嫁さん日記
<
[2003年4月]
>

4月30日
 カールスバッド国立公園へ。
到着する直前、ホワイトシティ手前でライトを忘れてたことに気付いてモーテルに引き返す羽目に…。

 まずはナチュラルエントランス探検。その後、地底でランチ。レストエリアはほの暗い照明で、何となくB級映画のセットみたいな感じ。歩いている時はそうでもないけれど、じっと座っていると寒くなってきました。

 次にビッグルームへ。ここへはエレベータで降りてこれるので人が多いです。ショートカットを超えるとマシになったけれど、それまではぞろぞろと連れ立って歩くような感じ。旦那は「洞窟探検してるみたいで楽しい」と言ってましたが、私はだんだんと飽きてきました。お腹も一杯になったので少し眠かったし。(^^;

 2時からキングスパレスツアーを予約していて、それまで少し時間があったので、エレベータで地上に戻って買い物と休憩。ベンチでついウトウトしてしまいました。ツアー開始のアナウンスで飛び起きて地下へ。レンジャーにチケットを渡す時に「寝ていたでしょ。ま、遠くから来たからね」と言われ恥ずかしかったです。「うわー、穴があったら入りたいよ」と旦那に言ったら、「もう、穴の中に入ってるで」と突っ込まれました。確かに鍾乳洞の中も穴と同じだけど…。

 途中、クィーンズチャンバーで電気を消してくれました。本当に完全に真っ暗闇。何も見えません。信じられないくらいの暗闇です。これは貴重な体験でした。ただ、レンジャーの話を聞いている間、石のベンチに座っていたので、お尻が冷えて寒くてたまりませんでした。

4月29日
 チェックアウト後、まずはマーファ・ミステリー・ライツへ。
不思議な光が目撃されている場所なのですが、光がなければ何にもない所かも。その後、一路グァデルーペへ。アルパインから3時間で到着。途中でタイムゾーンを横切って、実際の時間よりマイナス1時間。2日前に短くなった時間を1時間だけ取り戻しました。

 この国立公園では3つのトレイルをしました。ちょうど高山植物が花盛り。サボテンだけでなく、カラフルで小さく可愛い花があちこちに咲いていました。思わず写真を一杯とってしまいました。日本でよく見かける花も咲いていたのです。同じものなのか、単に似ているだけなのか…?

 その後、今度はカールスバッド国立公園へ移動。ビジターセンターでコウモリの飛翔の可能性を聞いてみたのですが、ほとんど無理と言われました。ガイドブックには5月下旬からと書いてあったのです。ビジターセンターでは、5月の中旬からと言われました。旦那は「気の早いコウモリを少しくらいなら見ることができるのでは?」と淡い期待を抱いていたみたいなのですがダメでした。でも、私はうれしいような悲しいような複雑な心境。コウモリの飛翔はかなり臭いと聞いていたのです。鳥の糞のような臭いを発するのだとか…。あまり乗り気ではなかったので、ショックはありませんでした。

 公園を後にして、予約していたモーテル6にチェックインしようとしたら、「お湯が出ないの。それでもよければ半額にするよ」と言われてしまったのです。いくら暑いニューメキシコとはいえ、水シャワーは辛いのでキャンセル。他のモーテルを探しまわる気力もなく、あっさりと隣のディズインへ。途中で「All new rooms」の看板を目にしていたのです。

4月28日
 ビッグベンドNPへ。
アルパインからマーファ経由でプレシディオへ。そこから群道170号線を使って、次はターリングァへ。この道はテキサスのツーリスト・インフォメーションセンターで勧められた道。リオグランデ川の断崖絶壁とジェットコースタみたいなアップダウンがなかなかでした。ターリングァのゴーストタウン(?)で土産物を購入。私は、1度でいいからゴーストタウンに行ってみたかったので、乗り気でない旦那に無理やり寄ってもらったのです。でも、このゴーストタウンはイマイチ。生活感があって、あまりゴーストタウンという感じがしないのです。これなら、途中で見かけたシャフターの方が良かったかも?!

 スタディバットの小さな町を通ってビッグベンドへ到着後、まずはビジターセンターへ。レンジャーに「短めのトレイルはどれ?」と質問すると、私を見て「How short?」と言われてしまいました。そりゃ確かに私はチビだけど、これは悲しい。おじさんはジョークのつもりだろうけど、真顔で言うんだもん。(T^T)

 いくつかのトレイルやビューポイントめぐりをして、最後にリオグランデ川のすぐ隣にあるホットスプリングスへ。川のすぐ側に源泉があって、5メートル四方くらいの石組みがしてあるのです。温度が高い水に繁殖する藻浮かんでいて、お世辞にもキレイとは言えません。藻だけでなく、バクテリアの影響で何となくアクアショップのような臭いもそこはかとなく漂っているし…。(^^; でも、源泉の周りだけは藻もなくキレイ。水は透明でした。すぐ横のリオグランデ川の水は薄茶色だったけれど。短パンを履いていたので、足先だけお湯に浸してみました。お湯は40度くらいでしょうか。思っていたよりも高温でした。歩き疲れていたので気持ちよかったです。川の向こう岸はメキシコ。歩いて簡単に渡れそうです。ドライブ中、あちこちでインスペクションがあったのも肯けました。

