嫁さん日記
<
[2002年6月]
>

6月30日
 住民票を自動交付機を初めて利用しました。
これはホントに便利! 週末でも住民票を入手できるし、何よりも役場の窓口に行かなくていいのがうれしいのです。

 田舎に引っ越してきて、お世話になるのが市役所から役場になったのだと気付いた時は、かなりショックでした。でも、規模が小さいせいでしょうか、市役所の職員よりは丁寧に対応してくれてました。でも、待ち時間とかを考えるとやっぱり面倒。申請票に記入するのもこれまた面倒。だけど、交付機だと切符を買うのと同じよう簡単なのがうれしい〜。

 便利なシステムよね…と思いながら、ふと頭に浮かんだこと。そう言えば、今月から住民税が去年の8倍になったのです。お給料明細をチェックした時にびっくりしたのを思い出しました。年収が大幅にアップしたのではなく、今までの住民税が異常に低い金額だったのです。周りの人にも「それが普通やん」と言われるのだけど、いきなり8倍はちとキツイ。でも、住民税のお陰で便利になってるのだし、毎週利用している図書館の本も買ってもらえるのよねぇ…と納得するように努力しています。贅沢を言うなら、図書館のエアコンをもう少し効かせてくれたらうれしいんだけどな。

6月29日
 旦那が「熱帯魚飼いたいモード」になったので、水槽など一式を買うためにお店めぐり
結構お値段が張るので、少しでも安く買おうと思ったのです。全部で5つのお店を回り、あれこれ悩んだ結果、結局買ったのはいつも行っている家から一番近いお店でした。1日かかってこの結果。(^^ゞ  まぁ、お店によって扱っている魚の種類が違うので、それを見ているだけでも楽しめたからいいんだけどね。

 グッピーにするかネオンテトラにするか悩んでいた旦那。私は、そのどちらかだけを飼うのかと思っていたのです。後は水草やモスを入れるだけだと…。でも、それは甘かった! 根が凝り性の旦那がそれだけではすむはずがなかったのです。結局、ネオンテトラにしたみたいなのだけど、その他にもグラスキャットにゴールデンハニードワーフグーラミー、コリドラスパンダなど何種類も飼うみたい。何でも、魚によって、水槽の上、真ん中、下と泳ぐ場所が違うようなのです。水槽中、まんべんなく魚が行きわたるようにしたいのだとか…。

 私はクマノミ&イソギンチャクかハコフグかクラゲが飼ってみたいなぁ。でも、海水魚は難しそうなので、ちょっと手が出せないです。

6月28日
 今年初の無花果を収穫〜♪
お店で売ってるのよりもずっとずっと大きいのです。一時は、カラスが大発生していたので収穫を諦めてました。でも、先週末に駆除をしてくれたみたい。今週に入ってからはカラスを見かけませんでした。無花果も無事でした。今日は3個。まだまだ、これから熟してくれそうなのがいっぱいなのです。楽しみ〜。(^^)/
色々写真に初収穫無花果を載せました。

 死んでしまったと思っていたメダカの稚魚。「チビ」が生きていたのです! 今朝、水槽を覗くと元気に泳いでいるのです。もう旦那は大喜び。ここ数日、ずっと気温の低い日が続いていたので冬眠していたのかしら? 旦那は、チビの姿が見えなくなっても、毎日毎日水の交換は続けていたみたい(稚魚は小さな水槽に隔離しているので、水を浄化するフィルターがついてないのです)。元気に泳ぎ回るチビを見てると、うれしくて涙が出てきそうでした。

 今日一日、何度も何度も水槽を覗いて、チビの姿を確認してしまいました。ついでに、リビングの観葉植物に生えてるきのこ。こちらも絶好調。何と朝夕2回もきのこ狩りが出来てしまうのです。食べられるきのこだったらいいんだけどなぁ…。

6月27日
 母とデート♪
最近、月一でランチを食べて、デパートをウロウロ…というのが定番になってます。結婚してからの方が仲良くなったかも。離れて暮らすようになったからかしら? 

 梅田に出来たヨドバシカメラに行ってきました。お目当ては『飲茶バイキング』。TVでそのレストランが紹介された時に美味しそうだなぁと目をつけていたのです。人気のあるお店みたいなのだけど、平日だし「ま、余裕でしょ」と思ってました。でも、現実はそれ程甘くなかった!

