嫁さん日記
<
[2003年5月]
>

5月31日
 いきつけ(?)のアクアショップで、旦那のアクア仲間というか、エビ仲間さんとミニオフ会をしました。
オフ会といっても、参加者は彼と旦那と私のみ。(^o^;;

 彼、Tさんのことは、旦那からチラッと聞いていただけの私。ハンドルから想像していたのは、ちょっとぽっちゃりした感じの人でした。4人のお子さんがいるし、旦那のひとつ年下なので、勝手に「お父さん」というイメージを作り上げていたのです。でも、会ってびっくり。20代と言っても無理がないくらい若々しい素敵な男性だったのです。ホントに爽やかでカッコイイのです。旦那を年よりも老けていると思ったことはないけれど、彼と旦那が1つ違いということが一瞬信じられなかったくらいなのです。あぁいうお父さんだといいだろうなぁ。授業参観の時には鼻が高いに違いありません。

 オマケに、彼はお子さんのお誕生日には、料理からケーキまで作ってしまうのだとか。しかも、後片付けまで完璧に…。素晴らしすぎる!! 

 本日の阪神巨人戦。8回の時点で負けを覚悟して、別のチャンネルを見てました。でも、9回に奇跡とも言える大逆転をして勝ったみたい。何と、11点得点。あぁ、最後まで見ていればよかった…。でも、今年の阪神、もしかするともしかするかしら? いや、本当にもしかして欲しいなぁ。

5月30日
 ゼスプリ・ゴールドを買いました。
定番のグリーンのキウィとは違って、その名の通りキレイな黄色の実のキウィ。黄色のスイカは食べたことがないのだけど、キウィはグリーンのより黄色の方が好き♪ 日本人の味覚にあわせて開発された糖度の高いキウイ。ひょろっとしていて、上の部分をキュッと絞ったような形も妙に可愛いいような…。旦那は「何か変やで」と言ってますが、私はそれも意外とお気に入りだったりします。

 今年初めてのゼスプリ・ゴールドだったのですが、1年振りだったが故に、食べ頃の判断を誤ってしまいました。定番のものだと触るとかすかに弾力があって、甘い匂いがし始めると食べ頃だと思うのですが、ゴールドの場合は違います。(多分(^^;)
一見、まだ固そうで甘い匂いがしなくても十分熟しているのです。今回は、「なかなか柔らかくならないなぁ…」と待ちすぎてしまい、食べ頃を逃してしまいました。

 腐りかけの果物が一番美味しい。本当に果物が好きな人はそういうのを食べる…と聞いたことがあるのですが、旦那も私もそういうのはちょっと苦手です。

5月29日
 出勤前の旦那に馬乗りになって窓拭きをしました。
階段の途中、ちょうど直角に曲がっている部分の壁に窓があるのです。おチビの私は、窓の下半分しか手が届きません。場所が場所だけに椅子を置くわけにもいかなくて…。旦那が壁に手をついて、馬跳びの馬状態になってくれたので大助かり。

 そこまでして拭いたのに、何故だかあまりキレイにならないのです。網戸はともかく、ガラスは白く曇ってしまって…。不思議に思いながら手元を見ると、何と私が使っていたのはフローリング用のクリーナー。窓をワックスがけしてしまったみたい。何ておバカ

 この一件だけでなく、今日の私はついてませんでした。目覚まし時計は30分も遅れていたし、慌てて作ったお弁当のおかずを床に落としてしまうし、今日から再放送されるドラマのことをすっかり忘れていて放送終了後に気付くし…。朝の星占いでは「うお座の運勢は最高」と言っていたのになぁ。

5月28日
 洗濯を済ませた後、車の税金を支払いに銀行へ。
諭吉君が5枚も飛んで行ってしまいました。(T^T)
この銀行には口座は持っていないのだけど、いつも空いているので税金の支払いのためだけに行くのです。七夕のように年に1度しか行かない銀行だったりして。(^^;;

 家に帰ったら、ポストにクレジットカードの利用明細書が届いてました。今回のはかなりドキドキ。GWの旅行の分も請求されているはずだから。明細は何と5枚。合計金額もなかなか…。一昨日がお給料日だったけれど、来月のボーナスまでつつましく生活しなくては。