4月27日
 ツーソンからビッグベンドの手前のアルパインまで大移動。途中、小さな町(名前を忘れてしまった(^^;)とエルパソで給油したのと、テキサスのインフォメーションセンタへ寄った以外はノンストップ。合計539.9マイル、ひたすら車を走らせました。ま、旦那は大変だっただろうけど、私は半分くらい寝てました。ニューメキシコ→テキサスは何もない荒野が続いて景色に飽きてくるのです。核爆弾の実験をしたくなるのも分かるような気がしました。

 朝9時に出発して、夜の9時半頃に到着。私たちの時計では7時半だったのだけど、アリゾナと時差が2時間もあるのです。短い1日になってしまいました。

4月26日
 サワロ・イーストへ。
ビジターセンターで本などを買っている時に、フリーマン・ホームステッド・トレイルに誘われたのだけど、2時間もかかるということなので断り自分達で回ることにことに。1マイル位のトレイル。色々説明してくれるのだろうけど、暑いのでちょっときつそうだから…。カクタス・フォレストDr沿いに時計回りに写真を撮りながらドライブ。ウエストよりもイーストの方がサボテンが大きかったです。数は少なめかもしれないけれど。古いサボテンが多いので、どれも腕がにょきにょき伸びてました。

 いくつかのトレイルをした後、メインのフリーマン…へ。フリーマンのサワロは腕の数がすごく、250年くらいたっているみたいです。そこでレンジャー達のツアーに追いついてしまいました。なので、最後だけ仲間入り。レンジャーは本を広げながら、あれこれ詳しく説明していました。その本は、私が買ったのと同じ本。何かちょっとうれしかったりして♪

 その後、昼食のために近くのショッピングセンターへ。ついでにあれこれ買い物して、今度は夕日を見にウエストへ。だけど、到着したのが5時前。夕焼けには時間があるし、よくよく考えるとイーストで見る方がいいかも…と、再度イーストへ逆戻り。何だか無駄なことをしてしまいました。イーストのビジターセンター前で、昼間のレンジャー、エドにばったりと会ったのです。「どこに行くの?」と声をかけられ、「夕日のキレイな所はどこ?」と聞くと「これから行くからついて来い」とのこと。今回は素直について行きました。夕方は昼間の暑さが嘘みたいに涼しかったし…。

 このエド、聞くと64歳なのに、かなりの健脚なのです。慣れているせいもあるでしょうけど、石だらけの登り道を話しながらかなりのスピードで歩いていきます。私だけでなく他3名(旦那含む)もついていくのが必死なくらいでした。丘の上で日没を待ちながら30分くらいおしゃべり。同行したのは近くのフェニックスから来た夫婦。年齢当てクイズをした結果、私たち夫婦より年下であることが判明。彼らには、私たちが16歳と19歳のカップルに見えたのだそう。実年齢を言うとびっくりされました。ホント、日本人は若く見られます。

 日没直後にそそくさと撤収。やはり暗くなると危ないそうです。足元にある穴がタランチュラの巣穴だったりするので…。ガラガラ蛇もいるそうだし、日が暮れるとかなり危険かも。キャンプエリアもあるのだけど、その辺は大丈夫なのかな? 車に戻った時に同行したご夫婦が、フェニックスに戻ってきた時に食事に行きましょうと誘ってくれました。これは楽しみ♪ でも、前回のフロリダ旅行のでも、ボートツアーで一緒になった老夫婦の自宅に招待されたのですが、その時にも「あぁ、次の旅行までにはもっと英語を勉強しておかなきゃ」と思うのです。でも、帰国後しばらくするとすっかり忘れてしまいます。そのことを思い出してしまいました。旅先での思いがけない出会いはとてもうれしい。今回の約束は数日後。もうどうしようもないけれど、今度こそは、何とかしたいものです…。(--;

4月25日
 今回は、関空→ホノルル→ロサンジェルス→フェニックスと乗り継ぐのですが、待ち時間が長くてちと大変。だけど、荷物もちゃんと受け取れて一安心。「荷物が迷子になってたらどうしよう」とかなり心配していたので…。

 レンタカーを借りる時に、ちょっとしたハプニングがあったけれど、何とか事なきを得ました。今回は、フォードのマスタング。パワーのあるスポーツカーだけど、燃費が悪いのが玉に瑕。これは、旦那が乗りたかったので仕方なく…。

 ターゲットで水などを買い込んだら、第一の目的地であるサワロ国立公園へ。ガッツポーズをしたサボテンとのご対面です。私は、小さな頃からこのサボテンを見たくて見たくて仕方がなかったのです。70年以上経たないと腕が伸びてこないというサボテンは、想像以上に大きなものでした。大きなものは4階建てのビルに相当するのだとか。腕が伸びていない、ホンの子供のサボテンでも私よりずっと大きかったです。

 サワロ・ウェストのビジターセンターで、午後1時からのトレイルツアーに誘われました。でも、参加者はゼロ。3マイルも歩くのだから当然かも。レンジャーはしつこく3回くらいアナウンスをしていましたが、結局誰も参加してなかったようです。その後、短いトレイルや車でビューポイントを周り、本日の予定は終了。

4月24日
 関空までのリムジンは奈良交通の車両でした。
奈良交通と関空会社の2社が運営しているので、どちらのバスかで車両が違うのです。料金は同じだし乗ってしまえば分からないのだけど、あの独特のブルーの車両でなかったのが残念。お客は旦那と私の2人だけ。貸し切り状態でした。運転手さんによると、SARSの影響でお客さんがさっぱりなのだとか…。

