嫁さん日記
<
[2002年1月]
>

1月31日
 昨日と今日、私は「インターホンが鳴ったらどうしよう」とドキドキしていました。
借金の取立てに怯えているわけではなく、お隣の奥さんが『ごみ当番の札』をヨロシクねと持って来たら…と不安だったのです。

 今の家の自治会では、ゴミ捨て場の掃除当番は1ヶ月交代! 当番の人は、3畳ほどのスペースのゴミ捨て場を水洗いして、ゴミに被せているネットをキレイに丸める…だけ。ただそれだけのことだけど、ゴミ捨てのルールを守らない人もいるし、ネットはかなり大きめで、端には重りの金属棒が付いていて重い。しかも、この時期触ると冷たいし…となかなか面倒なのです。寒さが厳しいこの季節、出来る限り外には出たくないのよねぇ…。前回は去年の4月でした。回覧板と違う順序で回ってくるため、次がいつなのか予想がつかないのです。

 「あぁお願い、2月が私の順番ではありませんようにっ!!」と天に祈りたいような気分の2日間を過ごしてました。夕方、通販のカタログが宅配便で届いた時には、「あ〜ぁ、とうとう来たか…」とかなりブルーな気分で対応してしまったくらい。でも、ホントに順番が回ってこなくて良かった〜♪

1月30日
 今日は旦那の誕生日。
なのに、結婚以来最大の大ボケをしてしまいました。お弁当のメインのおかずを詰め忘れてしまったのです! 粗熱が取れたら詰めよう…と思ってそのまま。他のおかずが干からびないように蓋をしていたから、気付かないで旦那に「ハイ」って持たせてしまったみたい。

 フライパンを洗おうとして、お弁当箱に収まっているはずのものが、キレイに並んでいるのを見た時のショックといったら…。(^^;;;
慌てて旦那にメールしました。「お弁当のおかずを詰め忘れたから、お昼は食堂で食べてもいいよ」って。

 結局、旦那はお弁当を食べてきてくれました。旦那には、おかずを入れ忘れるよりも、おにぎりの海苔を入れ忘れる方がショックが大きいらしいのです。私にとっては、海苔よりもおかずがない方がショックなんだけどな。「塩むすび」といって、海苔をつけない、塩だけのおにぎりもあったはずなんだけど…。

 誕生日といっても、夜ご飯は普通のメニュー。でも、それではあまりにも寂しいので、ブラウニーを焼きました。チョコレートは旦那の好物なので。だけど、旦那が食べたのは一切れだけ。残りは全部私が平らげてしましました。

1月29日
 今日のメニューはおでん。
でも、こんにゃくを買い忘れたことに気付きました。週末に1週間分の食材を買出しに行くので、前もってメニューを決めておいて、必要なものをメモしておくのです。それを見ながら買い物すれば、買い忘れはなし!

 ところが、買い物している最中に、旦那が「おでんが食べたい」と言い出したのです。それならば…と、急遽おでんに必要な材料もカゴの中へ。でも、突然のメニュー変更だったため、こんにゃくを買い忘れてしまったのです。家から歩いて5分の所に小さなスーパーがあります。でも、外は寒い。おりしも寒波襲来で北風ピューピュー。恐る恐る「こんにゃく抜きのおでんでもいい?」と聞いてみました。旦那の答えは「No」。あぁ、やっぱりね…。(T-T)

 仕方ない、買いに行ってくるか…と暗くなっていた私は、ついつい「垣根の垣根の曲がり角〜北風ピューピュー吹いている〜♪」という歌を口ずさんでました。外に行きたくないよォォという私の心の叫びのような歌。それを聞いていた旦那、歌い終わった瞬間に苦笑いしながら「行っておいで」とひと言。読まれていたか…。(^^;;;

 諦めて、1番気温の高そうなお昼頃にスーパーに行ってきました。風が強くて冷たくて、目からは涙がこぼれてきました。でも、やっぱりおでんに入ったこんにゃくは美味しい!