5月27日
 このところ、3日おきに切っている黄色いバラ。
今朝もご機嫌で挟み片手に花を切ろうとしたら、目の前に鳥のフンが降ってきました! 幸い、私は直撃は免れたのだけど、まさに切ろうとしていたバラのど真ん中に命中。今日咲いているのはその花だけだったのに…。(T0T) フンまみれの花を活ける勇気もなく、すごすごと撤退。くぅぅ。

 その後、近くのスーパーへ。コンビニ程度の大きさの品揃えの良くないスーパー。滅多に行かないのですが、あまり相性の良くないお店。私のお目当ての品物が見つからない場合が多いのです。本日のお目当ては無塩バター。パウンドケーキを作るためにどうしても欲しかったのです。でも、やっぱりありませんでした。高級品のカルピスパターを置いておけ…とまでは言わないけれど、無塩バターくらい置いてて欲しいんですけど。

 帰宅した旦那に『フン事件』を報告すると、「洗って活けたらよかったのに。ホヤホヤやったら水洗いしたら大丈夫やろ」と言われました。でも、絶対に嫌! だって、鳥のフンだもん。そのフンが元は何だったかを想像すると怖くって…。鳥のことだから、私の大嫌いなニョロニョロ虫を食べている可能性大だろうから。

5月26日
 ウェスト辺りまで伸ばしていた髪をまず肩まで、その次にあごのラインまでばっさりと切って3カ月。
短かった髪もまた肩の辺りまで伸びてきました。

 そこで気付いたこと。それは、髪の手触りの変化。サラサラしてコシが出てきたのです。天使の輪…とまではいかなくても、艶も以前よりは増してきたような?! 短くしたので毛先まで栄養がいきわたったのかしらん。

 髪質は改善されたかもしれないけれど、ただ今、髪を伸ばしている最中。なので、外出の時は帽子を被ったまま。中途半端に伸びた髪が収拾付かなくなってきているのです。ショートカットは不評だったので、また伸ばすつもり。早くアップが出来るくらいまで伸びて欲しいなぁ…とモズクやワカメを食べまくる毎日なのです。(^^;

5月25日
 昨日、テニスをする前に、少しだけゴルフの練習をしました。
素振りとひも付きのボールを打つ練習。ゴルフクラブを握ったのは4年ぶり。もともとほとんど経験がなかった私なので、内心「以前に教えてもらったことをすっかり忘れていて、旦那に怒られるだろうなぁ」とドキドキしていたのです。

 ところが、握り方も覚えていたし、フォームもおかしくない。オマケに、空振りもせずボールもちゃんと飛んだのです。以前はかなり右寄りだったのに、昨日はほぼ真っ直ぐに。我ながらこれにはびっくりでした! ビシュッといい音を立ててボールが飛んでいくのは気持ちいい〜♪ ひも付きのボールを打ってるのが物足りなくなるくらい。今度は打ちっぱなしに行きたいかも。(^^)v

 30分くらい、50球程打っただけなのに、翌日は筋肉痛。両腕にわき腹に背筋に首筋まで。上半身は全滅でした。(T-T)

5月24日
 ハムスターのポム2世が天国に逝ってしまって半年。
ようやくショックから立ち直ってきました。それと共に、空っぽのケージが気になって仕方ありません。

 また飼い始めようかなぁ…と思いながら、ペットショップをウロウロ。小さくてちょこちょこ動き回るハムスターはとってもキュート。「家に連れて帰りたい!」と思いながらも、サヨナラする時のことを考えると躊躇してしまいます。ハムスターの寿命は約2年。小さな動物だけにどうしても寿命が短い。しかも、直前まで元気に動き回っているのに、突然ひきつけを起こして☆になってしまうのです。

 どうしよう…と悩んでいると、「飼うのはいいけど、死ぬ時に泣くからなぁ」と旦那に言われてしまいました。小さくても大事な家族の一員、死んでしまう時はワンワン泣いちゃうし、しばらくはどよーんと気分は沈んでしまいます。ポム2世が☆になってから、部屋の片隅に置いたままの空っぽのケージ。新しい家族、ポム3世を連れてくるかどうか悩み中なのです。

5月23日
 宅配便が届いたのですが、住所が『京都府▲○群★#町%■台』のみ。
番地なしだったのです。田舎の新興住宅地だけど、%■台はかなり広範囲。それなのに届いちゃうのにはびっくり