 関空も閑散としていました。人気があまりなく、気のせいか照明も暗め。「照明を少し落としてるのかな?」と思うくらいなのです。いつもだとすごい行列が出来ていたUAのカウンターもガラガラ。心配していたマスクですが、関空ではしている人は見かけませんでした。セキュリティーも厳しくなっているようで、スーツケースの中身チェックは勿論、鍵も開けておくように言われました。スーツケースを開いて見せるのはいいのだけれど、中を手で触ってチェックする時に、触ったものはきちんと戻りにして欲しいものです。ぐしゃぐしゃにしてそのまま閉じようとするのはやめて欲しい!! でも、手荷物はノーチェック。ノーパソもいつも引っかかるフィルムケースも。何だか拍子抜けでした。

 出国審査のカウンターも職員が居るのは1つだけ。いつもだと順番が早そうなところを探すのに、今回はそんな必要はなし。だって、そこにいるのは私たち夫婦だけだったから…。空港のラウンジもガラガラ。ビールを飲みながらクラッカーをつまんでいたら、クラッカーをかじる音が響き渡るくらい。静か過ぎて落ち着かないくらいでした。

 飛行機がガラガラで、エコノミーでも横になれる位だったらどうしよう。折角ビジネスにアップグレードしたのに、そんなことだったら悔しい…と思っていたのですが、結構人がいたみたいです。

 ホノルル空港での入国時のチェックは、以前よりかなり厳しくなっていました。びっくりしたのは、旦那より私の方が細かく調べられたこと。靴も最初は「サイズが小さいからOK」と脱がなかったのに、金属探知機のゲートでひっかかり、その後、女性職員に胸の谷間まで触られながら、全身くまなくチェックされました。

4月23日
 明日は出発。
スーツケースのパッキングも完了。冷蔵庫の掃除もほぼ終了。月曜日からの献立は残り物の寄せ集めメニューでした。旅行中は食べ過ぎるので、胃腸の調整をするために量も少なめにして…。

 定期購読している雑誌も、無事本日届きました。旅行までに届くことを祈っていたのです。毎月、25日前後に届くので出発までに受け取れるかどうかは微妙でした。2週間もポストに入ったままだと曲がってしまうかもしれません。それは絶対に嫌だったのです。

 私の方は準備万端。だけど、旦那はバタバタしています。何故なら、大事な大事な熱帯魚くんが病気になってしまったから。テトラくん達が白点病にかかってしまったのです。気温が急に高くなるこの時期は危ないらしいのです。人間でいうと風邪のような病気みたい。水温を調整していたら予防できるようなのですが、旦那は去年の夏から熱帯魚を飼い始めたのでうっかりしていたみたい。エビもベビーラッシュ状態。楽しい旅行だけど、旦那は後ろ髪引かれる思いではないかしら?

4月22日
 今朝、旦那は『運転手付きの車』に乗って出勤しました。
何と家の前までお出迎えしてもらったのです。「行ってらっしゃい」と見送りながら、「旦那も偉くなったね」「ホンマや」という会話まで交わしてしまいました。

 でも、別に旦那が出世したのではありません。タクシーを予約していただけ。単に、朝早くの新幹線に間に合うバスがなかっただけなのです。6時に予約していたのですが、きっちり5分前にインターホンがなりました。普段はジーンズ&ディパックで出勤している旦那だけど、今日はスーツにネクタイ&ビジネスバッグというスタイルで出勤してました。出張の時だけ会社員らしくなる旦那なのです。

 本日のお土産は草加せんべい。箱入りのではなく、江戸紫の袋に入って麻紐で縛ってあるのを買ってきてくれました。最近、箱入りのが多いように思うけれど、あれはあまりピンときません。このパッケージのがなかなか見つからず、あちこち探し回ってくれたのだとか。私は「草加せんべいならどこでも買えるよね」と思って頼んだのにな。

 厚めでしっかりとした固さのおせんべいは美味しい♪ 昔懐かしい味です。夜ご飯を食べた後なのに、大き目のおせんべいをバリバリと2枚も食べてしまいました。でも、旅行までには全部は食べ切れません。封を開けちゃって湿気ちゃうので、旅行にも持って行かなきゃ。アメリカの空の下で豪快にバリバリとおせんべいをかじるのもいいかな?

4月21日
 銀行へお出かけ。
我が家のメインバンクは、徒歩圏内ではないとあるビルにあります。月曜日にはそこまでの無料送迎バスが出ているのです。バスと電車を利用すると往復で千円もかかってしまうので、これを利用しない手はありません。

 ただ、このバスには1つだけ難点があります。それは、おば様達のおしゃべりがうるさいこと。いつ乗っても、バスの中におば様達の元気一杯の声が響いているのです。うるさいなぁ…と思いつつも、ついつい話を聞いてしまったりも。(^^ゞ

 おば様達の話題は大抵同じ。孫の自慢に嫁の悪口に旅行や習い事のこと。今日、私の後ろの席に座った2人組みは、自分の死後の服のことについて話しておりました。何でも、知り合いが亡くなった時に、4人のお嫁さん達がその知り合いの服を全部まとめてゴミとして処分してしまったことがショックだったみたい。「4人もいるのに誰も貰ってくれへんかってんて。全部でゴミ袋24個分もあったのに、お葬式の次の日に全部捨ててしまったらしいよ。それを聞いた時、私はなんか寂しくなってねぇ」と見知らぬお嫁さん達のことを愚痴ってました。