 お店の前には、何と50〜60人の行列が出来ているのです。お店の人が「少なくとも待ち時間は2時間です」と叫んでいます。いくらなんでもそんなに待てません。諦めて適当に他のお店にしました。楽しみにしていたからホントに残念。私は食べ過ぎてもいいように、胃薬を持参していたのです。朝もコーヒーだけだったのにな。(ホントは単に、昨日の夜食べ過ぎただけなんだけど…(^^;)

 母も心残りだったみたいで、「今度は開店前に来てみよか」と言ってました。来月にでもリベンジしてみたいです。でも、来月は夏休みに突入しているような気が…。(--;

6月26日
 夜ご飯を食べた後、私が片付けをしている間に旦那はソファでうたた寝してました。
お風呂の準備が出来たので声をかけたのだけど、全く起きる気配なし。そこで、ちょっといたずらしてみました。

 旦那は口を少し開いて気持ち良さそうに眠っています。枕もとに座って、まず、指で口を摘んでみたのです。鼻で息が出来るので、まだ、何の変化もなく眠り続けていました。そこで、次に片方の鼻の穴をふさいでみました。それでもまだ眠り続けています。そこで、もう片方の鼻の穴もむさいでみると…。2秒後にようやく目を覚ましました。

 旦那によると、私がうたた寝している時は、眉間にシワを寄せているらしいのです。指でシワを伸ばしても、「うーん」とか言いながら、またすぐにシワを寄せてしまうらしい…。どうしてかしら?

6月25日
 先週の金曜日から、毎日リビングできのこ狩りをしています。
気温が下がって雨の日が続いたら、観葉植物の鉢にシメジみたいなきのこがニョキニョキと顔を出しているのです。

 おそらく、土にきのこの菌糸が混じっていたのだと思います。でも、抜いても抜いても生えてくるのは、ちょっとウザイ。『ジャックと豆の木』という名前のお気に入りの観葉植物。本当にぱっくり真っ二つに割れた豆から木が生えているのです。でも、その豆の周りから、やたらときのこが生えてくるのが気にいらない。心なしか豆の緑色がくすんできたように思われるし。

 水をあげないと木が枯れちゃうし、かといって湿り気を与えるときのこまで生える。葉の表面に霧吹きをしながら、毎日必死できのこを抜いているのです。ホームセンターでバーゲンの土を買ったのがいけなかったのね。高めの土を買ってこなきゃいけないかも…。

6月24日
 オセロの1人、白い方と言われているらしい松嶋尚美さん。
彼女をTVで見た時に「あれっ、この人知ってるかも。一緒にバイトしてたかも…」と言っても、旦那は「まさかぁ、嘘やろ」と全く信じてくれませんでした。

 実は、オセロの存在自体をつい最近まで知らなかった私。(^^ゞ もう1人の中島さんの方は知っていたのです。でも、コンビを組んでいることは全く知りませんでした。

 旦那には否定されてしまったけれど、顔も話し方にも見覚えがあるのです。だって、思い違いでなければ、1年近く一緒にバイトしていたんだもの。気になってプロフィールを調べてみました。そしたら、出身地も出身校も年齢もみんなピッタリ! 絶対に100%間違いないと思われるのです。

 「やっぱり知ってたよーん」と言うと、旦那に「すごいやん、奥さん」と感心されてしまいました。ま、私が覚えていても、向こうが覚えてくれてるかどうかは分からないんだけどね。「1年間一緒にバイトしてたんやったら覚えてるやろ」と旦那は言ってくれるけれど、さて、どうでしょう? 機会があったら「私のこと、覚えてます?」と聞いてみたいなぁ。芸能界に入ったきっかけはなんだったのかしら?

6月23日
 今日は涼しくて過ごしやすい1日でした。
夜なんて肌寒いくらい。気温が低くなるとポムは元気一杯。ガラガラガラガラガラと回し車で運動しています。さすがに蒸し暑い日には、ケージの床に張り付いて伸びているのです。TVを見ているとちょっとうるさいのが難点だけど…。(^^;

 絶好調のポムと正反対なのがメダカ。4日前に2匹孵化したのです。でも、翌朝には1匹になっていました。どうやら、夜の間に天国に逝ってしまったみたいなのです。小さな体は底の砂に紛れて見分けがつきませんでした。1人になってしまった稚魚に「チビ」と名前を付けて可愛がっていた旦那。それなのに、その「チビ」も死んでしまったのです! 昼間は元気に泳いでいたのにな。夜、水槽を覗いた旦那は「あれぇ、チビがいぃひん」と情けない声を出してました。前回と同じで小さな体はどこにも見つかりません。(ToT)