1月28日
 オーブンレンジのターンテーブルを見ていたら、あることに気付きました。
使うたびに、ターンテーブルの回る向きが変わっているのです。取り消しボタンを押さずに、時間を追加した場合には、その前の時と同じ方向に回ります。でも、調理が完全に終った後や1度取り消しボタンを押してからまた温めなおしたりすると、逆向きに回ってるのです。

 今のオーブンレンジを使い始めて5年以上になるけれど、全然気付きませんでした。ターンテーブルの回転軸が傷むのを防ぐためにそんな仕組みになっているのかしら?

 旦那にそのことを話すとびっくりしてました。やっぱり、普通は知らないのかな? 確か、今はレンジでの調理時間が終っても、ぐるりと回って最初の位置まで戻ってからターンテーブルが止まるタイプの機種が出ているはず。「それってすごく便利だよね〜」と言うと、そのことでも、またまた旦那はびっくりしてました。「それは特許やで」って。

 そんな些細なことでも特許になるのねぇ。主婦のアイデアって意外と企業にとっておいしいかも…なんて思ってしまいました。私は、ターンテーブルが最初の位置まで戻って、しかもオーブンの天板が2枚同時に調理できる、大きなオーブンレンジが欲しいのです。でも、今のが壊れなきゃ買い替えしないって言われたし…。実家にあるオーブンレンジは、20年以上前のだけどまだまだ健在だもの…。

1月27日
 今日一日、旦那は筋肉痛で動くたびに「うぅぅッ」とか「うぉぉッ」などとうめき声をあげてました。
隣で聞いてるとちとウルサイ。体の動きもロボットみたいにぎこちないし…。

 朝、服を着替える時、靴下を履くのがかなり大変そう。見るに見かねて履かせてあげました。こんなことは結婚後初めてかも。人に靴下を履かせてあげるのって意外に難しい!

 旦那の会社で、奥さんに毎日靴下を履かせてもらうって言う人がいるのだけど、時間がかかってかえって面倒なのでは? 割と年配の方なのだけど、そうやって「俺が一家の大黒柱なんだゾ」とアピールしているのかしらん…。

1月26日
 旦那は朝の3時に起きてスキーへ。
スキーをしない私はお留守番。寒い所は苦手なのです。

 先々週末のスキーは風邪で、先週のゴルフは雨でキャンセル…と、楽しみにしていたことが2週続けてダメになっていた旦那。スキー板にワックスをかけている時もウキウキしてました。でも、昨日の夜になって手袋がないことに気付いたのです。クローゼットをあちこち探してもない。記憶をたどってみると、どうやら去年のシーズンの終わりに捨てちゃったみたいなのです。

 で、そのことを思い出したのは昨日の夜。気付いたのが7時前だったので、慌てて近くのスポーツショップに買いに走ってました。小さなお店なので、品揃えが悪く選ぶ余地がなかったみたい。それでも、定価1万9千円のを2900円で買ってきてました。「安く買えたで〜」と言ってたけれど、その値札、どこまで信用できるのかしらん。(^^;

 一応、旦那が家を出る時に私も起きたけれど、勿論またすぐに寝ちゃいました。次に起きたら11時前。洗濯をして掃除をして…と平日モードの私。おまけに昨日、スキーウェアに防水スプレーを吹きかけてたら、だいぶ吸い込んじゃったみたいで、またまた頭痛が…。旦那はスキーだけでなく、帰りに温泉にも寄っているのよね。いいなぁ。明日は何か美味しいものでも食べに連れて行ってもらおうかなぁ…。

1月25日
 またまた世間を騒がせている雪印。
前回の食中毒騒ぎの時は、シアトルにいたのであまりピンときませんでした。でも、今回のはもっとヤバクない?