 それを聞いていた私は、「じゃ、一体どうして欲しかったのだろう」と不思議に思いました。大体、亡くなった義母の服なんて全部取っておける訳がありません。しかもゴミ袋24個分も。私も義母の服を貰ってね…と言われると困っちゃいます。趣味もサイズも違うしね。リサイクルショップに売っちゃうしかないかも。フリース素材の服ならクイックルワイパーとして、綿素材なら雑巾として使うかもしれないけれど…。「ゴミとして捨てるのと、雑巾として再利用するのと、どっちがいいですか?」と後ろの2人組みに聞いてみたくて仕方ありませんでした。

4月20日
 生まれて初めてもんじゃ焼きなるものを食べました。
スーパーでもんじゃ焼きミックスなるものを買ってきて作ったのです。旦那も私もお店でもんじゃ焼きを食べたことはありません。TVなどで見たことはあるけれど、実物にお目にかかったことはないのです。ゲ○に似ているということだけは知っているのだけれど…。(^^;

 袋の裏のカラー写真付きの説明書をじーっくりと見ながら作りました。食べる直前になって、もんじゃ焼きを食べる時に使うらしい小さなコテ(というかヘラ?)がないことに気付いたのです。たこ焼き用の千枚通しは持っているのだけど。でも、ホットプレートなのでコテは使えないし、フライ返しを使って食べました。

 初めて食べたもんじゃ焼きは、予想していたより美味しかったです。確かに見かけはあまり良くないけれど。ホントにゲ○っぽい出来上がり。お好み焼きに比べると1人分の分量が少な目かな?という感じも。今度ちゃんとしたお店で食べてみたくなりました。

4月19日
 マスクにカメラの電池など、旅行のために必要なものを買いに出掛けました。
熱帯魚関係でも買いたいものがあるというのでアクアショップへも。でも、旦那のお目当てのものは、そのお店では扱っていなかったみたい。

 どうしても必要なものだったらしく、取り寄せてもらうことに。入荷したら連絡してくれることになったそうなのだけど、店員さんに「家に電話しても大丈夫ですか。奥さんは友好的ですか?」と確認されたみたい。

 どうやら、やたらと家に電話をすると、夫婦喧嘩の原因になるのだとか。「うちの主人は何を買ったのですか?」と電話口で食ってかかる人もいるそうなのです。店員さんも大変だわねぇ…。

 旦那のアクア仲間にも、買い込んだものを家に持って帰らずに車に隠している人もいるそうです。あと、子供と一緒にアクアショップに行くのも危険なのだとか。奥さんには「これは500円で買った」と嘘をついても、子供が「あれは本当は5000円だったんだよ」などとばらしてしまうそう。大変なのは店員さんだけではないみたい。でも、電気代と水道代が大幅にアップするから、アクアリストの奥さんも大変なのよね。我が家でも、今年の冬の電気代はすごかったです。水道代も…。(--#

4月18日
 今月に入ってすぐに「引越しするつもりで大掃除する!」と決心したのに、その後腰痛になって挫折していました。
でも、腰の調子が良くなってきたので、今日は張り切って床磨きをしました。お天気も良かったのでやる気が出てきたのです。

 CDを聞きながら鼻歌交じりで床磨きをしていると、腰がだるくなってきました。1階部分を全部するつもりだったけれど、キッチンと洗面所と廊下までで限界。掃除するロボットよりも、床磨きをしてくれるロボットを開発して欲しいなぁ…。絶対に掃除機かけよりも、床磨きの方が大変だと思うので。

 帰宅した旦那は、玄関にスリッパがなくてびっくりしてました。掃除の時に邪魔だったのでよけていたのです。元に戻すのをすっかり忘れてました。ご飯を食べながら、「床磨きしたら腰がだるくなったよ」というと「アホ。だから信用できへんって言うんや」と怒られてしまいました。「旅行行く気ないんか」とも。「掃除なんかいつでもいいんやから」と。

 リキ入れて掃除しても怒られるのは気に入らなかったして。でも、キレイになったことに気付かないけれど、反対に掃除をサボっていても汚れていることにも気付かないので、その点ではいいかも。

4月17日
 関空へのリムジンバスの予約をしました。
今住んでいる家は、田舎だし、周りは坂道だらけだし、大嫌いな虫もいっぱいいるし…とあんまり好きじゃありません。でも、家の近くからリムジンバスに乗れるのだけはうれしい!

 海外旅行へいく時は、まず、旦那が私とスーツケースをバス乗り場まで車で運びます。そして、私が荷物番をしている間に、旦那は家にUターンして車を置いてから歩いてくるのです。帰りはその逆。バス停までは車で5分弱。ホントにこれだけは便利です。以前は、リムジンバスに乗るまでにバス&電車の乗換えがあって大変だったので…。

 バスを予約する時に嫌な思いをすることがあります。電話番のおばさんがものすごく無愛想なのです。でも、今回は違いました。対応してくれたのは若い女性。名前と電話番号を確認され、電話先では端末に入力しているらしいキーボードの音まで聞こえてきます。こんなこと初めて。新入社員だったのかしら? 何にしろ、気持ちよく対応してくれてよかった〜。ムカムカしながら電話を切ると気分が悪いもの。