 「卵はまだいっぱいあるし。また孵化するよ」と旦那を慰めながらも、私も実はかなりガックリなのです。目玉以外は透明の体長5mm程の小さな小さな稚魚。元気に泳いでいる様子はホントに可愛かったのになぁ。メダカには興味のない私だけど、稚魚のことは気になっていて、1日に何度か水槽を覗きこんでいたのです。あぁ、悲しい…。(T-T)

6月22日
 光ファイバーの工事の日がようやくやって来ました。
申し込んでから2ヶ月以上待たされてやっと…。壁に穴を開けて光ケーブルを通すだけなので、工事自体は40分程で終了。

 私は、今日から即、光ファイバーが使えるようになるのだとばかり思っていました。でも、実際はまだ使えないのです。何でもPPPoEのアカウントを貰えていないのだとか…。工事の日は前もって分かっているのだから、アドレスくらいさっさと取っておいてくれればいいのになぁ。(--#

 旦那はガッカリしてました。そして、もう1つ旦那がショックを受けていたこと。光端末がF社製のだったのです。いくつかの会社のものを使っているそうなのですが、そのうちで最も性能が良くないと言われているものらしいのです。「よりによってこれか…」とため息ついてました。(^^;

6月21日
 旦那は会社をサボってゴルフ。
今日プレー代はたったの『950円』。何でも雑誌の懸賞で当てたらしい。普段の1/10以下のお値段。これはすごい! いつもこうだったらいいのにな。ま、アメリカのパブリックゴルフ場でもなけりゃ、そんなお値段では無理に決まっているけれどね。

 ここ3年近くずーっと伸び悩んでいたスコア。やっと100の壁を越えたのです。本日のスコアは98。今までの最高記録なのだそう。おめでとー。\(^^)/

 でも、私にしたら「すごいね」と思ったのに、旦那は不服そう。何でも今日はOBを4回も叩いてしまったらしいのです。1回目は仕方ないとしても、後の3回は「何であんなところで?!」という痛恨のOBらしいのです。「あれがなかったら92やったのに」と悔しがっていました。それを聞きながら「ふぅん、OBの場合には2つ増えちゃうのね」と変なところで感心していました。パターゴルフしかしたことのない私は、ルールがよく分かってないのです。

6月20日
 3日続けてカラスの鳴き声で目覚めています。
火曜日は生ゴミの回収日。その日の朝から、突然、カラスが家の近くを飛び回るようになったのです。

 カアカアギャーギャーと耳障りな声が1日中聞こえるのはかなり不愉快。庭の無花果の木にも止まったりするので気が気ではないし。まだ、実は青いので食べられる心配はないけれどね…。でも、狡賢いカラスのこと「おっ、ここにこんな気があるやん」などと記憶されたら困っちゃいます。

 昼間、銀行へ行く途中でカラスの大群を発見しました。私が住んでいる住宅地の外れには、木が鬱蒼と茂った森のような場所があります。そこに30羽はいたのです! 思わずヒッチコックの『鳥』という映画を連想してしまいました。カラスの大群のすぐ側を通るのはちょっと怖い。旦那にそのことを言うと、何と朝の出勤時には50羽はいたのだそう。どこからか群で移動してきたのかなぁ。町内では年に数回害鳥駆除をします。確か前回は4月だったはず。また近日中に駆除してくらないかしら…。

6月19日
 メダカの卵が孵化しました。
旦那は喜ぶ喜ぶ〜!(^O^)

 親メダカは卵は食べないけれど、稚魚は食べてしまいます。なので、旦那は卵を隔離していたのです。毎朝卵を抱えている雌のお腹から卵をそっと取っていました。そして、もう1つの小さな水槽に移していたのです。

 ここ1週間、毎朝その作業を繰り返していた旦那。卵には目玉らしい黒い点々が2つ出来ています。でも、なかなか孵化しませんでした。あれこれ調べてみると、卵は産卵してから1週間以内に孵化するらしいのです。「おかしい、もう孵化してもいいはずやのに…」と納得いかない様子で出勤していました。メダカの産卵が始まってから、朝ごはんタイムもそれまでより15分早くしているのです。

 夕方、何気なく水槽を覗いてみると、5ミリぐらいの稚魚が元気に泳いでるのを発見! 目玉以外は透明で、じっと目を凝らさないと見分けられないくらいの稚魚。私の気配を感じて、水槽の中を弾かれたように勢いよく泳ぎ回ってました。メールで旦那に孵化したことを伝えてあげました。少しでも早く知りたいだろうからね。

 会社から帰ってきた旦那は、「お帰り〜」と声をかける私に見向きもせずにメダカの水槽にダッシュ。ご飯を食べた後もずーーっと水槽に張り付いていました。まだ、目玉が出来た状態の卵が12個もあります。これから毎日のように孵化してくれるかな? 孵化の瞬間を見てみたいのです。明日から私も水槽の前に張り付いてしまいそうです。(^^;

6月18日
 デザートのグレープフルーツの皮を剥いている時に、妙なものを発見しました。
いや、単なる『種』なのだけど、何とその種から2cmも根が伸びているのです!

