嫁さん日記
<
[2002年2月]
>

2月28日
 今週はずっと雨or曇り。
昼間でも薄暗くて鬱陶しい気分。いいかげん気が滅入ってきました。こういう時は、ひとりでご飯を食べるのがすごく空しい気分に…。いつもなら平日のお昼は残り物で適当にすませちゃうけれど、今日は自分のためだけにちょっとしたものを作ってみました。

 チーズとご飯を入れた変わりオムレツ。旦那と一緒の時には絶対に作らないメニュー。定番料理が好きな旦那、こういう変わったものはNGなのです。味付けは塩コショウだけ。彩りにちょっとだけパセリを加えました。見かけは普通のチーズオムレツだけど、ご飯も入ってるのでボリュームはたっぷり。それにグリーンサラダとあわあわミルクたっぷりのカプチーノを添えたら、簡単ランチの出来上がり♪ 所要時間は10分足らず。

 日が差し込まない部屋は薄暗いので、キャンドルに火を灯してみました。お気に入りのザクロのアロマキャンドル。これまたお気に入りのCDを聞きながらランチを食べたら、少し気分が軽くなったかも。自分の分だけだと調理する気になれなかったけれど、これからもこういうひとりご飯のためにちょっと工夫してみようかなと思いました。

 最近、カフェのレシピ本をあれこれ買い込んだ私。すっかり影響されてしまってるのです。(^^;

2月27日
 朝8時過ぎに宅急便が届きました。
TVで心理テストを見ていた私は「もうこんな朝早くに誰よ…」と思いながら対応してしまいました。届いた物は、アメリカの雑誌「Martha Stewart Living」。先月からネットで買い始めたのです。今回はやけに丁寧な梱包で届きました。

 前回は厚紙の封筒にそのまま入ってたのです。そして、送られてきた本は、どうみても明らかに『誰かに立ち読みされた形跡があって表紙が傷んだ雑誌』でした。今まで何度もネットで本を買ったけれど、いつも新品の本が届いてました。ムッときた私は「新品の本を送ってください!」とクレームつけたのです。人が触った本を読むのが嫌…という程神経質ではないけれど、お金を出して買う場合はキレイな本が欲しいもの。この雑誌の場合は高めの送料を払っているので余計に気に入らなかったのです。

 「売り場の者に注意しておきました」というメールの後に届いた雑誌は、かなり丁寧に梱包されてました。曲がらないように段ボール紙に輪ゴムで固定して、それを紙の封筒に入れ、その上で厚紙の封筒に入れてあったのです。さて、来月はどういう状態でどんな雑誌が届くのかしら? 

2月26日
 久しぶりにマミーを買いました。
ジュース類は滅多に買わないのだけど、1リットル入りのパックが100円だったのです。旦那の好物だったりするし。(^^)

 マミーを飲んでいるとヤクルトを思い出します。味は少し違うけれど、どちらも子供の頃の懐かしい味。私には、ヤクルトにまつわるある記憶があります。母に「ヤクルト事件」と言われたものが…。

 あれは確か、小学校の低学年の頃。ふと冷蔵庫を覗くと、ヤクルトが2本あったのです。「虫歯になるから」とジュースは日曜日にしか飲ませてもらえませんでした。母が留守の時にそんなモノを見つけた私は「弟の分を残しておけばいいよね」とゴクゴク飲んじゃいました。でも、それは『お隣の預かり物』だったのです。買い物から帰ってきた母は大慌て!

 「どうしよう、えらいことしてくれて。スーパーには売ってへんのにどうしたらいいんやろ…」と途方にくれる母に、私は「近くの駅のホームに自動販売機があるよ」と教えてあげました。電車に乗るたびに「飲みたいなぁ」とじーーーっと横目で眺めていたのです。母は駅まですっ飛んで行きました。(^^;

2月25日
 はなまるマーケットで、雛人形の並べ方についての説明を聞いてびっくり。
並べ方は日本全国共通だと思っていたのですが、京都とその他の地域では違うようなのです。