4月16日
 TVガイドを買いにミニストップへ。
家の近くには別のコンビニがあるのだけど、『女峰苺ソフト』が食べたくてテクテクとわざわざ歩いて行ったのです。なーのーに、お目当ての『女峰苺ソフト』は『夕張メロンソフト』に変身していました。期間限定商品だということは分かっていたけれど、まだまだ苺のシーズンだと安心していたのです。甘かった…。(T-T)

 苺がどうしても食べたかったので、スーパーで苺を買って、苺いっぱいのミルクレープを作りました。ピューレした苺を加えた生クリームとスライスした苺をたっぷりサンドしたミルクレープ。普通に平たくするのではなく、かまくらのようにドーム状にサンドしてみました。切り口は、真っ赤な苺と薄いピンク色のクリームが層になっていてとてもキレイ。苺の甘酸っぱい匂いも広がって、我ながらなかなかいい出来と思ってしまいました♪

 夜ご飯は、マレーシア風チキンライスとスープ。チキンのモモ肉をことこと煮て作ったスープで炊いたチキンライス。スープもお肉もぜーんぶ美味しく頂きました。特にスープは絶品で、旦那はひと口飲んで「これは美味い!」とほめてくれました。いつも「美味しい?」「どう?」と聞かないと何も言ってくれないので、こういう反応はすごくうれしい♪

 デザートは、勿論、苺のミルクレープ。生クリームが嫌いな旦那にも無理やり食べさせちゃいました。ほんの少しだけ…。こちらは「キレイなケーキやけど、もう俺はいらんで」と言われてしまいました。料理やお菓子作りが上手くいくとホントにうれしい! ただ、たった1つの難点は、長い間立ちっぱなしなので、足がむくむ&腰がだるくなることです。

4月15日
 庭にチューリップが咲いているのを発見。
プランターと花壇に残っていた球根が見事に花を咲かせたのです。この球根、去年はナメクジの被害にあって花が咲かなかったのです。それが今年は咲くなんて…。よく見ると木蓮の花も咲いています。でも、肥料をあげていないせいか、チューリップの花よりもずっとずっと小さなサイズの花。去年はもう少し大きかったような? あまりにも小さいと違う花みたいです。(^^;

 パートで忙しかったり、腰痛で寝込んでいたこともあるけれど、庭があっても自分の持ち家でないとガーデニングにやる気が出てきません。「あまりいじらないで下さいね」と入居の時にも言われているしね。虫の被害もすごくて、どれだけ薬を撒いても追いつかないのもあるけれど…。私は、今、玄関先に置いたプランターでスミレと苔を育てています。勝手口のそばに咲いていたスミレをプランターに植え替えたら、ぐんぐん大きくなってくれたのです。そして、スミレと一緒に気づかずに植えていた苔までキレイに育っています。ホントにフカフカでキレイな苔。スプラウトみたいな芽(?)まで顔を出しています。そのうち苔球でも作ろうかなぁと思ったりもして…。

4月14日
 入浴時、膝に大きな青あざを発見しました。
記憶はないけれど、多分、掃除機をかけている時にどこかにぶつけたのだと思われます。あざの大きさ、色合いからしてかなり強くぶつけたみたいなのに、全く痛みを感じませんでした。(--;

 ミスドのクラシックランタンをゲットしました。ここしばらく、日曜日のお昼と月曜日の朝ごはんはドーナツだったのです。今回はくじ運が悪くて、1枚のスクラッチカードでゲットした点数が1点や2点ばかり。10点までは長い道のりでした。スイッチを入れるとトゥイティーが浮かび上がってとってもキュート♪ 次回の『しあわせガーデニング』も楽しみです。すっかりミスドの戦略にはまってしまってます。

4月13日
 半年ぶりにテニスをしました。
腰痛がぶり返していて調子はあまり良くなかったけれど、体を動かしたくて仕方なかったのです。ここしばらくは家の中に閉じこもり気味だったし…。

 旦那の後輩とその友達2名と旦那と私というメンバー。彼らとは何度か一緒にテニスをしているのです。多分、今日が3回目。なのに、私は後輩くん以外は、顔は覚えているけれど名前は全然。「お名前は何でしたっけ?」という間抜けな質問をしてしまいました。向こうはちゃんと覚えててくれたみたいなのに申し訳ない感じ。でも、半年ぶりなのにあれこれおしゃべりできて楽しかったです。専業主婦だと、旦那としか話をしない日もあったりするので…。

 旦那の後輩くんは、テニスがすごく上手なのです。球出しをしてもらったりと色々教えてもらった後に、「私、テニスを始めた頃より多少は上達した?」と聞いてみました。すると、「したんじゃないですか。ラケットにボールが当たってるから」との答えが。まぁね、以前はよく空振りしていたからねぇ。

 夕方になって日が翳ってくると、急に寒くなって震えながらテニスをしていたけれど、久しぶりに光合成ができたかも。

4月12日
 数日前から口元に出来た巨大なニキビに悩まされていました。
このニキビ大きいだけでなく、高さも半端じゃなくて、顔からポッコンと飛び出しているように見えたのです。

 最初は薄い黄色だった膿も、日ごとに黒味を帯びてきて嫌な感じ。当然、洗顔やお肌のお手入れの時は痛くて仕方ありません。でも、下手につぶすと痕が残っちゃいそうだし…と思い、必死に潰さないように努力していました。