 果肉自体はまったく普通の状態。水分が抜けてしまってスカスカになっているわけでもありません。食べても変な味はしなかったし…。根が伸びている種は捨ててしまおうかと思ったのですが、水に浸したティッシュの上に置いてあります。明日、プランターに植えてみるつもり。実がなることは期待出来ないけれど、観葉植物として楽しめたらいいな♪

 ワールドカップ、日本が負けてしまって残念!旦那は、今日は会社のビッグスクリーンで見てたみたい。忙しくてハーフタイムの間は仕事をしていたのだそう。私はシャツのアイロンあてをしながら見てました。さて、これからは阪神タイガースの応援です!!

6月17日
 1週間前に種をまいたひまわり。
昨日の朝見た時には、プランターに可愛い双葉が10個並んでました。ぷっくりとしてまぁるいフォルムの双葉はとってもキュート♪ 太陽に向かって万歳しているような感じで元気一杯でした。「本葉が出てきたら植え替えてあげるからね〜」と水をあげながら話し掛けていた私。

 それなのに、今朝見ると、双葉がなくなっているのです! 3つだけ穴だらけになった双葉がかろうじて残ってました。でも、その他は見事に茎だけの状態。土の上には白っぽいスジが残っています。恐らく、ナメクジが這った跡でしょう。

 旦那に「ひまわりの双葉がやられた〜。ナメクジに食べられたみたい!」と報告すると、一瞬旦那が「あっ、しまった」という表情をしたのです。種をまいた時に旦那に「プランターの周りにナメクジよけの薬をまいといてね」とお願いしていたのです。もしかして、まき忘れた?

 旦那を追及すると、「うーん、花壇の周りにはまいたんやけど、プランターの周りは忘れてたわ」と白状しました。ということは、今回のことは旦那の過失による人災なのね。あーぁ、折角庭の回りにひまわりのフェンスを作ろうと思っていたのに。ひまわりは、高さが2メートル近くにまでなる昔ながらのシンプルなひまわり。最近では、ゴッホのひまわりだとか、ゴーギャンのひまわりだとかはよく見るけれど、一番シンプルなひまわりの種にはなかなかお目にかかれなかったのです。探し回ってやっと見つけたのにぃ…。ポムのエサのひまわりの種をまいてみようかしらん。

6月16日
 2月に図書館でリクエストしていた本が、今日ようやく手元に届きました。
それは韓国でのショッピングの穴場情報についての本。リクエストした時点では、「5月末くらいに行こうかな」と思っていたのです。でも、ワールドカップで旅費は高くつきそうだし人も多そう…と思い、行くのをやめてしまったのです。そして、本をリクエストしたことすらも忘れてしまっていました。

 リクエストしていた本が届くと、図書館の職員から自宅に電話連絡があります。その時に「すみませんね、随分前にリクエストされていたのに。もう旅行には行ってしまわれましたか?」とものすごく申し訳なさそうに言われてしまったのです。受け取りに行った時にも「これはえらく時間がかかってしまったんですね」と言われました。こちらとしては無料で本を読ませてもらっているので、そんなに謝られるとかえって気がとがめてしまいます。結局、旅行は中止にしたのだしね。でも、ガイド本を読んでいたら、また行きたくなってしまうかも…。旦那は韓国へは行ったことがあるけれど、私は行ったことがないんだもん。

6月15日
 新しいカットソーを着てお出掛け。
といっても、行き先は近所のショッピングセンター。単なる週末ごとの食材の買出しなのです。でも、一応新しい服を着ると何となく気分がはずみます。私は旦那が「おっ、それ新しい服やん」と気付いてくれるのを期待してました。でも、旦那の反応は全くなし!

