後のやりたいことリストに付け加えようかしらん。

 もうひとつ、缶詰晩餐会なんて特集もありました。その中で作家の荒俣氏が鮭缶の美味しさについて力説していたのです。彼は日本一の鮭缶愛好家らしい。その生地を読んだら無性に食べたくてたまらなくなり、スーパーで早速買って来ました。お勧めのあけぼのの鮭缶はなかったので仕方なく他のメーカーのもので我慢。中骨もホロリと柔らかく、薄味だけどなかなか美味。もしかしたら、私にとって人生初の鮭缶かも‥。

 荒俣氏一押しの大根おろしと混ぜてあつあつご飯にぶっかけても食べてみました。これは、ちょっとリッチなネコマンマという感じ。美味しいけれど、1年に一度くらいでいいかも。私には鮭は塩焼きが一番かも。

3月21日
 わーい、王ジャパンが勝ちました♪
第一回大会の優勝。初代王者。世界一。いや、たまりません! 正直、8回が終わった時はヤバイかも‥と思いました。チャンネル替えちゃおうかとも。旦那と一緒でなければそうしていたかも。

 それにしても、イチローはこのところ雰囲気変わったなぁ。今の方が好きだけれど。WBCは試合の日程がちょうど休みの日にぶつかっていて観戦にはもってこいでした。もう終わっちゃうと思うと何だか寂しい。

 さて、日本のプロ野球の開幕はもうそろそろ。少し前のトラさんチームは『オープン戦が終わるとシーズンの終り』という感じだったけれど、最近は違います。今年はどうなるかしら?

3月20日
 不二家のルック・ア・ラ・モード ミルクイン。
とってもチープな味だけど4種のベリー味が楽しいチョコ。ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーにカシス。どの味がどこにあるか分かるようにパッケージに書かれてあるけれど、なくても味がはっきり分かります。でも、個人的に練乳はいらないかも‥と。まぁ、『ミルクイン』だから仕方ないけれど。

 一番のお気に入りはカシス。お次がラズベリー。珈琲と一緒に食べると幸せな気分。TVガイドの情報コーナーによるとこの春はカシスがブームだとか。そういえばスーパーでもカシス味のお菓子が色々並んでいたなぁ。カシスは大好き♪ 色々試してみなきゃ〜。

3月19日
 わーい、王ジャパンが勝ってくれました。
気持いいの勝ち方で♪ ずっと試合を観ていた訳ではなくて、外出から帰ってきてTVをつけたら8回裏。6−0で勝っていたけれど、その後もじっくり観る勇気はありませんでした。最終回に逆転されたらどうしよう‥と。

 いや、でも、うれしい! 韓国政府は兵役免除を決定するのが早すぎたのではないかしら? 今日の試合が終わるまで発表を控えた方がよかったように思います。試合が終わった後、うれしさのあまり昼間からビールを飲んじゃいました。

3月18日
 友達から下仁田ねぎのポテトチップスが届きました。
群馬限定販売のもの。誕生日プレゼントにわざわざ送ってくれたのです。大好きな下仁田ねぎ。シーズンは終わってしまったので、次の冬まで食べられないなぁと寂しく思っていたのでうれしい♪

 味は薄めだけど噛んだ後にねぎの風味が口に残ります。普段ポテトチップスはあまり食べないのだけど、後をひいて止まらなくなるお味。地域の限定モノって大好き! Rさん、サプライズなプレゼントをホントにどうもありがと〜。私のツボにはまりまくりよん♪

3月17日
 WBCの疑惑の審判。
またまたやってくれました。でも、彼のお陰(?)でメキシコが頑張ってくれたのかも‥なんて。ディズニーランド観光なんてしてヤル気がないものだとばかり思っていたからね。

 でも、日本とアメリカの失点率の差はわずか0.01。勝ったという実感はイマイチだけど、それでも勝ちは勝ち。こういう結果を見ると、悪いことは出来ないなぁと思ったりも。