 配達員は顔なじみの人だし、我が家は配達物が多い方だと思われます。だからなのかしら? 意外と適当でも届いちゃうものなのね。

5月22日
 お友達にお裾分けしてもらったオリーブ100%の手作り石鹸を使い始めて3日目。
テキサスの強烈な日差しでカサカサになって、痒くてたまらなかった皮膚の痒みが止まりました。洗い上がりもしっとりしてるし、入浴後のお肌のツッパリ感もなし。ローションなどを塗らなくても平気。これはいいかも。

 ということで、勧められた本もネットで注文しました。届くのが楽しみ♪ 使ってみたのはオリーブの石鹸だけど、蜂蜜石鹸も気になっています。オイルの種類を変えて色々試してみるのも面白そうだし。あぁ、早く作ってみたい〜。

5月21日
 このところ、旦那が大人しいな…と思っていたのです。
口数が少ないという訳ではなく、熱帯魚関係の買い物が少ないなと。週末ごとにアクアショップに顔を出して、ちょこちょこと何かを買ってはいるみたいだけど、ネットでどーんとまとめ買いはしていないな…と。一時期は、毎週毎週、大きなダンボール箱が宅配便で届いてたのです。

 昨夜、寝る前にそのことを言うと、「甘いな。さっきあれこれ買ったで。明後日あたりに届くわ」と。そろそろ水温が高くなるので、水槽にはファンをつけているのです。去年の夏は、水槽が1つだけだったので、水温が27度を越えそうな時には、私がスイッチを入れてました。でも、現在の水槽が増え、旦那もさすがに私には頼めないと思ったのか、『逆サーモ』なるものを購入したみたい。普通、サーモというと、水温が下がると自動的にヒーターのスイッチが入るもの。それのファン版みたい。

 現在、旦那は熱帯魚よりもクリスタル・レッド・シュリンプというエビの繁殖に夢中になっています。このエビは、熱帯魚よりも高温に弱いみたいなのですが、今年の夏はクーラーをいれず、ファンだけで乗り切ってみる予定なのだそう。私はクーラーが苦手なので、真夏でも扇風機のみ。人間がそうなので、是非ともエビ達にもファンだけで夏を過ごして貰いたいものです。

 昨日花瓶にいけた黄色のバラ。洗面所の窓際に飾っておいたのですが、旦那も気付いたみたい。「キレイな花やなぁ」と珍しく私が聞く前にコメントしてました。「やっぱ黄色の花はえぇで」とも。旦那って黄色の花が好きみたいです。

5月20日
 庭のバラに花が咲いてました。
引越しした時から植えられていた黄色いバラ。虫が付いていないことをよーく確認してから摘み取って、お気に入りの花瓶に生けました。

 ガラスと燻し銀の組み合わせのバラのモチーフがある小さな花瓶。摘み取ったバラも小さめの花なので、バランス的にはちょうどいい感じ。まだ蕾があるので、しばらく楽しめそうです。ホンの一輪だけでも、生花があると気分がいいかも♪

 だけど、黄色いバラの花言葉って、あんまり良くないみたい。薄らぐ愛、嫉妬、笑って別れよう…などなど。うーん。(--;

5月19日
 近くのデパートの北海道物産展に行ってきました。
実は、土曜日にも覗いていたのだけど、開店直後にもかかわらずものすごい混雑振りだったので、売り場に足を踏み入れてなかったのです。

 私のお目当ては『フラノデリス』。新鮮な富良野牛乳を使い、牛乳瓶のまま焼き上げた富良野牛乳プリン。土日は1日300個、平日は限定150個の限定商品。朝一番のバスで駆けつけたのだけど、既に売り切れでした。ま、朝一番のバスといっても、普通のバスでなく「無料送迎バス」を利用したので11時前に売り場に到着したからかもしれないけれど…。

 お目当てはゲットできなかったけれど、折角なので函館『プティ・メルヴィーユ』のかぼちゃのプリンとタルトフロマージュ、旭川『だいきん』の虎豆をお買い上げ。帯広名物『クランベリー』のスィートポテトはあまりの行列ぶりにパス。北海道展は、どこのデパートでも大人気のようなので、田舎だろうと平日だろうと朝一番で駆けつけないとダメみたい。次回こそは!