 しばらくは我慢してました。だけど、一向に気付く気配のない旦那に痺れを切らして、とうとう「ねぇ、今日新しい服着てるのよ。気付いてくれへんの?」と聞いてしまいました。そしたら何と、旦那の答えは「あぁ、知ってたで。GWにりんくうで買ったやつやろ」。

 気付いてたのなら言ってくれたらいいのに! 「別に言わんでもいいやん」というのが旦那の言い分らしい。そんな風だと、服も髪も構わずお化粧もしないオバサン化しちゃうから…。

6月14日
 今朝、旦那は「今日はフレックスで可及的速やかに帰ってくるわ」と言って出掛けました。
昨日、帰りが遅いと思っていたら、今日のために残業をしていたらしい。休暇を取っている人もいるみたい。今日はどの会社も似たような状況かも…。(^^;

 結局、お偉いさんの計らいで、急遽全員フレックスになりました。ホントは仕事が終った後に懇親会も予定されていたはずなのに。ま、今日みたいな日に無理矢理懇親会しても、評判を落とすだけだよね。みんな「心ここにあらず」って感じだろうし。

 日本の決勝進出を見届けた後、夕食を食べながら「ザ・ジャッジ」を見てました。そこで、旦那の両親との同居をする場合のトラブル例が…。思わず、身を乗り出すようにして画面に見入る私。そして、番組が終った後にも「あーだこーだ」と旦那に突っ込みを入れてました。

 具体的に同居の話が出てる訳でもないし、義父は「子供の世話にはならん」と常々言ってます。でも、先のことは分からないもんねー。こういう話は、きっかけがないとなかなか話す機会がありません。話を打ち切ろうとする旦那に食らいついていく私。普段からあれこれシミュレーションしているのです。いざという時に慌てないようにね。旦那はびっくりしたかな? でも、『嫁』の立場からすると重要な問題なのよね。一応、私は「長男の嫁」だからねぇ…。(^^;;;

6月13日
 ここ毎日、オートバイや不要家具の買取業者が毎日のようにやってきます。
「現金買取します」というのが売りみたい。拡声器でがなりたてながら30分近く町内を回り続けるので、これが結構うるさい! 気温が高いから窓は全開だからね。冬の間は滅多に来なかったのに…。

 「古いオートバイはございまぁせんか? 使わぁなくなったミニィーーーバイクはございまぁせんか? 動かぁなくなったバイクでもお引き受けしておりぃーーます。こちらはオートバイ、ミニィーーーバイク、家具の現金買取者でございぃーます。物によっては高くぅ高くぅたかぁーーーーくぅ買取しておりぃーーーます」と拡声器のボリュームを上げて、妙なイントネーションの声を響かせまくる迷惑なオヤジ。その声は大きくなったり、小さくなったりを繰り返しながら町内をグルグル巡回しています。

 声が小さく遠くなり、「あっ、やっとどこかへ行ってくれた」と安心してるとまたやって来るのです。先月末に粗大ゴミの回収があったばかりなので、この辺りの家には目ぼしい物はないような気がするんだけどな。ちゃんとチェックしておこうね、変なイントネーションのオヤジさん! 本人はまるで歌うように気持ちよさ気にしているけれど、何度も何度も何度も聞かされる方は堪りません。

 オマケに、このオヤジがいなくなっても安心は出来ないし。他にもラッパの音を響かせた豆腐売り、オルゴールの音共にやって来るパン屋さんなど拡声器軍団は他にもあるのです。わらび餅やさお竹もやってくるので、ホント賑やか。タダでさえ不快指数が右肩上がりの今日この頃。「嫌煙権」というのがあるなら、「拡声器の声を聞きたくない権」というのも主張したいなぁ…。(--##

6月12日
 アイロンがけのツライ季節になりました。
昨日、本格的に梅雨入りした途端にジメジメ蒸し蒸し。ここしばらくずっと真夏日が続いていたけれど、湿度が高くなかったのでまだ耐えられたのにな。でも、もうダメ…。

 11時過ぎからじめーーーーっとした状態がずっと続きます。1階の部屋はマシだけど、2階にはいられません。我慢大会会場みたいなんだもん。

 ポムもケージの中で伸びてます。モモンガのような姿勢でデローーッとしているのです。「暑いね、ポム。君は毛皮着てるからね」と話し掛けると、薄目を開けて私の方を見るのだけど体を動かす余裕はないみたい。元気な時は「エサちょーだい」と寄って来るのだけどね。