 さて、問題は次の韓国戦。三度目の正直となるのかしら? 韓国は日本を目の敵にしてそうだし。勝利に対する執念もすごそうだし‥。兵役免除が決定して韓国選手の気力が抜けていたらいいんだけどな。(^^;

3月16日
 駅弁のご飯が九州の形。
メールで送ってくれた写真を見て私が気付いたのです。食べた本人は全く気付かなかったみたい。真ん中に梅干がありました。あれは、阿蘇山なのかしら? 位置的に桜島ではなさそうなので‥。でも、ご飯に梅干はつきもの。単に真ん中あたりに置いてあっただけかも。

3月15日
 昨夜の会話。
私「今日はホワイトディよ〜」
旦那「何買うてくれんの?」
 多分、というか絶対に旦那は忘れているとは思ったけれど、一応プレゼントをおねだりしたんだけどなぁ。どーしてホワイトディに女性が男性にプレゼントしなきゃいけないのよっ。反対でしょうが!!

 旦那は不思議そうに私の顔をじっと見て、数秒考えた後に「そうか、逆か」と呟きました。でも、それだけ。そのうち何かドカンと値の張るもの勝手に買ってやる〜。

3月14日
 座る時に変な姿勢をしていたら腰が痛くなってしまいました。
ちょっとの間だけ‥と油断していたのです。腰痛持ちなので重いものを持ち上げる時など注意するように心がけてます。だけど、つい‥

 ウッカリして同じ失敗を繰り返してしまう私を旦那は「とり(鶏)頭」と言っていたのですが、「これからはチョウ(蝶)と呼ぶぞ」と。鶏を訓読みではなく音読みにしただけですが、蝶(特に幼虫)が大嫌いな私には大きな違い。「チョウ、チョウ」と連呼されると鳥肌モノ。かなり堪えます。真剣に腰に負担がかからないように注意を払うから音読みにはしないでとお願いしました。

3月13日
 午前中はいいお天気だったのに、午後からは吹雪に。
うっすらと積もるくらい降りました。気温は昨日の半分くらい。体がおかしくなっちゃいそう。

 ブルーな私と違って、プランターの球根たちは元気いっぱい。チューリップ、ムスカリ、アネモネが芽を出してます。クロッカスはひと足先に薄紫の花を咲かせているし♪ 去年植えた球根たち。冬の間全く世話をしていないのに、ちゃんと育ってくれてうれしい〜。やっぱり球根はいいわ。一度植えたら毎年花を咲かせてくれるので。面倒くさがりの私は、球根を掘り出すこともなくそのままにしているのです。

 今年はカサブランカとヒヤシンスを仲間入りさせました。どちらも白い花。ホワイトガーデン計画は少しずつ進んでいます。

3月12日
 本日は私の誕生日。
旦那は仕事でお疲れのようだったし、お天気も悪いしお家でのんびりしているつもりでした。でも、旦那が「お昼食べに行って帰りにケーキでも買ってこよう」とちょこっとお出掛け。近所のお店だけど、わざわざ出掛けようとしてくれたことがうれしい♪

 ケーキはダイエット中なのでホールでなくてショートケーキに。「奈良ではバースディケーキをここで食べるのが憧れ!」と地域の情報誌に広告が出ていたお店で買うことに。広告に惹かれたのではなくて、単に家の近くにあるお店だから‥なんだけど。年に数回しか行かないし、いつ行っても他のお客さんと会うことがなくて、それ程はやっているとは思えないので「ホントに憧れなの?」と突っ込みたくなるのだけれど‥。