5月18日
 関空でSARS患者とニアミスしてたかもしれません。
日本に旅行していた台湾からの観光客が、帰国後SARS感染者として隔離されたのだとか。彼が入国したのは5/8。私たちが帰国したのと同じ日なのです。彼は、日本到着後に発熱したのだけど、風邪薬を飲んで熱を下げてまで観光していたみたい。しかも、大阪の遊園地に京都に淡路島とかなり広範囲に…。

 もっと驚いたのは、彼が台湾の病院に勤務している医師だということ。こういう時期に体調が悪くなったのなら、速やかに病院で診察受けるべきじゃないかと思うのだけど。本人は「日本人との接触がなかった」とかコメントしているようなのだけど、信じられない。医者としてのモラルというものはないの?と聞きたくなります。もっというなら、今の様な状態で、病院関係者が事前のチェックもせずに旅行をしようと思うその神経が信じられない。これがきっかけでSARSが日本国内にまで広がらないといいのだけど…。

 帰国して10日。旦那も私も体調に問題はありません。そろそろ実家に顔を出しても平気かな? でも、このことを母に話したら、きっと「まだ来ないで」と言われるんだろうなぁ。

5月17日
 テニスをしたら、手にマメが出来て潰れてしまいました。
しかも、右手の薬指と小指の間。どーしてこんなところに出来たのかはかなり疑問。おそらく、ラケットの振り方が良くないのだと思われます。

 皮はめくれてはいないのだけど、指を動かすと痛い。何だか皮膚がズレて変な感触もあるし。こんなことは何年ぶりかしら? 

 気温も高めで蒸し蒸しした日だったのですが、テニスコートで長さ20センチ位の巨大なムカデを目撃してしまい、一瞬で体感温度がマイナスにまで下がってしまいました。こんな時、つくづく田舎暮らしが嫌になります。

5月16日
 郵便でうれしいものとイヤーなものとが一緒に届きました。
うれしいものは、ネットのお友達がプレゼントしてくれた手作りのオリーブ石鹸と郵貯のふるさと小包の申込書。石鹸は保湿効果ばっちりみたい。鉄板で焼かれているかのように暑かったテキサスに旅行してから、カサカサになっているお肌に効果ありそうで使うのが楽しみ♪ ふるさと小包は、半年ごとのお楽しみ。これまた色々美味しそうなものの中から選べるのでうれしい。今回は鴨肉セットにすることに。

 そして、届かなくてもいいイヤーなもの。それは、自動車税の納付書。毎年GWが終わってブルーになっている頃に届くやつ。年々車の価値は下がっているはずなのに、税金の支払額は同じなのが気に入らない。重量税だから仕方ないのだけど、車=財産という気がするので、財産税(?)として換算してくれればいいのに。そしたら、持ち家にかかる固定資産税のように毎年減額されるはずなのになぁ。全く、税金のシステムって良く出来てると思うのはこんな時。1円でも多く搾り取るように考えられてるんだもん。

5月15日
 お風呂の掃除に夢中になっていたら、お鍋を焦がしちゃいました。
お昼ご飯にお味噌汁を温めようと思って、火にかけたままスッカリと忘れてしまったのです。必死になってあちこちをゴシゴシと磨いている時にどこからともなく香ばしい匂いが…。「あっ」と気付いた時には既に手遅れ。お味噌汁の水分はなくなり、具の豆腐と大根が炭化して鍋に張り付いてました。その後、今度はお鍋を磨く羽目に。(--;

 夜、そのことを旦那に報告したら、「危ないで、火事になるで」と言われてしまいました。これからは気をつけなきゃ。でも、こんな失敗は初めて。料理をしている時に、ついうっかりと魚や肉を焦がしてしまうことはあっても、お鍋を火にかけたまま忘れてしまうことはなかったのにな。最近、物忘れがひどくなってるかも。でも、『何かを磨く』という行為は他の事を忘れて没頭してしまいがちだと思うのです。ランナーズハイみたいに…。

5月14日
 旅行から帰ってきてから、あまり体調が良くありません。
毎回、旅行後は夢から覚めたみたいな感じで、腑抜けになっちゃうのだけど…。

 特に、今日はちとショックはこともあってヘロヘロ。旦那は「あらら」という感じだけど、私にはかなり堪えました。ショックのあまり、夕食はスパゲティなのにご飯まで炊いてしまう始末。うーん。

5月13日
 TVガイドを買いにコンビニへ。
日差しが強くなっているので、帽子に日焼け止めクリーム&手袋と防御を固めての出発です。道を歩いていると、見かける人はみんな日傘を差していました。私も日傘を出さなきゃ!