 私にとっての並べ方はは、向かって右がお雛様、左が御内裏様。これがごく自然な並べ方だと思っていました。一応、人形協会ではそれが基準になってるそうです。でも、京都ではその逆。京都では昔、天皇が真ん中で皇后が一段下がった左に座るのが正式な位置だったそうです。それが昭和天皇の即位式で、西洋のしきたりにならって天皇が左、皇后が右に立ったことから、それが基準になったのだそう。今では、伝統を重んじる京都でのみ昔通りの並べ方が残っていて、残りの地域は新しい並べ方がごく一般的になっているみたい。伝統的な人形の世界にまで、西洋のしきたりが影響を及ぼしているなんて思ってもみませんでした。

 我が家では右がお雛様。現在は京都在住だけど、私は大阪出身。住んでる所は新興住宅地。伝統も何も関係ないのです。試しに京都式に並べてみたけれど、何となくしっくりきませんでした。

 全然関係ないけれど、旦那と私の並び方も雛人形と同じ。私は人の右に立つと気持ち悪いのです。旦那と一緒の時は問題ないけれど、女友達と歩く時は大変でした。お互いに左側に立ちたがる時は、熾烈な立ち位置争いがあったのです。

2月24日
 日曜日は1週間分の食材の買い出しの日。
車で近くのショッピングセンターまで出掛けます。デパートとスーパーの食品売り場を両方チェックして買い物するのです。ついでに本屋さんや雑貨売り場にも寄るのは忘れません。

 もう1つ週末の恒例行事があります。それは蓬莱でチャーシュー饅とドンクで美味しん棒というパンを買うこと。チャーシュー饅は翌日の朝食。美味しん棒はお昼ご飯。ドンクはあちこちでよく見かけるパン屋さんだけど、この「美味しん棒」なるパンは、このショッピングセンターのドンク発祥のパンらしいのです。ドンクの他のお店でも売っているかどうかは分からないのだけど…。

 クイニーアマンに似た感じの外側がパリパリで甘く、中はしっとりとした細長い棒状のパン。今年に入ってから、ずっと週末ごとに買い続けています。お気に入りが出来ると、しばらく飽きるまで食べ続けるのが我が家の特徴だったりするのです。(^^;

 美味しん棒のお供はカプチーノ♪ 週末はちゃんとエスプレッソマシーンを使って入れます。我が家では旦那が鍋奉行、焼肉奉行と共に、バリスタも兼ねています。たかがカプチーノだけど、誰かに入れてもらったものはものすごく美味しく感じる、専業主婦の私なのです。

2月23日
 夕食の準備をしている時に、左手の人差し指をザクッと切ってしまいました。
先週研いだばかりの包丁は切れ味が良く、あっという間に血がにじんできます。良く切れる包丁で切った時は、不思議と痛みは感じません。きっと明日の方が痛むのだろうな…。

 オリンピックを見ていたら眠くなって、昼寝をしていたのです。寝起きでボーッとしていたみたい。慌ててマキロンで消毒したけれど、これからしばらく不便だろうな。食器洗い機があってよかったと思うのはこんな時。

 傷口がふさがるまでポムに触れないのが残念。以前、指先を怪我した時にポムの世話をしていたら、ばい菌が入って指がはれ上がってしまったのです。ケージの掃除用に使い捨てのビニールの手袋でも買おうかな。ゴム手袋は苦手なので…。

2月22日
 結婚以来5年間、ずーーーっと探し続けていた服をようやく見つけることが出来ました。
といっても、特別な思い入れがある服とかではありません。単なる喪服替わりになりそうな黒い服。もしものために持っていたいけれど『いかにも喪服』というのは嫌。普段にも着回し出来そうなシンプルなデザインで、しかもお手頃価格(ここがポイント!)のスーツが欲しかったのです。

 結婚後、一度お葬式に参列したのですが、その時は母の喪服を借りていました。母と私の身長はほぼ同じなのです。でも、母は私よりもちょっぴりふくよかな体型。なので、着れることは着れるのだけど、かなり不恰好。いかにも「慌てて借りてきました」という感じだったのです。義母にも「それ借りてきたの?」って聞かれてしまったし…。

 一昨年の奈良そごうの閉店セールで見つけようと狙っていました。でも、フォーマルコーナーは「セール対象外」だったのです。いいなぁと思うデザインのスーツは、何と7万円でした。いつ着るか分からないスーツにそんなに出せません。

 半分諦めていたら、通販で良さそうなスーツを見つけたのです。 しかも予算の半分以下のお値段♪ 届いたスーツを着てみたら、袖とスカート丈は長めだけど他はピッタリ。もう喪服の心配はないけれど、太ったら着れなくなりそう…という別の心配が出来てしまったかも?