 そのにっくきニキビが、本日ようやく入浴時にポロッと取れてくれました。うれしくて、妙な突起物のなくなったお肌を、何度も何度もさすってしまいました。

 中学生の時でもこんな巨大なニキビに悩まされたことはないかも。原因は、先週末にケーキを4つも一気食べしたことだと思われます。

4月11日
 NOVAの新しいCM。
ノバウサギがフリーキックをしようと瞬間に「ウッ」と呟き固まってしまうあれ。『講師』と『腰』を引っ掛けていると思うのですが、私にはあれは笑えないものがあります。

 腰痛持ち&ぎっくり腰経験者の私。サッカーの試合中、注目を浴びながらフリーキックを決めようとした瞬間にぎっくり腰になるなんて悲しすぎる…。幸い、私は家の中でしかぎっくり腰になっていません。これからも人前で突然そうならないことを祈ってしまいます。

 旅行まであと2週間足らず。「腰の具合も良くなってきて、もう大丈夫」と安心していたら、夕方からまた調子が良くありません。おばあさんみたいに腰が曲がっているのです。明後日にはテニスもしようと思ってるのに。重いものも持ってないし、家事以外はのんびり過ごしているのに何故? 最近、週末以外はほとんど出掛けていないので、旦那に『引きこもり』と言われています。(T-T)

4月10日
 久しぶりにベーグルパンを焼きました。
旦那も私もベーグルが大好き。でも、ベーグルだったら何でもいいと言うわけではありません。手に取るとずっしりと重くて、食べるとモチモチッと弾力がないとダメなのです。日本のパン屋さんのベーグルは、ずっしり&モチモチ感がちょっと物足りない場合が多くてパス。アメリカ直輸入のお店とかのが好き。だけど、家の近くでは買えないし、通販で買うと送料が高くつくので、これまたそうちょくちょく買えません。

 あれこれ色んなレシピで作ってみるのだけど、どうしても満足のいく食感がだせないのです。パン屋さんで売っているちょっと物足りない食感のベーグルしか出来上がりません。

 今日はベーグルミックス粉を買ってきて、それで作ってみました。ミックス粉にイースト、三温糖、水を加えるのですが、少しでもモチモチ感を出すためにオリーブオイルも加えました。作る手順はいつもと同じ。でも、今回は茹でる時にお湯にいつもの3倍以上の砂糖を加えました。ミックス粉の袋にそう書いてあったのです。

 ドキドキしながら焼きあがったパンを触ってみると、何だかいつもよりいい感じ。理想のベーグル程ではないけれど、今までの出来損ないに比べると格段にずっしり&モチモチしています。明日の朝食用に焼いたのに、夜ご飯の後のコーヒーと共に旦那にも食べてもらいました。そして、初めて「あっ、美味しい。この食感はいいやん」と言ってもらえました〜♪

 今回の成功の理由、ミックス粉が良かったのか、茹でる時の砂糖の量が良かったのか…。どちらなのかは疑問です。でも、同じミックス粉を買い込んでこなきゃ。お店で買う半額で作れちゃうんだもん。

4月9日
 母と弟と私の3人でランチ。
「くるみの木」という、奈良県では割と有名なお店へ出掛けました。このお店は車でないと不便なところにあるし、土日はものすごく混雑しているのでなかなか行く機会がなかったのです。

 12時5分過ぎに到着すると、既に待っている人がいました。名前を言って待つこと15分くらい、ようやくテーブルが空きました。旦那と同じく、待つことが嫌いな弟はこの時点でイライラ

 そして、ご機嫌斜めになりつつある弟は、メニューを見て「うわっ、最悪」と呟きました。このお店は、『季節の野菜をふんだんに使った、体にやさしい週替わりのおばんさいと混ぜご飯 』が売りのお店。だけど、テーブルに並べられたヘルシー料理を見ても、「あーぁ、精進料理みたい。人気のお店って言うから楽しみにしてたのに騙された」と恨みがましい目で私を見る始末。母と私は美味しく頂いたのですけど…。

 もう1つ、『ハーブをあしらい、旬の野菜をふんだんに使ったヘルシーなランチ』が食べられる姉妹店もあるのです。そちらも人気でいつもすごく混雑しています。「今度はそっちに行こうね」と言ったのだけど、「いやじゃ〜、旦那と行って来い」と冷たく言われてしまいました。(^^;;; 男性には受けないお店のようです。お客さんも女性ばっかりだったしね。旦那に報告すると、「良かったわ、弟くんが行ってくれて。俺も嫌やわ」と呟いてました。別のお店に行くことが出来る日は遠そうです。(T-T)

4月8日
 私のお気に入りのクリスタルの花瓶に旦那がヒビを入れてしまいました。
『侘び草』という、ADA(熱帯魚用品の有名ブランド)が売り出している苔玉のために特別に貸し出していたのです。でも、少し大き過ぎたために、その花瓶に入れていたのは1日だけ。すぐに別の小さめの花瓶に移してました。

 「きちんと洗っておいてね」とお願いしていたので、今晩、旦那が帰宅後に洗ってくれたのです。そしたら、洗面所の蛇口にぶつけて端の部分に小さなヒビが入ってしまいました。お気に入りだったのに…。ものすごく高かったのにぃ…。あぅぅぅぅ…。(T^T)