 コンビニからの帰り道、近くのホテルの前でカメラおやじを発見。この人は、最初は歩道脇の花や噴水を撮っていたのです。でも、その後は何か変な所にレンズが向いているような? 彼がレンズを向けていたのは、ホテルのティールーム。外からだとガラスが光を反射して、ほとんど内部は見えないように思うのだけど…?!

 彼のそばをゆっくりと通り過ぎながら、ふと、「午後のホテルのティールームで誰かの浮気の証拠写真でも撮っているのかしらん」なんて思ってしまいました。家を出る前にポストに『ナントカカントカ探偵事務所、浮気、素行調査など引き受けます』との広告を見ていたので、つい…。その探偵事務所では、1日探偵教室なるものもあるみたいなのです。どんなことをするのかなぁとちょっと気になってしまいました。

5月12日
 旦那のジャケットをクリーニングに出しました。
我が家では、あまりクリーニングを利用しません。旦那は大抵ジーンズで出勤しているし、毛布からチノパンまで、洗濯機で洗えるものはほとんど家で洗ってしまいます。ドライクリーニングの溶剤の匂いがあまり好きではないのです。

 なので、クリーニング屋のおじさんは、行くたびに「滅多に来ないねぇ」と言います。そして、「○×さんか、ここの裏の○×さん?」と毎回同じことを聞くのです。近所に同じ苗字が3軒あるみたいなので…。毎回違うと言ってるのに、全然覚えてもらえません。(^^;

 このおじさんは、おっとりとしていて見るからに人の良さそうな感じなのですが、1つだけ嫌なことがあるのです。それは、伝票を端末から取る時に指をなめること。お釣りを渡す時にも。これがちと気に入らない! クリーニング済みの服を袋に入れてくれる時にもなめてるし…。小さなプラスチックの容器に入ったスポンジ(スーパーのレジなどに置いてあるやつ)をプレゼントしたくなります。

5月11日
 TVで『Xメン』を見ました。
旅行中にホノルルのホテルでも同じ映画が放送されていたのです。日本とアメリカで、ホンの3日違いで同じ映画を放送されるなんて、何か変な感じ。でも、最近は、映画館でも日米同時公開されることもあるんですよね。ホノルルではチラッとしか見ていなかったので、以前に見ていたのにもかかわらず、また見てしまいました。

 この映画は、超能力者が登場する映画。見終わった後、旦那に「ねぇ、どんな超能力があるとうれしい?」と聞いてみました。予知能力、瞬間移動、不老不死など色々あるけれど、私は「世界中のどんな言葉でも話せる力」があるといいなぁと。

 熱帯魚の世話に夢中で生返事をしていた旦那は、「それやったら超能力じゃなくても、ソロモン王の指輪でいいんとちゃう」と。確かにそうかも。ソロモン王の指輪が本当にあるとどんなにいいことか。でも、旦那には向かないかも。すぐに無くしてしまいそうだからね。

5月10日
 食材の買出しのために、朝一でお買い物。
冷蔵庫の中はすっからかんだったのです。ホントに何も入っていないガラガラの冷蔵庫。コーヒー豆と調味料と牛乳だけでした。

 指輪をなくしてしまった旦那に、以前から気になっていたお店でケーキを買ってもらいました。勿論、旦那のおこずかいで。デパ地下の隅っこの小さなお店なのだけど、やたらとフルーツをふんだんに使っているケーキなのです。旅行中の過食も気になっていたので、2つだけにしようとしたら、3つ買ってくれました。どうやら、気がとがめているみたい。ケーキじゃなくて、もっと高いものを買ってもらえば良かったかも。

 旦那が指輪をはめなくなったので(というか、はめることが出来なくなったのだけど…(--#)、私もはめるのをやめました。ぶつぶつと愚痴っていたら、「指輪なんて形だけや。そんなもんはなくても問題なし」と。でも、そんなことを言っても説得力はまるでなし。だって、何か新しいことを始める時は、いつも『形』から入る人だもん!