2月21日
 アブトロニックが気になっていました。
旦那も欲しがってるみたいなのだけれど、「ホントに効果あるのかなぁ」とイマイチ買う気になれないのです。もう少しお値段が安ければ考えるのだけどね。

 実は、以前に自転車のようなフィットネスマシーンを以前に購入したけれど、すぐに使わなくなったという、あまり思い出したくない前例もあるのです。そのマシーンは、渡米の際にわざわざ持って行っておきながら1度も使わずじまい。オマケに帰国の際に荷物が増え過ぎてしまい、規定をオーバーしそうになったので大家さんに譲ってきたのです。

 ふと思いついて、低周波マッサージ器でお腹をマッサージしてみたら、次の日胃が痛くなってしまいました。その前日から口内炎が出来ていたのだけど、いつもならそれだけのはず。でも、シクシクと胃が存在を主張するような痛みが2日間続いたのです。原因は一体…?

2月20日
 フロリダ旅行で買ってきた旦那のkiplingのリュックがほつれてきてしまいました。
買ってまだ2ヶ月も経っていないのに…。(T-T)

 お店が近くなら修理に出すけれど、海の向こう、アメリカの東海岸までは行けません。仕方なく自分で縫うことにしました。リュックの素材はパラシュートと同じもの。普通の縫い針ではちょっと無理。ごっつい布団針でチクチクチクチクとひと針ずつ丁寧に時間をかけて縫うことに。ほつれた部分は、1番目につく場所だったのです。

 約30分後、ちらっと見ただけでは分からないくらいキレイに縫いあがりました。(^^)v と言っても、たった10針縫うのに30分近くかかっちゃったのだけど…。でも、分厚い布地が何重にも重なった部分を縫うのはかなり大変。私は指貫を持っていないので、もしもの場合のために1つ買っておこうかなぁと思いました。旅行先などで、可愛い陶器の指貫を見かけることが多いのです。確かアメリカの国立公園とかでもあったはず…。

2月19日
 ホイップクリーマーを買いました。
私は1日にコーヒーと紅茶を最低5杯飲むカフェイン中毒。朝はゴリゴリとコーヒー豆を挽いているけれど、自分ひとりだとインスタント。インスタントでも、ちゃんとフォームミルクを浮かべてココアパウダーをトッピングすれば、美味しいカプチーノもどきが出来上がるのです♪

 少し前に、インスタントコーヒーのオマケでちゃっちいホイップクリーマーをゲットしてました。でも、所詮はオマケ。上手く泡立ちません。「これじゃダメだわ」とあちこちで探してたのです。ステンレス製のはカッコいいのだけど、電子レンジ使用可能ではありません。ミルクをレンジでチン出来ないのは不便だからボツ。ガラス製のは電子レンジ使用なのだけど、色がブルー&ブラックしかなかったので躊躇してました。そしたら、新製品でホワイトが登場したのです。ホワイトならいいやと買っちゃいました。きっとグリーンのは発売されないだろうから…。

 ガラス容器にミルクを入れて、適温になるまでレンジでチン。完璧なフォームミルクを作るために、温度計でミルクの温度をチェックしながら慎重に温めます。そして、約1分間フィルターを上下させれば、ふんわりあわあわミルクの出来上がり♪ 毎日のティータイムが楽しくなりそうです。(^^)/

 旦那は「またしょうもないもん買って」と思っていたみたいだけど、実際に泡立てたミルクを浮かべたコーヒーを飲ませたらびっくりしてました。フォームミルクがフタの役目をして、コーヒーが冷めにくいのもこの時期はあり難いしね。ミルクが泡立ちやすいのは、60〜80℃の間だとか。どの温度が最適なのか毎回少しずつ温度を変えて実験中なのです。そして、何とアイス用にも使えるみたい。アイスの場合には1〜5℃だとか。夏もまた楽しみ〜。(^^)/

2月18日
 私は家の中でよくつまずきます。
そして、毎回と言っていいほど左足の弁慶を打撲するのです。お陰でその部分は傷だらけ&痣だらけ。

 出来た傷が治りきらないうちに、また新しい傷を作ってしまうので、常時3〜4個の濃淡様々な傷跡が存在しています。(ToT) 1月の初めに階段で滑って作った傷はかなりひどくて、まだカサブタが残っているくらい。寒さのせいか、はたまた年と共に新陳代謝が鈍くなっているせいか、なかなか治ってくれません。