 実は、ちょうど今、雪印食品のある商品をあちこちのお店で探していたのです。それは「ふっくらもちもちホットケーキミックス」。遠出した時に寄ったお店で、たまたま見かけて買ったホットケーキミックス。美味しかったのでまた買いたいと思ってるのに、近所のスーパーでは見かけないのです。

 見かけはごく普通のホットケーキミックス。でも、ハワイの有名なエッグスン・シングスのパンケーキのようにもちもちしててホントに美味しい! 癖になる食感なのです。お餅やポンデケージョなど、もちもち系が大好きの私。「また食べたい〜」と実家の母にまでお願いしてました。

 そんな時に今回の事件。母に電話で頼んだのは、事件が発覚した日。次の日に母が実家の近くのお店をいくつも回ってくれたけれど、どこにもなかったそう。その日の夕方のニュースでは、店先から雪印食品の製品を撤去する旨が伝えらえてました。あぁ、何てタイミングの悪い…。しばらくお目当てのものは見つけられそうにありません。(T^T)

1月24日
 弟が海外旅行に行くことになったので、スーツケースを借りに来ました。
母も一緒に3人でランチ。スポンサー付きなので、ちょっとリッチなランチを…などと企む私。お昼になると行列の出来ているイタリアンレストランへ行くことに。

 実は、そのレストランは因縁のレストランなのです。去年の春先、そのお店でランチをしようと出かける準備をしていたら、洗面所でぎっ○り腰になってしまったから。かなり痛みがひどくて救急車のお世話になる始末。私にとっては鬼門だったのです…。(^^;;
でも、思い切って行ってみたら美味しかった♪ 12時ちょうどにお店に着くと、満員でしかも5組も待ってました。平日の田舎のお店にしてはすごい込み様。気になるメニューがいくつもあるので、今度は旦那と行きたいなぁ。

 お腹がいっぱいになって、幸せな気分で帰宅。ポストを覗くと、とうとう来てました。私が密かに地獄の使者と名付けていたカードの請求書が…。今回は何と明細書が4枚! 3週間のフロリダ旅行で使った分が、1度にぜーんぶ請求されていました。しかもレートは、1ドル133〜135円台。あぅぅぅ。1ドル80円台だったころが懐かしい…。

1月23日
 旦那自作の検索エンジンmsearch。
つい先日、最新バージョンを公開する前に、β版のテスターを募集してたみたい。そしたら何と、遠く台湾からも名乗りをあげてくれたのです。これには旦那もびっくり! いつのまにそんなグローバルな検索エンジンになったのォ?(ちと大げさ…(^o^;;)

 そのことを聞いた時に「台湾へは行ったことがないのに、msearchに負けた」と私が呟いたら旦那に受けてた。その台湾の方のHPは書店関係らしい。らしい…というのは中国語で書かれていて意味不明だからなのです。可愛らしいアイコンが使用されていて、オルゴールの音楽が流れているHP。ひとことに「漢字」と言っても、日本の漢字とは全く異質のもの。意味が理解できないのが残念!

1月22日
 「Martha Stewart Living」というアメリカの雑誌が私のお気に入り。
この雑誌は、アメリカのカリスマ主婦、マーサ・スチュワートさんによる料理やインテリア、雑貨の生活実用マガジン。季節感を取り入れたクラフトなどが楽しめるのです。日本でも、去年の12月から彼女の季刊誌が発行されるようになったけれど、内容的にはイマイチ。やっぱりアメリカ版がダントツにいい!

 是非とも毎月読みたくなったので、あちこち探してみました。でも、レシピやウェディングなど、内容別にまとめられた本はあっても、毎月発行される雑誌は扱っている所がほとんどないのです。ようやく見つけたところは、本を買うのに会費が必要。入会時にのみ払えばいいのだけど、他のオンラインブックショップは無料なのにぃ…。他に扱っている所がないからって、足元見てるなという感じ。

 しかも年間購読の受付は、半年に1度だけという殿様商売。今申し込んでも、7月号からしかダメなのです。それまでは、毎月毎月申し込んで下さいとのこと。アメリカ在住のネット友達が「送ってあげようか?」と言ってくれたのだけど、毎月毎月だと申し訳ないし。アメリカの郵便局っていつも行列が出来ているのです。銀行は不思議といつ行ってもガラガラなのに…。送料も結構かかっちゃうしね。