 買ったのは、定番の苺のショートケーキとモンブラン。このところ、この2つのケーキとチーズケーキとばかりあちこちのお店で食べ比べてます。たまにロールケーキに目移りすることもあるけれど、他のものはあまり食べなくなりました。今日のケーキはなかなか美味。ただ、ケーキがどちらも大きめでそれに伴いお値段も高めだったのが気になるけれど‥。もうひと回り小さくてもいいのになぁ。それと、店先にスタッフ募集の張り紙があったのです。30歳までと書いてあったのですが、店員さんはみんな推定40代。そのギャップが気になったりして‥。お揃いの赤いカーディガンがちょっと変でした。

3月11日
 高木シェフのケーキのようなホットケーキミックスを食べてみました。
TVでCMを見てから食べたくてずっと探していたのです。粉をボールに入れた途端、すごいバターとバニラの匂いがしました。確かにふんわりケーキみたい。でも、個人的にはイマイチ

 料理長のレシピを忠実にいかしたというホテルニューオータニのホットケーキミックスの方が格段に美味しい! メープルシロップも付いてるし。このシロップも好き♪ このホットケーキを食べたらもう他の一般的なメーカーのには戻れないくらいなのです。実際にホテルで食べたらもっと美味しいのかなぁ‥。

 今までずっと牛乳で作っていたのですが、豆乳を使っても美味しくできるみたい。豆乳が苦手で、美味しく飲む方法を探しているので今度試してみようと思います。さて、高木シェフのホットケーキミックス。あと一袋残ってるのです。どーしようかしら‥。

3月10日
 頂き物のお蕎麦の入っていた桐箱を使ってコレクションケースを作りました。
伊右衛門茶、烏龍茶、リプトン、カップヌードルなど直径3cm、高さ5cmのミニ缶が気付けば24個も集まっていて‥。スベスベの桐箱、捨てるのは勿体無い気がして、何かに使えないかなぁと取っておいたのが役立ちました。以前にもカマボコ板を数十枚使って似たようなコレクション用の棚を作ったなぁ。文字にすると貧乏臭いようですが、出来栄えはそれ程貧乏臭くはないつもり。

 カマボコ板の場合はボンドでくっつけるだけでしたが、今度は蓋の部分を仕切り板にしたかったので切り分けなければいけません。でも、私はノコギリが使えないので彫刻刀オンリーで頑張りました。採寸し、鉛筆でひいた線の数ミリ横を裏表から溝を掘る要領で解体。その後、凸凹をやすりがけしたら完成。全ての缶を並べたらあつらえたかのようにピッタリサイズでご機嫌の出来上がり。仕上げに漆喰風のペンキを塗ろうか迷い中。ペンキが特大サイズしかないので悩んでいるのです。

3月9日
 NYで開かれたコシヒカリの料理コンテストの番組を観ました。
参加した人たちの中には、有次の包丁を持っている人も。日本人にはないアイデアが面白い。日本人だと炊き立ての白いご飯というイメージがあるけれど、アメリカ人にとっては野菜の1つなのかも。番組中で審査員が、「食材を従来にない使い方をすれば、アメリカ人にいかに想像力がありクリエイティブなことをするかが分かる」とコメントしていたのですが、確かに!と納得しました。

 ただ、あまりにも個性的過ぎる食材の組み合わせは個人的には×。優勝者もやはり基本は押さえているというか、組み合わせをはずし過ぎず、風味を生かした料理を作った人でした。審査員であるプロの料理人たちも同じように考えているんだなぁと、ちょっと安心しました。アメリカでのコンテストなので、かなり奇をてらった組み合わせの料理もあったのです。折角のコシヒカリが勿体無いなぁと思うくらいに。

 全体的にメインディッシュもデザートにもココナッツミルクを入れるのが好きみたいでした。乳製品アレルギーの人も食べられるからという考え方かららしいのですが、個人的にはココナッツミルクが苦手なので、その点が気になりました。でも、盛り付けなどはすごいな、真似したいなというアイデアがいっぱい。それにしても、アメリカでもコシヒカリがハイクオリティライスとして認識されるようになったのは、日本人としてすごくうれしい。普段も週の半分はお米を食べないし、海外旅行中もお米を食べないとダメなんてタイプではないけれどね。優勝賞品は日本へのエアチケット。是非、魚沼産のコシヒカリを食べて欲しいな。

3月8日
 数日前、ゆうパックの小包がポストに入ってるのを発見。
その日はずっと家にいたし、インターホンの音も聞き逃さなかったはず。小包だから受け取り印が必要なはずなのにポストに放り込んでおくなんて‥とちょと不満に思ってました。小さめの荷物だからいいや‥とでも思ったのかしら?