 そのしつこいカサブタ、剥がそうとしても芯の部分はしっかりとくっついていて、引っ張るとかなり痛いのです。でも、周りから少しずつ剥げてきていて、痒い! 寝起きなどに無意識に掻いてしまうと、痛みのあまり飛び上がりそうになってしまうくらい。最近では、ミニスカートをはくことが滅多にないからいいけれど、我ながらみっともなくて嫌になっちゃいます。

2月17日
 TVのCMで、フルーチェの新製品が出たのを知り、早速買ってきました。
ごく普通の牛乳に混ぜるデザートタイプとそのまま飲めるドリンクタイプ。実はフルーチェ大好きなのです。

 デザートタイプのシトラスミックスはまだ食べていないけれど、飲むタイプのは早速飲んでみました。旦那がピーチで、私がイチゴ。ピーチは酸っぱすぎて「桃」って感じがしないような…。イチゴはかなり甘めでした。飲むフルーチェというよりも『単なる乳飲料』っていう感じ。フルーチェっぽい味がしなくてガッカリ

 ついでに、またまた新製品の抹茶ムースポッキーを試食してきました。どこだかのメーカーのものすごく不味かった生茶ポッキーに比べるとまだ食べられるかな? でも、どんな味が分かったらもういいや…と思っちゃいました。買うならイチゴムースポッキーの方がいいかも。

 あと気になっているのが蒟蒻畑の新製品。メロン味とパッションフルーツ味。どちらも大好き♪ パッションフルーツは、バリで初めて食べて、もうになってしまったフルーツ。それまではジュースでしかお目にかかったことがなかったのです。現地の人が「カエルの卵」と呼んでいる通り、見た目はあまりよくないのだけど…。でも、日本ではなかなか手に入らないフルーツ。早くどんな味か食べてみたいなぁ〜。

2月16日
 愛用のヘンケルの包丁の切れが悪くなったので、旦那にお願いして研いでもらいました。
私、あの独特の音が苦手なので…。

 包丁を買った時にセットになっていた「包丁研ぎ」は、日本の研ぎ石とはかなり違うタイプ。例えていうならば、フェンシングの剣みたいな感じ。大きさは刺身包丁くらいで、柄の部分は普通の包丁と同じ。それを角度が20度になるようにしてこすり合わせるらしいのです。

 以前、アメリカのスーパーで、肉売り場の店員さんが両手を頭の上にあげて、2本の包丁をクロスさせながら1人チャンバラをしていた場面を目撃したことがあったのです。今思えば、あれは包丁を研いでいたのではないかしら? あの時は「さすがアメリカの店員さん、客の前、仕事中でも平気でふざけてるのね」なんて思っていたのだけど。(^^;

 研ぐスタイルは全く違うけれど、あの嫌な音は同じ。ホントに全く同じ音がするのです! 旦那が包丁を研ぎ始めたのは、洗濯機が洗い終わった直後。キッチンの隣の洗面所で、私が洗濯物をカゴにパンパンとシワを伸ばしながら移している時だったのです。全身鳥肌が立ちそうな生理的に絶対に受け付けられない音は、ドアを閉めても耳に入ってきます。

 「お願い、やめて〜〜〜。いや〜聞きたくないぃぃぃぃ〜!!」と叫んでいた私。あと5分研ぐのを待っていてくれたらいいのに。気まぐれな旦那は「たまたまその時にやる気になったんや」と言っていたけれど、ホントにそれだけ? 

2月15日
 旦那の所得隠しが発覚!
朝のふとした会話から、お給料以外に割とまとまった収入があったことが分かったのです。旦那はとあるメーカーのサラリーマン。でも、それとは別に、とある大学の助教授も兼任しています。秘密の収入の出所はそこらしい…。

 そのことは私も知ってました。でも、以前は家に届いてた明細書が、会社に届くようになっていたのですっかり忘れていたのです。ま、その分は家計口座じゃなくて旦那のへそくり口座に振り込まれるので、もともと「家計に入れなくていいよ」というルールにはなっていたのだけどね。