5月9日
 朝一番で母から電話がかかってきました。
そして、「どうして、昨日電話しなかったのよ」と怒られちゃいました。無事に帰ってくるかどうか、かなり心配していたみたい。(^^;

 やっぱり親って有難いなぁ…と感動していたのに、次のひと言でガッカリ。だって「帰ってきてるんやったらいいわ。でも、しばらくはこっち(実家)に顔出さなくていいからね。SARSの潜伏期間は10日くらいやから、ま、今月末にでもおいで」と。

 それを聞いて、何だかなぁという気分に。私が、「関空到着が北京からの飛行機と同時だったのよん」と報告すると、「うわー、もう、絶対に来んといてね。こっちは年寄りが2人もいるんやから」とまで。ま、一応、「そっちは2人とも大丈夫? 病院行ってみたら?」と聞いてくれたから許すけどさ。

 帰国早々にものすごくショックなことが…。旦那結婚指輪をなくしてしまったのです。あぁぁぁ…(T-T) 私たちの結婚指輪は、メビウスの輪のように1回ねじりのあるデザイン。その名もエタニティ・リング。エタニティのはずなのに、どーしてたった7年でなくしてしまうのかしら? 全然エタニティじゃないよォォ。(T0T)

 さすがの旦那も焦ったようで、あちこち探していました。でも、見つからず。「奥さんに怒られるわ」と言ってるのだけど、私は怒る気力もなし。ただただ悲しい。悲しくて寂しいのです。くすん。

5月8日
 帰りの飛行機もビジネスクラス。
オレンジページや日本語の新聞を読みながらゆったりと過ごすつもりでした。でも、通路を挟んだ席に座った女性でちょっと不愉快な思いを。この女性、荷物の量が多いわけでもないのに、ラウンジからずっと職員に荷物を運ばせていたのです。ネッツトヨ○に勤めているらしい40代とおぼしき女性なのですが、この人、1時間おきに乗務員を席まで呼びつけてあれこれ注文をつけてました。オマケに機内用の新聞や雑誌を読みながらビリビリ破いたり、みんなが映画を見ているのに窓を開けたまま書類を広げて仕事していたり…。

 機内で仕事をするのはいけないことじゃないけれど、これみがよしに会社名の入った書類を広げるのはどうかと。いかにも「見て見て、私は仕事が出来る女なの。1人でビジネスクラスにも乗るし、乗務員にもあれこれ言えるのよ」と全身でアピールしているみたいで嫌な感じ。実際、仕事は出来るのかもしれないけれど、上司にはしたくないタイプかも。関空の直前で、彼女はどこかのレストランから持ってきたらしいドギーバッグをゴミとして席に置いてました。(--;

 ショックなことに、関空到着が北京からの飛行機と同時だったのです。空港職員の人が「北京からの方は、体温測定をお願いします」と呼びかけているのに、みなさん素通りしてました。中国語の書かれたお土産袋を提げているのになぁ…。旅の最後にちょっと嫌な出来事が重なりました。

5月7日
 朝から雨…というか、スコールでしょうか?
チェックアウトしようと部屋を出たら、ザァザァとすごい勢いで降ってます。これから朝ごはんのためにエッグスン・シングスに行くのに…とちとブルー。傘なんて持ってきてないし、あのお店は駐車場がネックなので。でも、幸いなことに、お店につく頃には雨もほとんどやんでいました。シアトルでは、雨でもほとんどの人が傘を差していなかったけれど、ホノルルでは傘を差している人を割りと見かけました。日系人が多いからかしら?

 待つことを覚悟していたエッグスン・シングスだけど、ラッキーなことにすぐに席につけました。ここのパンケーキはやっぱり美味しい! お腹一杯食べた後に、パンケーキミックスもしっかり買い込みました。これで、帰国後も家で美味しいパンケーキが食べられます♪

5月6日
 朝4時に起きて、5時にはチェックアウト。
さすがに眠い! 空港でアクシデントがありました。スーツケースが重量オーバーだと言われたのです。何度も旅行しているけれど、こんなことは初めて。そのままだと$80の超過料金を取ると言われて大慌て。早朝で人気もなかったので、恥ずかしかったけれどその場で荷物の詰め替えをしてしまいました。スーツケースは1つだけれど、別にダンボールが1箱あったのです。箱の方は余裕があったので、本などを移すことに。女性職員はとても親切で、テープを切るのを手伝ってくれました。眠かったけれど早めに空港に行っていて、ホントに良かった。早朝のフライトであまり人がいなくてこれまた良かった。でも、こんなことは2度としたくありません。(--;