 で、今日は葉書と封筒だけなのに、配達員はわざわざガレージから家の敷地内に入って内側の取り出し口からポストに入れてました。普通、ポストの外から入れると思うんだけど‥。ガレージの扉(?)は上下に上げ下げするタイプ。最近、キィキィと音がするようになったので動かすと家の中からでも分かるのです。しかも、その時私は玄関の掃除をしていました。ドア越しに人の気配をはっきり感じられる位置。インターホンも押さず、いきなりドアの前に人が立ったのが分かるのはいい気分ではありません。ポストに手紙を入れた後、またわざわざガレージの扉を下ろして出て行ったのは礼儀正しいと言えるのかしら?

 不審に思って、その後外を覗いたら、斜め向かいのお宅のポストに郵便物を入れているところでした。我が家のポストは隣近所でもよく見かけるごくごく一般的なタイプ。どーしてうちだけ家の中に入り込んだのか疑問が残ります。

3月7日
 昨日の出張土産は『東京ばな奈バウム。ブリュレ』
ほんのりバナナの香りのするバウムクーヘンに香ばしいカラメルがかかったもの。しっとりしたバウムクーヘンとカリカリのカラメルがたまりません!

 東京の友達が「お勧めだよ〜」と売り場の詳しい場所まで教えてくれたもの。面倒くさがりの旦那に必死にお願いして買ってきてもらいました。ホールサイズを今日1日で完食。半分以上私が平らげました。調べてみると銀のぶどうのもあるのね。そっちも食べてみたい〜。こちらは東京駅では買えないみたいなのが難点。何とか旦那にデパ地下に寄ってもらわないと‥。

 冬の間、バルーンが浮かびっぱなしだったガリレオガリレイ温度計。お昼前にバルーンが1つ沈んでいました。今日は暖かかったもの。外出する時もコートなし、薄手のニットだけで十分でした。ただ、花粉が飛んでいるのか、外にいる間中涙がノンストップで大変でした。(T-T)

3月6日
 朝暗いうちから起きだして朝食用にホットビスケットを焼きました。
出張でいつもより朝早く家を出る日なのにパンがなくて‥。朝は苦手だけれど、美味しいものを食べるためなら出る根性に我ながらびっくり。顔を洗った後に外を覗いたら近所はまだどこも起きてませんでした。一瞬、いつも目覚まし時計が鳴る前に回覧板を届けにインターホンを押す迷惑なお隣さんに仕返ししたくなっちゃいました。

 張り切って作ったのに、お初のレシピのビスケットはイマイチ。スコーンのようにちょっと固めのタイプ。ケンタッキーのようにふんわりしっとりやわらかタイプが好きなもので‥。オーブンの二段調理機能を使ってもう一枚の天板でクッキーも焼きました。和三盆のクッキー。昨夜のうちに型抜きしておいたのです。これまた初めてのレシピなのですが、甘さがかなり控えめ。もうちょっと甘い方が好みかも。今日はどっちも好みの味でなくて残念。

 冷めてからクッキージャーに入れようとしたら、1つだけ齧られていました。ガッツポーズをしたようなサワロサボテンのクッキーが、1つだけ単なる棒状になっていたのです。ラックの上に広げているのを旦那が見て味見したみたい。「つまみ食いしたね〜」と新幹線の旦那にメールしたら「若木に戻しといたってんで〜」と返事が。寿命の長いサワロ君は還暦を過ぎたくらいのお年でないと腕が生えてこないものね。