 でも、去年は今までよりもかなり多めだったみたい。旦那はしめしめと思っていたらしいけど、そういうことは分かっちゃうのよね〜。「ずるいっ。内緒にしていたのね!」と責めると、「去年は海外旅行に2回も連れて行ってあげたやん」と。うむむむ。(--;
そう言われると、お気楽専業主婦の私としては辛い。(^o^;; でも、今月からゴルフの練習代にと、おこずかいをちょっと値上げしたところなのになぁ。悔しいから今度ケーキでも買ってもらおうっと。

 だけど「家計に入れてよ〜」とは言わないけれど、カード払いで買っていて、既に家計口座から引き落とされているモノポリー代。おこずかいで買ってるはずなのに『ツケ扱い』で立て替えたままなのよねぇ。臨時収入からドーンと返してくれないかしらん。

2月14日
 巷では『バレンタインディ』。
でも、我が家では無縁のもの。旦那はチョコレートは大好きだけど、あえてチョコはあげません。私が「この日くらいは…」と、リッチな生チョコや外国製のチョコなどを買ってきても「このチョコで、グ○コのアーモンドチョコが山ほど買えるんやろうな」などと、トンでもないことを言うんだもん。

 我が家の恒例はチョコレートフォンデュ。でも、もう3連休の間にすませちゃいました。去年、バレンタイン当日にイチゴとチョコを家の近くのお店に買いに行ったら売り切れていたから…。

 週末に行くちょっと離れた大きなスーパーでは、バースディテディパート2が食品売り場の片隅に追いやられていました。先月末には1番目立つ所に置いてあって、人だかりもすごかったのに…。あの時焦って探さなくても、今ならゆっくり見れたのね。でも、早めに探さないとお目当てのが見つからない場合もあるしね。

 私は捜している間、何と3人もの人に話し掛けられたのです。「これは何?」とか「何日生まれなんですけど、これであってると思います?」とか。挙句の果てには「なんで外から日付が見やすいようになってへんの?」何て詰め寄られるし。そんなことはメーカーに直接言って欲しいんですけど…。(^^;
邪魔されて探せない私の替わりに、旦那が2人分ちゃんと見つけてくれました。旦那がアミで私がユースケ。男女逆なのが笑っちゃうけれどね。

 それでも、まるっきり何にもしないのも寂しいので、ココア風味のマドレーヌを焼きました。昨日焼いた普通のマドレーヌはお気に召さないようだったけれど、今日のは「あっ、これはいけるやん」って言ってくれました。良かった〜。\(^^)/

2月13日
 鉢植えのスズランを買いました♪
私はスズランが大好き。白い小さな花が小首を傾げたように、可憐に咲いている姿がたまらなく好き!

 お店ではたくさんの鉢植えが置かれていたので、その辺りは甘酸っぱい香りでいっぱいでした。でも、家に1つだけ置いていてもほどんど香りはしません。鼻を近づけるとほんのり香っているのだけど…。意外に香りが弱いみたい。

 花をじっと見ていたら、「きれいな白さスズランの香り、ニュービーズ〜♪」というCMソングが聞こえてきそう。実際、洗剤そのままの香りなのです。香りは好きだけど、ニュービーズは使ってないなぁ。洗剤はアタックがお気に入り。新製品のエアーイン構造のマイクロ粒子は、真冬の冷たい水にも溶け残らない優れものなので…。

2月12日
 炭焼き珈琲カレーを食べました。
お味は…。うーん。(--; うっかりとコーヒーをカレーにこぼしちゃったけれど、勿体無いので仕方なく食べたっていう感じでしょうか…。

 友達から「隠し味に入れるとデミグラスソースっぽくなる」とか、「コーヒーショップでもメニューにあるし、普通のカレーだよ」と聞き安心して食べたのだけど、ちょっとコーヒーが存在を主張しすぎてるみたい。もう少し控えめだと良かったのに。どこかで見かけても、自分から進んでは食べないだろうなぁというお味でした。匂いはすごく香ばしくて良かったのだけどね。

 気を取り直して、おやつに焼き立てのマドレーヌを食べようと思いました。でも、いつものお手軽レシピでなく、別のレシピで作ろうとしたのが大誤算。いつもなら焼き上がりまでに1時間もあれば十分。そのつもりで作っていたら、生地を型に入れる前に『6時間以上寝かせること』などという、トンでもない記述を見つけたのです。その時点で時刻は3時前。おやつには間に合いません…。(T-T)