 ホノルルに到着後は、またまたショッピングを楽しむつもりでした。でも、フェニックス→ロス→ホノルルの長旅と昨日からの頭痛のせいで、買い物パワーはあまり出てきません。お気に入りのキプリングをたくさん扱っているお店もぐんと品数が減っていたし、お目当てのクッキーも『今は品切れ』と言われるし。何だか調子が出ません。そろそろ疲れも出てきたみたい…と早めにホテルに引き上げました。

 お腹も空かず、レストランに行く気力もなし。ということで、スパムむすびとパイナップルを買って部屋でビールディナー。実は、私、これがスパムデビューだったのです。旦那に「不味いでぇ」と言われて食べずにいたのですが、食べてみるとなかなか美味しい。ビールとの相性もなかなか。スパムの缶詰を買って帰ろうかなと思うくらい気に入っちゃいました。

5月5日
 本日はお買い物ディ♪
泊まったモーテルの隣は巨大なショッピングモールなのです。ルイ・ヴィトンなども入っている高級なモール。私のお気に入りのお店もいっぱいあるので、日本でチェックしていた時から「よーし、あれこれ買うぞ!」と張り切っていました。なのに、こんな時に限って体調が良くないのです。朝から頭が重いなぁ…と思っていたら、お昼前からズキンズキンと痛んできました。薬を飲んでもなかなか効かず、ランチの頃にはテーブルに突っ伏してしまう始末。あぁ、よりにもよってこんな日に…。

 薬を飲む間隔が狭いなぁと思いながらも、食後にまたまた服用。その後もしばらく休んでいたら、ようやく歩ける状態になりました。旦那に「買い物やめるか?」と言われてもやめられる訳がありません。鈍痛は残っていたけれど、何とかショッピング開始! リストアップしていたものだけでなく、予定外のものも買ってしまいました。ちょうど母の日のセールをしていたのでつい…。だけど、お目当てのものを買うと、もう、それ以上ショッピングを続ける気力はありませんでした。その時点で3時過ぎだというのにモーテルへ戻ることに。こんな日に頭痛になってしまった自分が不甲斐ない!

 部屋で休んだ後は夕食タイム。旅の始めに知り合った人とディナーの約束をしていたのです。相手も夫婦だと思っていたのに、実は単なる(?)カップル。部屋まで迎えに来てくれたのは女性だけでした。彼女は小学校の先生。7歳の子供達を35人も受け持っているのだそう。子供が苦手な私は、それを聞くだけで疲れてきそうでした。彼女曰く、「可愛いと思う日もあるけれど、最悪の日もある」と。どうやらこの日は最悪の日だったようで、ちょっぴりお疲れ気味でした。

 美味しい中華のレストランでボリュームたっぷりの食事を楽しんだ後、彼女のお部屋へ。生まれて2週間の子猫がいるというので見たくなったのです。キットカットという名の子猫ちゃんは小さくてフワフワでとってもキュートでした。

5月4日
 朝、寒いと思ったら、8℃しかありませんでした。
昼間は鉄板で焼かれているように暑いのに、朝晩はかなり冷えます。タバコを吸うたびに部屋の外に出ていた旦那は凍えていました。(^-^;

 国立公園めぐりの日程は、昨日で終了。今日はメテオ・クレーターです。これまた大昔、五万年前に降ってきた隕石跡。直径1300M、深さ170M。レンジャー引率のリムトレイルと展望台からの眺めを楽しみました。標高が高い場所なので、かなり風が強いのです。レンジャーによると「今日は穏やか」とのことなのですが、時々体が飛ばされそうなくらい。そして、残念ながら下に下りることは出来ないのです。上から眺めているだけではちと物足りない。是非、自分の足で衝突跡の地面を踏みしめて見たかったなぁ。因みに、ここのギフトショップはお値段が全体に高めでした。