3月5日
 朝は寝癖がすごい旦那の髪の毛。
毎朝メルモパパのようになっています。そのままではとてもじゃないけれど外には出られません。なのに、お昼過ぎには自然と普通になってくるのです。なんて便利なんでしょ。

 それだけでも羨ましいのに、髪質までも私には羨ましい限り。真っ黒で柔らかい旦那の髪。天然茶髪で固くて根性のある私の髪。出来ることなら交換してもらいたいものです。

3月4日
 オモチャや模型飛行機なんて全く興味のない私ですが、ちょっと気になるモノがあります。
トミーから発売される予定のエアロソアラという室内用のコントロール飛行機。何と重さが3.5gしかないらい。3.5gといえば、1円玉3枚半。1円玉4枚分ないのです。手のひらに乗せても重さを感じないくらい軽いはず。

 それなのに、赤外線コントローラーにバッテリーにモーターまでついてるのだとか。ボディは発泡スチロール製だということですが、プロペラ付きの飛行機でそれだけの機能があって3.5gだなんて信じられない!! オマケに値段は2625円。本当にちゃんと飛ぶのか確認してみたくてたまりません。

 最初に旦那から聞いた時は「飛行機? そんなの飛ばして楽しい?」なんてコメントしちゃったけれど、詳しいことを知ってから早く実物が見たくてワクワクしてます。でも、4/1販売予定だったのが夏に延期になったみたい。予約が殺到して生産が間に合わないというのが理由らしいのですが、裏では「こんなに話題になるなんて。えらいこっちゃ。マジで生産に取りかからなあかんわ〜」なんてメーカーが焦ってるとかいないとか‥。楽しみにしてるんだからメーカーさん、頼みますよん。

3月3日
 3月になってから毎日寒い!
しかも、お昼頃になると雨が降るし風も強くて大変。今日は吹雪になりました。あまりの寒さに、旦那が帰宅しようとすると車のフロントガラスが凍っているのだとか。昨日は帰るコールの後いつもより時間がかかっているなぁと思っていたら、氷を取るのに大変だったとか。今日はペットボトルにお湯を入れて凍結に対処していたみたい。帰るコールの時に「今日は昨日ほど時間かかれへんで〜」とちょっと自慢げでした。(^^;

 そのペットボトルはキリンの嬉野玉緑茶100%というモノ。春だし色々な新製品が出ていそう。この頃コンビニに行ってないのでチェックしてみたくなりました。

3月2日
 私には『望郷の念』というものがないみたい。
結婚するまではずっと大阪に住んでいました。これからはもう大阪に戻ることはないと思うけれど、別にそれが寂しいとは思いません。それよりも、日本全国は無理でも各地方に数年ずつ住んでみたいな‥なんて思ったり。そういう意味では、転勤族の人たちがちょっぴり羨ましく感じられます。実際は大変かもしれないけれど、色々なところに住めるというのもいい経験だなぁと。子供がいないと転校などの不安もないのでお気楽に考えてしまいます。

 旦那は私と違って『故郷、地元』に対する愛着はあるみたい。「仕事があれば帰りたい」と思うのだとか。でも、私はあんまり旦那の地元には住みたくないなぁ。嫁、としては。(^^; 
ま、仕事上、地元に転勤になることはまずないと思われるけれど‥。

3月1日
 林真理子の『聖家族のランチ』という本を読みました。
一見恵まれた家族の裏側と新興宗教、カニバリズムを描いた本。読んだ後、読んだことを後悔したくらい後味の悪い本でした。途中もかなり飛ばしながら読んだのです。読み始めたら途中で止められない性格が嫌になったかも。

 カニバリズムが苦手という訳でもないのになぁ。怖い映画や本は結構読むけれど、ここまで後味が悪かったのは初めて。新興宗教に対する嫌悪感もあるのかも‥。