 焼き立てをおやつに食べるはずが、翌日までお預け状態に…。そりゃ、夜の9時から焼いて一晩置いたら、朝には食べ頃になっているけれどさ。レシピをよく読まないのは私の悪い癖。初めてのメニューならちゃんと読むようにしているのだけど…。あ〜ぁ。

2月11日
 今日は寒かった!
朝から大きなボタン雪が降ったり止んだり…のお天気。旦那と2人、ホットカーペットの上で1日を過ごしました。旦那なんてパジャマのままだったし…。

 少し早いけれど、我が家のバレンタイン恒例のチョコレートフォンデュをしました。とろーりと溶かしたチョコを、バナナにイチゴ、キウィにミカンの缶詰につけて食べるのです。熱々のチョコと甘酸っぱいフルーツのハーモニーが最高♪

 しばらく食べないと別にどうってことはないのだけれど、1度食べると病み付きになってしまうチョコフォンデュ。しばらく週末のお気に入りになりそうです。でも、デレデレとなーんにもせずに過ごした1日。なのに食べたものは、卵たっぷりのサンドイッチ、チョコレートフォンデュ、そしてカルボナーラ。どれもカロリーたっぷりな物ばかり。またまたお腹のお肉が分厚くなってしまいそう。

 実は、昨日「明日からウォーキング始めるね!」と宣言していたのです。でも、あまりの寒さに初日からギブアップ。この寒さは土曜日まで続くらしい。折角の決心も春が来るまでお預けになるのかしらん。(^^;;

2月10日
 Afternoon Teaの雑貨は大好き♪
週末ごとに買出しに行くショッピングセンターに、お店が入っているのでちょくちょく覗いています。

 いくつか気になっている食器もあるけれど、麦茶などを入れるガラス容器を買いました。冷蔵庫に入れる、このお茶用の容器を買う時に私がこだわっていることは、「フタをはずしたら手首がスポッと入ること」なのです。洗う時に手で底の部分まで洗いやすいように。長い柄のついたブラシなどを使うのは面倒なので…。

 私のキッチンのテーマカラーはグリーン。でも、キッチングッズでグリーン系を探すのはなかなか大変。Afternoon Teaのを見つけた時はうれしかった〜。大小のサイズがあるのだけど、小さい方をもう1つ買おうとお店へ。そしたら、新製品らしい、持ち手のついたモノも売っていたのです。でも、お気に入りのグリーンはなくて、イエローとブルーのみ。他のモノは3色あるのに、新製品だけ2色なのです。お店の人に聞いてみたら「作ってない」とのこと。

 あぁ、ガックリ…。(T^T)グリーン系のキッチングッズ、Afternoon Teaでなら見つかると思っていたのに…。何だか裏切られたような気持ち。それでも、また、お店に行ってしまうとは思うけれど…。

2月9日
 お気に入りのうどん屋さんへ。
このうどん屋さんは、注文してから15分程麺を茹でる、本場の讃岐うどん顔負けの美味しいうどん屋さんなのです。「昔ながらのおやじさん」という感じの店主が切り盛りしている下町の小さなお店。でも、ガイドブックには必ず紹介されている名店なのです。何でも、近くに旅行に来た人達が団体で食べに来ることもよくあるとか…。

 家からちょっと遠いのと、下町の住宅地のど真ん中、しかも対向車が来ると脱輪の恐れがある道を通らないと行けないため、あまりちょくちょくは通えないお店。リーズナブルなお値段でボリュームたっぷり、メニューも豊富なので、近くだったら毎週通えるのになぁ。ちと残念。

 そこのおやじさんは、無類のレコード好き。スピーカーや針にもかなりこだわってます。店内に「要らないレコードがあれば持って来て下さい」との張り紙がしてあったので、もう聞いていないカーペンターズの2枚組みのLPを持っていったらすごく喜んでもらえました。旦那のモノポリーもそうだけど、宝物はホント人それぞれ。本棚の隅で忘れられていたレコード、聞いてもらえたらうれしいです。10年以上昔だけど、その時にはおこずかいを叩いて買ったレコードなので。

2月8日
 ネットで注文していたコーヒー豆が届きました。
送料がかかっても、近くのお店で買うより安いのです。今回はコーヒー豆の他に送料無料キャンペーン対象の品物も買ったので、何とコーヒー豆まで送料無料に。これはうれしい♪