 旦那も気がとがめたのか、「新しい花瓶を買ってもいいよ」と言ってくれました。熱帯魚がからむと弱気になる旦那なのです。(^O^) 花瓶をよーくチェックすると、確かにヒビは入っているけれど、使えないことはありません。しかもその花瓶はかなり大きなものなので、最近はあまり使ってなかったのです。何しろサイズ的に大量の花が必要なので…。

 ということで、ボダムのコーヒーメーカーを買ってもらうことにしました♪ ずっと前にコーヒーメーカーが壊れていたのですが、旦那と私の好みが違うために買っていなかったのです。私のお気に入りは、ボダム・サントスコーヒーメーカーのクリアタイプ。デザインに一目惚れしていたのですが、2人暮らしの我が家には大き過ぎるのがネックでした。でも、ミニサントスなるものが登場したのです。これでサイズは問題なし。ただ、クリアタイプは人気があるらしく欠品中、しかも入荷未定みたい。早くゲットしたいです。旦那の気が変わらないうちに…。

4月7日
 昨日、ケーキを4つも食べてしまったので、朝起きたら胃がもたれてました。
旦那には「ひとまわり膨らんで大きくなってるで」と言われてしまうし…。(--; 

 旦那は午後休を取って、国際免許証の申請に行ってきました。自動車免許は持っているので、国際免許の場合は郵送で処理してくれると便利なのにな。家からは片道1時間以上の道のりなのです。私もくっついて行って、その近くのショッピングセンターでブラブラしていました。腰の調子が良くなってきたので、ウィンドーショッピングを楽しめるようになってきました。

 端午の節句用に鯉のぼりと吹き流しの小さな置物をゲット♪ 既に兜と鯉のぼりは持っているのですが、大きさや色合いもちょっと違うし、吹き流しが何とも可愛らしかったのでつい…。帰宅後、旦那に披露すると、「この吹き流し、横に鯉のぼりがあるから分かるけど、単独で見たら何か全然分からへんで」との冷たい反応が…。(ToT) 

 でも、ホントはもう一組連れて帰りたい鯉のぼりのペアがいるのです。黒と赤のペア。私が持っている鯉のぼりは、2匹とも青なのです。色味は少し違うけれど、同じ青系。大きさも微妙に違うから、一緒にワラワラ並べるとにぎやかで楽しいと思うのです。今日のところは買わずに帰ってきましたが、その鯉のぼりペアは家の近くのお店でも売っているのです。何となくそのうち連れて帰ってしまいそうです。

4月6日
 パート先(だった)ケーキ屋さんに先月分のお給料を貰いに行ってきました。
借りていたスカートとエプロンを持って。クリーニングに出すのを忘れていて、すっかりと遅くなってしまっていたのです。

 日曜日だったので、一緒に働いていたパート仲間はみんなお休み。突然腰痛になってお休みを貰って、そのまま辞める形になってしまったので、最後に挨拶が出来なかったのがちと心残りです。無事にお給料を貰い、クリーニング済みのスカートとエプロンを渡すと、店長に「あら、そのまま返してくれたら良かったのに」と言われてしまいました。いや、そのままでいい…と言われても、それはちょっとねぇ。やっぱり返す時にクリーニングに出すのは、最低のエチケットかなと思うのだけどな。他の人はそのまま返しているのかしら?(--;

 クリーニング済みであることにちょっとびっくりしていたらしい店長は、「じゃ、最後にケーキでも持って帰って」と5つも持たせてくれました。これはうれしい〜♪ 久しぶりのケーキです。パート先に寄った後にそのまま出掛けるつもりでしたが、急遽家に引き返すことになってしまいました。

 最初、そのケーキは明日の朝ごはんにするつもりでした。でも、夜ご飯を食べた後、どーしても食べたくて我慢できなくなったのです。「ま、1つだけ」と思ったのですが、気づいたら4つをペロッと食べてしまいました。自宅でケーキバイキング状態です。あと1つは旦那の胃袋へ。私、ダイエット中なのに…。自己嫌悪に陥って、今晩から腹筋と柔軟体操を始めました。明日からは縄跳びもしようかなぁ…。

4月5日
 イトーヨーカドーにデビューをはたしました。
名前を聞いたことはあったけれど、今まで足を踏み入れたことがなかったのです。関西ではあまり見かけないスーパーだしね。

 業界第一位のスーパーと聞いていたので、いつも行ってるジャ○コとはどこかが違うかな?と期待していたのだけど、ま、ごく普通のスーパーでした。駐車場の混雑を避けるために、買出しにはいつも開店と同時に行きます。なので、週末の午後のスーパーがあれほど混雑しているとは思いませんでした。初めてのスーパーに行くときは、「何か目新しい食材や調味料、輸入食材などがないかなぁ」と期待するのですが、今回は収穫なしでした。専門店街も少なめで素敵な雑貨屋さんとの出会いもありませんでした。ちょっとガッカリ…

 私がスーパーでうろうろしている間、旦那はお気に入りのアクアショップへ。このお店には、このところほとんど毎週のように顔を出しています。そして、いつも長時間入り浸っているのです。ひどい時には4時間以上居座っているみたい。お店の人に嫌がられていないといいのだけれど…。(^^ゞ

 旦那にくっ付いてアクアショップめぐりをしていて思うこと。それは、アクアショップの人は『無愛想』な人が多いということ。特に、40歳以上の方はかーなーりとっつき難い雰囲気。「いらっしゃいませ」という言葉すらかけてもらえないこともあるのです。今日のお店のように年齢が低くなると親しみやすさはぐんとアップするのですが…。

 そう言えば、少し前に旦那が「○×(店名)のむっちゃ無愛想な店長さんが話しかけてきてくれたわ。水草のことで話が盛り上がったで」とうれしそうに言ってたことがありました。そのお店は、店長さん一人で運営している小さなお店。でも、水草が本当にキレイなのです。私も何度か行ったことがあるのだけど、店長さんは「何か悪いことしたかな? 嫌われてるのかな?」と思っちゃうくらい無愛想だったのです。でも、ようやくお客さんとして認めてもらえたということかしら?