 物足りない思いのまま、フェニックスへ移動。大好きなサボテンとの再開です。フェニックスの手前、10Kmの山を越えた途端にサワロサボテンが出現。それまではグーグー寝ていた私ですが、飛び起きてずっと車の窓に張り付いてました。ホント、このサボテンはどれだけ見てても飽きません♪ 宿泊はスコッツデール。ここは、ホテルやショッピングモール、車のディーラーがずらりと立ち並ぶ一角。勿論、高級住宅街も。私たちは2泊の予定なのですが、1週間くらい滞在して、ゆっくりと買い物を楽しみたくなる場所でした。

5月3日
 昨日のショックから気を取り直して、本日は化石の森へ。
ここでは、無数の化石となった丸太がゴロゴロしているのです。二億五千年前にしみ込んだ水によって化学反応を起こした丸太。大自然のマジック。触れるとコンコンと硬い音がする木。どうみても作り物のようにしか見えませんでした。

 国立公園に入る時には、レンジャーステーションでマップを貰います。ここでは、マップに「絶対に化石を持ち帰らないこと。どんな小さな欠片でも絶対に!!」との注意書きのメモが挟まれていました。罰金の最高金額は$275。トレイル中、足元に山のように転がっている欠片を見て、持って帰りたくて持って帰りたくてうずうずしたけれど、必死に我慢しました。その代わりに、公園入り口のギフトショップで手のひらサイズの物を購入。保護区域外で採取されたものが売られているのです。ここにエアープランツを乗せてみるつもり。

 化石だけでなく、紫がかった何とも不思議な色合いの地層なども楽しめました。公園を後にする時、持ち物チェックを受けるかな?と思っていたのです。でも、レンジャーは電話でのおしゃべりに夢中。手で「行っていいよ」と合図され、そのまますんなりと出ることができました。ちょっと拍子抜けだったかも。これなら、欠片の1つや2つは…なんて、いけないことを考えてしまいました。(^^;

5月2日
 本日はサンタフェでブラブラするつもりでした。
でも、すぐ近くに世界遺産のタオス・プエブロがあると聞いて、ちょっと足を伸ばすことに。

 まず、タオスのビジターセンターで地図を貰い、ワクワクしながらプエブロへ…と思ったら、町の奥のプエブロに続く道の入り口でパトカーに追い返されてしまいました。訳が分からない旦那と私&私たちの前を走っていた老夫婦。パトカーは「来るな!」というジェスチャーだけで、何も説明してくれません。仕方なく、車から降りて聞きに行くと、「今日はお祭り。明日来い」とのこと。「それはないよーっ!!」と叫びたい私たち。だけど、どうしようもなくすごすごと引き返しました。また絶対に必ずリベンジすることを誓いながら…。

5月1日
 ロズウェルへ。
カールスバッドからは車で2時間。UFO博物館でXファイルの世界を堪能しました。その後、近くのアンティークショップとギフトショップへ。アンティークショップでは、何と30年前のクアーズを購入。カーボーイ姿のジョン・ウェインがポーズを決めているデザインの缶。

 その後、ホワイトサンズへ。サボテンの次に楽しみにしていたところ。あちこちで砂遊びをした後でギフトショップへ。そこでかなりいい出来のフクロウを見つけたのです。値段をチェックしたところ$40。ちょっとお高め。買うかどうか迷ったのですが、今まで見た中で1番かも…というくらいの出来なので、思い切って買うことに。でも、手書きの値札を見た店員のおばさんが、「これは$90よ」と言い出したのです。それを聞いて、私、口を開けたまま固まってしまいました。おばさんが慌てて他の人に確認すると、その店員さんは面倒くさそうに「$40」と言って立ち去ったのです。

 一応、$40で落ち着き、その値段で買うことが出来たのですが、おばさんは納得いかないようで、奥の倉庫から別の置物を出してきて見比べ始めたのです。それは、何と私の嫌いなニョロニョロ虫の置物。おばさんは私に裏も表もじっくりと見せてくれて、「ほら、これが$75。そっちは絶対に$40じゃないわよ」と。大嫌いな生き物のリアルな置物を見せられて、私はもう泣きたい気分。フクロウをラッキーな値段で買えたのかもしれないけれど、ニョロニョロ虫をドアップで見せられたことで、その分の代償を支払っているような気分でした。(T0T)

 最後に白い砂漠で夕日を堪能しました♪