 少しでも冷たいところに体を置きたいらしく、ケージの中をあちこちにと移動しているみたい。ケージに敷き詰めてあるウッドチップを蹴散らして、プラスティックの底に直接体をくっつけてます。体温で温まると移動、温まると移動を1日中繰り返してます。暑いと眠れないのは旦那と一緒なのね。私は寝てしまうと暑くても起きないのだけど。梅雨が終って夏本番になったら、氷をケージの横に置いてあげるからね。

6月11日
 コンビニで卵を買いました。
「コンビニは定価販売で高い」というイメージを持っていたので、今まで買ったことがなかったのです。でも、TVガイドを買いに行った時にふと目に入ったプライスカード。そこには「卵Mサイズ10個入り157円」とありました。えーっ、いつも買ってるスーパーよりも安い! 賞味期限を確認してみたけれど、1週間以上先。ということで、1パックお買い上げ。

 でも、パックを手に取って見ると、端の2個にひびが入ってます。いくら安くてもこれは嫌。一番下の棚に置いてあったので、しゃがみこんで卵を物色してしまいました。すると、これが結構割れているのです。いくつかあったうち、一番奥のパックだけは無事でした。そのパックを手にした瞬間に背中に視線を感じて振り向くと、やたらアイメイクの濃い店員さんが斜め後ろに立っていたのです。ノーパソ片手にデザート類の在庫チェックをしている素振りをしながらも、私のことを気にしていたみたい。ちょっと気まずい思いをしながらレジへ向かった私。若い女性店員にしたら「あのオバサン何ゴソゴソやってるんだろ」と不審に思ったのだろうな。私は「君も主婦になったら分かるよ、この気持ち」と心の中で話し掛けていました。

 あとで分かったのだけど、その女性は何と店長さんだったのです。そのコンビニは先月開店したばかり。張り切って仕事をしている時に、不審な行動を取る人を見つけたので目が離せなかったのかしら。でも、割れ物を足で蹴られそうな位置に置くのは良くないと思うんだけどな。

6月10日
 通販でコーヒー豆を買ったら「アイスコーヒー試飲モニター」に選ばれたみたい。
1リットル入りのアイスコーヒー2本とアイスティーが1本入ってました。食後のコーヒータイム、最近はアイスコーヒーなのです。これはうれしい〜♪

 モニターなので、飲んだ後にアンケートに答えなければいけません。味と価格設定の評価について。3本セットで箱に入っていたので、私は「1箱が1000円くらいかなぁ」と予想していました。でも、実は1本560円でした。味は悪くないけれど、ちょっと高めじゃないかしらん。自分でわざわざ買うことはないかも…。

 あと、またまた別件だけど図書券もゲット。500円分が2口。これまためっちゃうれし〜。(^^)/

6月9日
 Afternoon Tearoomで新作のジャムを3個買いました。
キャラメルティー&マンゴーとグレープフルーツとブラッドオレンジ。マンゴーは濃い目のまったりした味だけど、他の2つはゼリーみたいでそのままでも食べられてしまうくらいフルーティなのだそう。普段はヨーグルトに入れて食べているのだけど、焼きたてのスコーンにつけて食べたら美味しそう♪

 レジの横にはATの本が置いてありました。発売と同時に買った本。オシャレな本だし、ATのレシピも紹介されているのだけど、残念ながらスコーンのレシピはないのです。実は密かに一番知りたかったレシピなのだけどな。

 昨日、観葉植物の植え替えをしたのです。部屋に置くものなので、土に殺虫剤のオルトランを溶かし込みました。これはかなり強烈な臭いのする強い薬品。旦那は思い切り吸い込んでしまったのか、しばらくしたら気分が悪くなってました。私は阪神が負けてしまったことで気分が悪くなってしまいました。あーぁ。(^^ゞ

6月8日
 我が家にはハムスターの他にもメダカを飼っています。
ハムスターは私の担当。メダカは旦那の担当。そして、旦那はメダカを繁殖させることにかなり燃えているのです。

 去年の冬を越したメダカが5匹。そのうち去年孵化したのが2匹でした。そのままではあまりにも少ないので、2週間ほど前に15匹(♀10匹、♂5匹)買ってきたのです。でも、♂同士はケンカをしまくって、現時点で残っているのは1匹。これでは買って来た意味がありません。ということで、今日また10匹買って来ました。

 「♀と♂を5匹ずつください」とホームセンターの店員さんにお願いしても、困った顔をされてしまいます。どうやら、店員さんは♂と♀の区別がつかないみたい。「えっ、それはちょっと…」という店員さんに変わって、旦那は自ら小さなネットでメダカをすくうのです。水槽に屈みこんでメダカの雌雄の識別をする旦那の背中からメダカに対する意気込みが伝わってきます。その間、私は待ちぼうけ。地味なメダカにはあまり興味がないので、すぐ隣の水槽のグッピーを眺めているのです。