4月4日
 朝起きたら、右の目が開きませんでした。
目やにが大量に出て、それが糊の役目をして、瞼をくっつけてしまっていたのです。寝ぼけたままで無理やり目をこじ開けたら、大事な大事な睫毛が何本も抜けてしまいました。(ToT)

 ここ数年程、GW前になると必ずこの症状が出てしまいます。それも右目だけ。目もムズムズするので、ポンッと目玉を取り外して水洗いして、その後でポコッと元通りにはめ直すことが出来たらどんなに気持ちいいかしら?

 そう旦那に訴えたら、「そのセリフ、花粉症の人が言ってるのと同じやで」と言われてしまいました。でも、花粉症ではないみたいなのです。アレルギーの結膜炎がちょっとひどくなっているだけなのだとか…。その証拠に、目薬をさしたら2〜3日で治ってしまうから。この症状も明日には大分楽になると思うのだけど、今日1日はホントに辛かった。目やにが気持ち悪いので、柔らかいハンカチで拭き取るのですが、拭いても拭いてもあふれてくる為に、目元の弱いな皮膚がヒリヒリしてくるのです。洗顔ソープや化粧水がしみて大変でした。(T-T)

4月3日
 旅行中、家の合鍵を実家の母に預けておこうか…と旦那が言うのです。
もし、何かの事情で帰国が遅れた場合、熱帯魚の水槽が原因で火事になってしまうといけないからと。水槽にはヒーターが入っているので、水量が減ってしまうと危ないみたいなのです。

 GWの旅行は飛行機が飛ぶ限り行くつもり。熱帯魚のエサは、タイマーコントロールが出来る機械があるので心配はしていませんでした。まさか、水槽が原因で火事になるなんて考えもしなかったから…。

 母に電話をすると「こんな時期に旅行に行くつもり?」とびっくりしてました。「熱帯魚や火事のことを心配する前に自分たちのことを心配しなさい」とお説教まで。私が「交通事故より飛行機で事故に遭う確率は低いから大丈夫。ま、何かあるとしても、行きより帰りじゃないとねぇ。旅行が終わってからだとまだ諦めもつくけど…」と言うと呆れてものが言えないという感じでした。(^^;;

4月2日
 「引越しする」つもりで掃除することにしました。
暖かくなってきたし、私にとっての「大掃除シーズン」到来なのです。年末は寒いから適当にしかしていないし、パートをしている間は掃除が手抜きがちだったので…。ようやく腰痛もマシになってきたし。(^^ゞ

 今日は、まず、2階のモノポリー部屋(というか、本棚をずらっと置いてある部屋)の整理。お正月に帰省した時に大量に持って帰ってきた旦那の本が、床にでーんと積まれたままだったのです。本類を整理する時のお約束通り(?)、片付ける前に読み始めてしまいました。お昼過ぎに始めたのに、気が付けば夕方に。旦那が飲み会のため、夕ご飯の支度をしなくいい日でよかった。(-o-)

 明日はリビングかな? GWの旅行前に家中をピカピカにしておきたいです。3週間あるので時間は十分です。多分…。腰痛が再発しなければ…。

4月1日
 お腹の中の「善玉菌パワーアップ大作戦」をスタートすることにしました。
悪玉菌が増えると便秘や吹き出物だけでなく、肩こりや風邪、花粉症の原因にもなるみたいなのです。最近、食生活も肉料理が中心になっているし…。

 ヨーグルトと納豆が善玉菌の強い味方みたい。ヨーグルトは毎日食べているけれど、ビフィズス菌はお腹に定着しにくいのだとか。肩こりや鼻炎がひどくなっているのは、効き目がイマイチということなのかしら? 私の腸内では悪玉菌が増殖しつつあるのかもしれません。

 一方、納豆菌は生命力が強く、一度食べると腸内に2〜3日はとどまっくれるのだそう。ビフィズス菌と納豆菌をダブルで腸内に送り込めば善玉菌がどんどん増えていってくれるはず。

 だーけーど、私は納豆が苦手。豆類は好きなのだけど、あの臭いと粘りがダメ。臭い控えめ納豆は良く見かけるようになったけれど、粘りはねぇ…。食べる時に箸をくるくる回すようにして、食器やテーブルを納豆の糸で汚さないようにするのもわずらわしいし。でも、今回はそんなことは言ってられません。ダイエットの一環として、体の中からキレイにしたいのです。なので、決死の覚悟で1日おきに食べることにしました。お気に入りの食べ方は、大根おろしで粘りを消して、鰻のたれで納豆の味を分からなくする食べ方。冷蔵庫の残り物をアレンジしたものだけど、今はこれが1番のお気に入り。他にも梅干や青しそも混ぜてみようかと思ってます。何か「これがお勧め!」というものがあれば教えてくださいませ。