 届いた箱を開けると、『コーヒー入りの特製カレー』なる妙なレトルトカレーが入ってました。山○珈琲オリジナルの商品だそう。「自信作です。是非お試し下さい」とのことだけど、一体どんな味がするのかしら? 一袋しか入ってなかったのだけど、旦那に「食べる?」って聞いたら、「そんな変てこりんなのはいらん」と言われてしまいました。私のお昼ご飯になりそうです。でも、ちょっと食べるのに勇気がいるかも…。

 関西電力の支払いが9月から、クレジットカードで支払えるようになるみたい。でも『JCB』のみらしい。確か東京ディズニーランドでも、使えるカードはJCBだけだったはず。我が家のカードはVISA。電気料金は毎月必ず払うものなのに。結構大きな金額なのにぃ。日本国内って、どうしてJCBがそんなに強いのかしらん。むかつく〜!

2月7日
 旦那は有給を取ってゴルフへ。
いつもの様に朝早くからいそいそとお出掛けに。今日はちょっと暖かかったので(京都は3月並みの気温らしい)、皮のコートじゃなくてニットのジャケットを着ようとしてました。

 そのジャケットを着た旦那「これなんかチンチクリンになってる。縮んだうんちゃう?」とブツブツ。それを聞いた私が「いや、服が縮んだのじゃなくて、旦那が膨らんだのと違う?」とひと言。何しろそのジャケットを着るのは2年ぶりだもん。この頃はフリースばかり着ていたからね。よーく見ると、ホントにかなり窮屈そう。はっきり言って「ピチピチ」って感じなのです。

 もう旦那が着れないのなら、私が貰っちゃおうっと。実は、色がキレイなので結婚直後から狙っていたのです。ラッキー♪

 旦那が出掛けた後、私はもう一度ベッドへ。次に起きたらお昼前。起きてご飯を食べ後に本を読んでいたら、またまたいつのまにか寝てしまっていました。慌てて起きて洗濯していたら、何と旦那が帰って来たのです。その時の時刻は3時。今日は起きてるより、寝ている時間の方が長かったかも…。(^^;

2月6日
 恋何のビデオと一緒に「ペンギンフィギアコレクション」も2箱貰ってしまいました。
ビスケットのオマケについている、リアルな海洋堂のペンギンくんがとってもキュート♪ このペンギンフィギア、全部で8種類あるのだそう。確か「シークレットペンギン」なるものもホンの少しだけあったはず…。発売されたのは知っていたけれど、見かけたことはありませんでした。

 ペンギンが好きな私は気にはなっていたけれど「全部集めるのは大変だものね」と、無理に探そうとはしていなかったのです。でも、根がコレクターな私。シリーズものでごく一部だけ持っている…というのはちと気に入らない。だけど、今ちょうど、家中にあふれている色々なモノを少しでも整理しようと、悪戦苦闘しているのです。雑貨類は、結婚直後と今では少し好みが変わってきているし、部屋のインテリアをすっきりさせたいし…。「全種類揃えたい気持ち」と「これ以上モノを増やしてどうするという気持ち」が葛藤している頭の中。あぅ。

 このお菓子、肝心のビスケットよりフィギアの方が話題になっているみたいだけど、小魚の形をしていてなかなか可愛い。昔懐かしいミルク味のビスケット。ペンギンのエサのつもりなのかしらん。

2月5日
 WingのTVコマーシャルを見ていて旦那がポツリ。
「寄せて上げるのはまだ許せるけど、シークレットブラはあかんよなぁ…」
それを聞いた私はドッキリ。だって、つい最近『ダイナマイトブラ』なる厚めのパットが入ったブラを買ったばかりなんだもの。(^o^;;

 少し前まで、私のバストはそんなに小さい方ではなかったのに…。(過去形になってしまったけれど(^^;) でも、太る→必死で体重を戻すということを繰り返しているうちに、どんどん引き締まったバスト&ふくよかなウェストという体型になってきたのです。あぅぅぅ。自分で言ってて悲しい。(T^T)

 せめて服を着ている時だけでも…と思う女心。男性には分かってもらえないのかしらん。だけど、どうして痩せる時は胸から痩せるのに、太る時はお腹からお肉がつくのかしら? 逆だといいのに…。