 家に帰り、メダカの数が増えた水槽の前に座り込む旦那。「お前ら早く卵を生むんやぞ」と言い聞かせています。この頃では、朝出勤前と帰宅後、そして寝る前に水槽を覗き込んでは「卵生まへんな」と寂しそうに呟いているのです。

6月7日
 髪の毛を30p位カットしました。
ウェストの辺りまであったのを肩下5pまでバッサリと。パーマが当たったままで30pなので、ビヨーンと伸ばしたらもっとかも。

 私はもう切る覚悟を決めていたのに、美容師さんのほうがドキドキしてたみたい。「切りますよ。いいんですね。ホントに切りますよ」とか言いながらも中々ハサミを入れないのです。無反応な私にちょっと拍子抜けしていたみたい。「こんなに思いっきり切る人は久しぶりです」などと言ってました。私は切った後の髪が床に落ちているのを見てびっくりしました。「量が多いですねぇ」と美容院で毎回言われるくらい髪が多い私。床に散らばった髪は半端ではなかったです。あれって燃えるゴミになるのよねぇ。週に2度の収集だから、いつもものすごい量なんだろうな。

 短くなった髪はアップにもしやすい長さ。ウェストの辺りまで伸ばすと、さすがにアップもしずらかったのです。会社から帰ってきた旦那も「あっ、お団子が小さくなってる」とコメントするくらい。暑くてたまらないのでアップにしていたのですが、夕食を食べ終わったら「髪、おろしてみ」と。どんな風になってるか気になってたのね。長いままの時は、パーマをあてても何の反応もなかったのに。そう言えば、旦那と出会った頃からずっとロングだったような。というか、高校生からずっとかな? 人生の半分以上をロングヘアで過ごしたことになるのかも…。ショートカットもしてみたいけれど、チビで童顔の私。「お子様」になるのが怖くて出来ないでいるのです。でも、少しずつ短くしていこうかなぁ。

6月6日
 「あと3キロ体重を減らしたい!」と去年の秋口から言い続けている私。
「ダイエット〜」と口では言いながらも甘いものを食べたりして、全然体重が減ってませんでした。

 でも、今日、銀行まで歩いて往復したら、2時間で何と1.5キロも減っていました! 自転車で20分の距離をテクテク歩いたのです。アップダウンのかなりキツイ坂道。ヘロヘロになって家にたどりつきました。真夏のような暑さに、もうダウン寸前。日焼け防止のために、長袖シャツに手袋に日傘という怪しい格好だったので、顔は真っ赤っかだしゆでダコ状態。

 私の頭の中では『片道30分』で銀行まで辿り着く予定でした。方向音痴で距離感のない私の予想がこんなに当てにならないなんて…。どうりで今朝「銀行まで歩いて行って来るわ」と言った時に旦那が妙な顔をしたはずだわ。「頑張ってウォーキングしてくるね♪」と明るく能天気に言い放つ私に「まぁ、頑張って」とやけにクールだっだもの。10時前には家を出たのに、帰りは正午前。暑さのために道には陽炎がたってます。オマケに、10m程先のアスファルトの道の上には逃げ水まで見えていました。

 これだけハードな2時間を過ごしたら、絶対に痩せているはず…と家に帰るなり体重チェック。そしたら、1.5キロも痩せていたのです。暑さのあまり、昼食もお茶だけだったし。これはいいかも。ちょっと、いや、かなりハードなウォーキングだったけれどね。でも、明日になったら元に戻ってそうで怖い…。

6月5日
 いつもお世話になっている生命保険の担当の人から電話がありました。
「ご主人、今日は出勤してらっしゃいます?」と。「へっ、どういうこと?」と一瞬、絶句してしまった私。だって、今朝もいつもと同じ時間に、ごく普通に家を出たんだもの。出社してなければびっくりしちゃいます。

 「電話しても出られないんですよ。どうも携帯電話の電源が入ってないみたいで」と担当の人。旦那の部署では、各自がそれぞれ構内PHSを持っていて、普通の(?)電話回線はないのです。「会議中かちょっと席を外しているのだと思います。でなければ、電源を入れ忘れてるのかも…」と言って電話を切りました。前にも一度、電源を入れ忘れたことがあるのです。