 本の年間購読をしたことがないけど、国内の本でも同じなのかしら? 「あんまり親切じゃないわよね」と思いながらも、申し込んでしまいました。(結局負けてる?(--;) ま、月に一冊でも英語の本を読むのはいいかなと。興味のある内容じゃないと続かないんだもん。私の探し方が悪いのでなければいいんだけれど…。

1月21日
 旦那は会社を休んでゴルフに行くはずでした。
なのに雨。しかも、雷強風波浪警報が出るくらいの大荒れの天気。この時期にしては珍しいくらいの雨だそう。今回は会員制のゴルフ場で、しかもキャディさん付きでコースを回る予定だったみたいなのに…。

 6時半頃、取り合えずレインコート持参で家を出発しました。旦那が出掛けた途端に雨が激しくなったので、「中止にして帰ってくるかな?」としばらく起きてました。1時間経っても起きてこないので、もう一度寝るつもりでベッドへ。そしたら旦那が帰ってきました。やっぱり、あまりにも雨がひどいのでキャンセルしたみたい。一緒に行くはずだった同僚達は、今日はそのまま休暇にしたようだけど、旦那は出勤。年末年始に3週間も休暇を取ったばかりだもんね。ご苦労様〜。

1月20日
 いなり寿司用のアゲを買おうと豆腐売り場へ。
最初は、調理されていない薄アゲを買うつもりでした。でも、あれこれ値段をチェックしていると、ふと気付いたのです。甘辛く味付けされたアゲの方が安いことに…。

 調理済みのアゲは、4人分が一袋になっているので、夫婦2人の我が家にはちょっと多い。でも、半分ずつ真空パックになっているし、賞味期限はひと月後。どうしようかなぁ…と一瞬迷ったけれど、調理済みのを買っちゃいました。

 隣にいた旦那に「手抜きしたな」って言われるかなと心配になって「調理する手間と光熱費、調味料も節約できるでしょ」と言い訳する私。旦那は「何も言うてへんやん」って苦笑いしてたけど…。でも、ホント不思議と言うか、便利な世の中ですこと。

1月19日
 昨日片づけをせずに寝てしまったので、キッチンは散らかったまま。
夕ご飯の仕度をしている時に、突然頭痛信号が…。でも、食事前なので薬を飲むのを我慢してたら、立ってられないくらいの頭痛に襲われたのです。時計の秒針の音さえも割れ鐘のように頭に響くくらい。で、慌てて薬を飲んでそのまま寝てしまいました。当然、起きたらキッチンには汚れた食器が…。寝起きにコレは、頭痛と同じくらい嫌かも。(T^T)

 旦那が中古のクラブを買いに行くのにお付き合い。本屋さんに行きたい!と言ったら、その前にゴルフクラブのお店に寄られてしまったのです。店内にはソファーと雑誌があって、待っている間も退屈しなくて快適快適♪ 「ご自由にお食べ下さい」とキャンディまで置いてありました。純露(字は合ってる?)を見つけて、思わず3つも食べてしまいました。2つは待ち時間に、最後の1つはお持ち帰りまでして…。(^^; 那智黒とかゴマ飴とかちょっと渋い味が好きなのです。普段はあまり買わないので、ついつい食べ過ぎてしまいました。

1月18日
 最近、週に1〜2度、我が家に不動産からファックスから電話が掛かってきます。
我が家にはファックスはありません。おまけに相手先の番号を通知するディスプレイもなし。なのに、どうして不動産会社から掛かってくるのかが分かるかというと、次の日に必ず不動産会社から郵便が届くから。

 買う気はまったくないのに「いつか買うときのために…」とレジャー感覚でモデルルームめぐりをしている私達。不動産会社で書かされるアンケートにファックス番号は書きません。ま、書きたくても書けないんだけどね。

 モデルルーム見学後は電話攻撃。きっぱりと「買いません」と断った後は手紙攻撃。その頃から、間違いファックス電話が頻繁に掛かってくるようになったのです。掛かってくる時刻は、決まって夕方の6時から7時の間。ちょうど夕食の仕度をしている頃なので、その間違い電話はちと迷惑。