2月4日
 年末の旅行で最終回を見逃していた「恋を何年休んでますか」のビデオをネットの友達が送ってくれました〜♪
このドラマ、私にとってはかなり久しぶりにちゃんと見ていたドラマ。週に1度しか放送されないドラマはまどろっこしくて、大抵昼間の再放送で見ているのです。何と『眠れぬ森』以来。それなのに最終回が見れなくてガッカリしていました。

 帰国後、ビデオをチェックして気付いた時は、既に放送されてから2週間以上過ぎてました。「誰か録画したビデオを持っていないかしら?」と聞いてみたけれどダメでした。でも、すっかり諦めていた頃に「ビデオが出てきたよ〜」と連絡をもらえたのです。(^^)/

 金曜日に送ってくれたので「今日あたり届くはず」と朝からずっとポストを気にしていました。普段だとお昼過ぎには郵便が届くのです。それなのに今日に限って5時近くまで配達されませんでした。ビデオを手にした時は、そろそろ夕食の仕度をする時間。でも、続きが気になって見てしまいました。

 やっぱり有子は元のさやに戻ってしまったのね。中村トオルが嫌いな私は、元彼を選んで欲しかったのだけど…。ビデオと一緒に家族の写真入りの年賀状が同封されていました。メールで色々おしゃべりしていて親しみが湧いていたけれど、写真を見るとよりいっそう身近に感じられます。思わず「○○さーん」って声をかけてしまいました。(*^^*)

2月3日
 今日は節分。
なので、メニューは当然「巻き寿司にいわしの塩焼き」。 今年の恵方の北北西を向いて、巻き寿司を丸ごと1本、切らずにそのまま丸かじりするのです。そして、締めは福豆。自分の年齢の数だけ食べます。毎年毎年、個数が増えていくのが悲しいけれど…。

 この巻き寿司の丸かじり、関西独特の風習らしいのです。大阪出身の私にとっては、子供の頃から慣れ親しんだもの。だけど、旦那は結婚後初めて知ったのだそう。因みに、旦那は三重県出身なのです。

 巻き寿司を丸かじりする間は、ひと言も口をきいてはいけません。丸ごと1本全部食べ終わるまでは、無言なのです。今年の恵方の北北西は、食卓からはちょうどトイレのある向き。旦那と2人、無言でトイレを向いて巻き寿司を食べました。(^^;

2月2日
 旦那が突然「焼肉食べたいモード」に。
3日前の旦那の誕生日に何も特別なことをしなかったし、夕ご飯は焼肉へ決定。

 家の近所の焼肉屋さんが潰れていたので、別の焼肉屋さんへ。そしたら、何とそこも潰れてました。それぞれ、ラーメン屋と居酒屋に様変わり。どちらも庶民的なお値段のお店だったのに…。仕方なく、つい最近出来たばかりだけど、いつもガラガラの焼肉屋さんへ行くことに。「あそこも潰れてたりして…」なんて会話を車の中で交わしてました。

 そのお店はまだ潰れてませんでした。ドアには「営業中」の札が。でも、何とドアには鍵がかかっていたのです! 旦那が押しても引いてもドアは開きません。ドアをガタガタさせていたら、慌てて店員が飛んできました。やっと入れた店内は、暖房が効いてなくて寒い…。オマケにお客は私達だけ。

 牛肉の値段は下がっているはずなのに、ちょっと高めの値段設定。お肉の質は悪くはなかったけれど、立地条件からしても割高感あり。おしゃべりに夢中のやけにたくさんいる店員は、やたらとお皿を下げに来ます。他にお客はいないのだから、そんなに慌てなくてもいいんじゃない? あまりにもすることがないのかしら。潰れるのは時間の問題っていう雰囲気でした。お口直しのガムも貰えず、胡蝶蘭がやけにたくさん飾られていたお店を後にしました。お勘定は、いつものお店の2倍近い金額だったのに、カードが使えなかったのが悔しい〜。

2月1日
 1月分の家計簿を見てびっくり。
年末年始、旅行のために17日間留守にしていました。なのに、ガス代と電気代の12月分との差額は、たったの300円ちょっと。17日間ということは約3週間。ひと月の3/4。くどいようだけど、たった1週間分の料金のはずなのに、たったそれっぽちの差しかないのね。

 水道代は、日数分料金が少なめでした。ま、確かに年が明けてからの方が、寒さが格段に厳しいけれど…。フロリダ旅行では、予算がオーバー気味だったのに。家計簿をつけながらため息ついてしまいます。うーむ。(--;