 担当の人は無事に旦那と連絡が取れたみたい。会社帰りの旦那は、保険の見積書とゼリーの詰め合わせと飴ちゃんとレタスクラブを持って来ました。飴ちゃんは、何と、保険会社の社名入りの封筒に一杯。「どうしたの、これ?」と聞くと、「持って帰るのが重いから」とどっさりとくれたのだそう。「奥さん、最近おやつ我慢して飴食べてるやろ。ちょうどいいやん」と。まぁ、確かにね。毎日1個ずつしか食べないので、2ヶ月分はありそうです。

6月4日
 毎朝「はなまるマーケット」を見ています。
じっくり真剣にではなく、家事をしながら適当に。そんなことをイチイチ放送しなくてもいいじゃない…というトピックの日もあるけれど、「ほー、ナルホドね」と思う日も。

 先週の月曜日に「プロ級ハンバーグの作り方」をやってました。我が家のハンバーグ、普段は小さな鉄板で焼いてます。よくファミレスで見かける、鉄製のあれ。熱々をキープできるし、フライパンを使わないので洗い物が減るので便利なのです。でも、「プロ級」の極意は蒸し焼きにすることみたい。表面に焼き色をつけた後、餃子を焼く時のようにお湯を加えて蒸し焼きにするのだそう。そうすると、ふっくらジューシーに出来るということなので、早速試してみました。

 結果は見事にふっくらジューシーのお店で食べるようなハンバーグの出来上がり♪ 旦那にも「今日のは美味しいで」と言ってもらえました。(^^)v 

6月3日
 週末は、土曜も日曜もテニスをしてました。
そしたら今日はひどい筋肉痛に…。全身至る所、右手の親指の付け根まで痛むのです。今朝はジャムの蓋すら開けることが出来ませんでした。

 一昨日の夜は、暑くて眠れなかった旦那。昨日の夜は、私の寝言で眠れなかったみたい。「いっ、いだだだだ。あぅ、痛い。」と一晩中、寝返りを打つ度に寝言を言ってたみたいなのです。2日続けてリビングのラグの上でクッションを枕に寝ていたみたい。ごめんね〜。(^^;

6月2日
 昨夜は暑かったらしい…。
「らしい」というのは、旦那が眠れなかったと言ってたから。私は全然平気でした。朝、目覚まし時計が鳴るまでぐっすりだったもの。そんなに暑かったっけという感じ。でも、旦那はほとんど眠れなかったみたいなのです。今年初の熱帯夜?

 「あかん、寝れへんかった」と言いながら、屋根裏の物置から扇風機を取り出す旦那。もう今から扇風機の出番? 旦那用の半袖の服を3日前に出したら、「衣替えは6/1からや」とか言ってたのに。半袖になったらいきなり扇風機なのね…。

6月1日
 近所でジャーマンシェパードを飼っている家を発見しました。
ジャーマンシェパードは、旦那の憧れの犬。いつか犬が飼えるようになったら、絶対シェパード!と言ってるくらい。でも、映画やTVでしか見たことがない犬でもあります。早速、散歩がてら「見学」に行って来ました。

 シェパードくんはガレージにいました。家の敷地内で放し飼いにされているのです。ガレージのゲートは高さ1m位。その気になったら飛び越えられるはず。でも、よく訓練されているのか、見知らぬ人間である私達がすぐ側まで近付いても全く吠えませんでした。名前はアロア。首に「甘えたアロア」というネーム入りのネックレスをしていました。いかつい外見のシェパードと「アロア」という名前がミスマッチ。「イチゴ飴が好物かな?」と言ったら、旦那には分かってもらえませんでした。「アロア」がフランダースの犬に登場していた女の子だということも覚えてなかったみたい。(--;

 ゲート越しに、旦那と私が「うわー、本物のシェパード。すごーい。大きーい。」などと話していたら、うっとうしくなったのかため息をついたアロア。それでもまだあれこれ話していたら、我慢できなくなったらしく庭の奥の方へ行ってしまいました。(^^ゞ

 アロアが奥に行ってしまったのを潮に退散することに。初めて見た本物のジャーマンシェパードは、イメージ通り利口でりりしかったです。旦那は「やっぱ、えぇで。飼うんやったらシェパードやで。」を連発。そりゃ確かにいい犬だとは思うけれど、私はちと不安。番犬にはもってこいだろうけれど、私に世話できるのかしら? 散歩に連れて行ったら、私の方が振り回されそう。ハムスターと金魚しか飼ったことないんだもん。