 旦那は毎日帰るコールをしてくれるので「あら、今日は帰ってくるのが早いのね」と思いながら電話に出ると「ピーッ、ピーッ、ピーッ」と耳障りな電子音が…。手が汚れている時などに、慌てて洗って電話を取ってその音が流れてると、かなり腹が立ちます。送られてくる情報は変わり映えしないもの。全く同じ内容のものが続けて送られてくることもしばしば。もし、ファックスを持っていたら、受信用の紙やトナーもかなり無駄になるわよねぇ…とセコイことを考える私。今は印刷する前にディスプレイで確認できたのだっけ?

 そのことを旦那に話したら「大丈夫。そういう場合には、1度相手に警告して、それでも尚、送り続けてくるようだったら不法侵入で訴えられるから」という答えが返ってきました。ふーん、そうなんだ。じゃ、相手に苦情の電話を入れて「次にこういうことがあれば、あなたを訴えますよ!」なんて言えばいいのかしらん。なんか相手を脅迫してるみたいよね。でも、覚えておこうっと…。

1月17日
 昨日注文した通販化粧品が届きました。
TVでCMをよく見かける『ド…』。箱をそのまま置いてたら、旦那が見つけて「おっ、もう来たんか。早いなぁ」と感心してました。午前中に頼むと、翌日の昼には届いちゃうのだから、確かに早いかなぁ。ホントはあと2〜3日早めに注文したかったのだけど、カードの締切日を待っていたのです。来月のカードの請求は、おそらくフロリダ旅行で使った分がほとんど請求されると思うので…。(^^;;

 使い始めて1年ちょっと。あれこれ化粧品ジプシーを続けていたけれど、今は落ち着いてます。しばらく浮気はしなさそう。買った化粧品に応じて貯まるポイントで貰える、パックやボディケア用品もお気に入りなのです。なかなかポイントが貯まらないので、少しずつしか貰えないのだけど、市販の物よりいい感じ。もう少しお値段が安ければ、クレンジングや洗顔ソープも使いたいのだけどな。今のところは、まだ基礎化粧品だけで我慢しているのです。

 10年後のお肌に違いが手でくれることを祈るばかり。でも、こればっかりは、その時になってみないと分かんないし…。

1月16日
 旦那が免許の更新のために会社をお休み。
今住んでいる町には警察署がなく、京都府の運転免許試験場まで行かないとダメなのです。

 9時半からの講習に参加するために、いつもよりも早めに家を出ました。行きは2時間近くかかったけれど、帰りは1時間で帰って来れたようで、12時には帰宅。これなら半休で良かったのでは? 旦那には、もう会社に行く気は全くないみたいだったけれど…。つい先日、あまり関わりたくないプロジェクトのことで、上司に「ヨロシクね」と言われたみたいなのです。そのことは年賀状でもチラッとほのめかされてました。とうとう直接言い渡されて、旦那はブルーになってました。何でも「タバコでも吸いに行かない?」と声を掛けられたらしい。上司からそんな風に声をかけられる場合は、あまりいいことなさそう…。(^^;

 平日の昼間に主婦向けのお昼の番組を見ながら、旦那とご飯を食べてるのってすごく変な感じ。思いがけない2人での午後タイムは、買ったままで見ていないDVD、「ダーク・エンジェル」を見ながら過ごしました。

1月15日
 お年玉くじのチェックをしました。
抽選日の13日にチェックをしようとしたのです。でも、HPではまだ当選番号が発表されてませんでした。よーく考えてみれば13日は日曜日。公務員が働いてるわけないわね…。

 チェックの結果、切手シートを4枚ゲット。4等の切手シートは3つの当選番号があったけれど、4枚とも全て同じ番号で当選してました。1等とまで高望みはしないけれど、ふるさと小包くらいゲットしたかったなぁ。毎年そう思い続けているのだけど全然ダメ。ま、去年は切手シートすらゲットできなかったから、まだマシなんだけど…。

1月14日
 朝、珍しく旦那が先に起きました。
そしたら洗面所で何か叫んでます。どうやら洗濯機が水漏れしたみたい。うちの洗濯機置き場には防水パンがないのです。多分、見かけを重要視した家の持ち主が、床にそのまま洗濯機を置くようにしたみたいなのです。

 洗濯機を買って運んでもらった時に、電気屋さんに「洗濯が終ったら、必ず水道栓を締めておいて下さい」と言われてました。毎回、洗濯のたびに締めるようにしてたけれど、昨日はうっかりして忘れてたみたい。洗濯機の周りには大きな水溜りが出来てました。旅行の前じゃなくて良かった。3週間も放置してたら、床下まで水が浸透してたかも…。やっぱり防水パンって必要なのね。

 風邪、旦那は回復。天気がいいので、いそいそとフロリダで仕入れてきたモノポリーをHPにアップするための写真撮影をしてました。私はまだ不調。微熱でヘロヘロ。でも、食欲がないので痩せるかも?!

1月13日
 この日も2人仲良くダウン。
旦那は日帰りでスキーに行くはずだったのにキャンセル。琵琶湖バレーだと雪質が良くないなどと言ってたけど、傍から聞いてるとやせ我慢?!

 暖房の入った部屋でホットカーペットのから離れず、ゴロゴロと1日パジャマで過ごしました。食べたものはお粥のみ。でも、私が「折角の連休なのに、スキーに行くはずだったのに残念だったね」というと、旦那は「そんなことないで。有意義な1日やった」なんてのたまうのです。旦那にとっては、パジャマのまま、1日なーんにもせずに過ごすのが1番うれしいらしい…。寒い冬はそれもいいかもね。でも、お腹は空くからご飯は作らないといけないのよね。パジャマでいると外に食べに行くのも面倒だし。これからは何もせずパジャマで過ごす週末のために、金曜日に前もって週末のご飯を作っておこうかな。温めるだけでOKのメニューを色々探してみなきゃ♪

1月12日
 食料品を買出しに行った後、旦那と共に風邪でダウン
もともと私が風邪をひいてたら、治る前に旦那に移っちゃったみたい。2人一緒に体調を崩すのは困っちゃう…。

1月11日
 旦那が12月分の給料明細を持って帰ってきました。
会社から印刷されたものを貰えないので、各自で印刷しなきゃダメなのです。12月といえば年末調整。還付があるうれしい月♪

 なのに明細を見ると、還付の金額がいつもより1桁少ない…。何故?去年は何か我が家に関係するような改正があったかしら? 加入している保険も変更はないんだけど。月々の源泉をチェックしてみなきゃ…。の年末調整だわ。

1月10日
 保険のおばちゃんから宅急便が届きました。
つい最近、保険内容の変更をしたのです。「保険の外交員ってホントにマメねぇ…」と思いながら中身を開けると、図書券2千円分と本物の卵そっくりの消臭剤入りの置物、会社のロゴ入りのだっさーいタオル(トイレで使うにしても裏返したくなるような模様)にお煎餅などが出てきました。

 図書券はラッキー♪と喜んだけれど、お煎餅は何と賞味期限があと5日。これっていつ買ったものなの? かなり粉々に砕けているものもあって、買ってからの時間の流れを感じさせます。ま、賞味期限内なら湿気てはいないわよね…。

1月9日
 ちょっとうれしかったこと♪
ポムがヒーターの上でお腹を上に寝ていたのです〜。

 ハムスターをいっぱい飼っていた友達や獣医さんにも「そういうハムスターは珍しい」と言われてました。ポム1世がそうやって冬中ヒーターの上でお腹を見せて寝ている姿を眺めてると、「気を許してるのねぇ」と1人ニヤニヤしていたのです。でも、ポム1世が☆になった後、我が家にやって来たポム2世は、ヒーターを出してしばらくしても全然お腹を見せて寝る気配がありませんでした。

 「あれはポム1世だけなのね」とがっかりしていた私。今日、その現場を発見した時はものすごくうれしかった〜♪ 

 TVでマイカルの8割引セールの様子を見てました。開店前からすごい行列。インタビューされていた主婦らしい女性のコメントを聞いていて、ちょっと嫌な気分に…。その女性は「これからもこういう倒産セールがまたあるかなとちょっと楽しみなんです」などとうれしそうに話していたのです。そんな暢気なこと言ってていいのかなぁ…。「あなたの旦那さんの会社は大丈夫なの?」と突っ込み入れたくなった私。このご時世、どの会社の業績も良くないのでは? 明日は我が身。他人事と笑ってられないような……。

1月8日
 北風ピューピュー。
地球温暖化なんて嘘でしょ?っていうくらいの寒さ。新聞を取ってない我が家、今日はTVガイドの発売日。でも、どうしても外に出て行く気になりませんでした。

 夜、帰るコールの時に旦那が「今日、TVガイドの発売日やろ。買いに行った?」と聞くではありませんか! よ、読まれていたのね〜。(^o^;;;
「だってTVガイドがなくても生活していけるし…」と答える私。TVガイドは、会社帰りの旦那がコンビニで買ってきてくれました。

1月7日
 部屋の中はモノでいっぱい…。
旅行で買ってきたもの、旦那と私、それぞれの実家で貰ってきた物が山のように置いてあって完全にキャパオーバー。洗濯用の洗剤なんて10箱もあるのです。貰える物は「要りません」なんて言うはずもなく、全てありがたく頂いてくる私。しばらく洗剤に天ぷら油、ツナ缶に海苔と椎茸とサランラップには困らなくてすみそうです。

 でも、ひとつ困ったこともあるのです。旦那の実家で頂く野菜は、義母が近くの農家から分けて貰った無農薬野菜。新鮮なのだけど、それ故にもついているのです。白菜、チンゲン菜、葱などが入っているビニール袋を恐る恐る覗くと、葉っぱには無数の穴が開いています。袋からは不穏な気配が漂ってくるし…。(虫嫌いの私は、ある種のセンサーを内蔵しているのです(^^;)

 半日悩んだ結果、野菜をみんなグッバイフォーエバーすることに。明日は燃えるごみの日。もったいないし、義母には申し訳ないけれど、どうしても料理できないのです。旦那にそのことを報告したら苦笑いされました。怒られないでよかった。(-o-)

1月6日
 旦那の実家へ。
嫁としては、出来る限り近付きたくない場所だったりして…。なはははは。でも、ま、年に1度の顔見せを…。泊まりもせずに日帰りだし。義妹夫婦に2歳になる子供がいるので、かなり賑やかでした。子供が苦手な私としては、日帰りが精一杯なのです。

 帰省のたびに高級松阪肉をご馳走になります。実はこれがあるから帰っていたりして?! 狂牛病騒動のために、松阪肉の本拠地でも牛肉の売れ行きは全然だとか。地元でも1、2を争う名店でも品揃えが薄く、しゃぶしゃぶ用のお肉は手に入らなかったそう。かなり厚めのお肉でしゃぶしゃぶをする羽目に…。あれは焼肉用だったような?

 結果、お肉は何でも分厚けりゃいいというものでないことが判明。みんなで「お肉が分厚すぎて変な感じだね」などと、何とも贅沢な文句を言いながら食べてました。フロリダでも、チキンにターキー、ポークがほとんどで、ビーフはあまり食べなかった私達。旦那は「肉が食べたい!」とブツブツ言ってたので、満足だったのではないかしらん。狂牛病はどこ吹く風の我が家だけれど、スーパーの肉売り場では鶏と豚がほとんど。しばらく牛肉が食卓に登場しなくても文句は言わないかぁ?

1月5日
 ポムを引き取りに実家へ。
ネズミ嫌いの母は私達の来るのを待ち望んでいるはずなのです。ポムに向かって「お父さんとお母さんが来たで」と話し掛けてます。いつのまにか勝手に『チュー太』と呼んでいたらしい。ホントにネズミ嫌いなの? 3週間も世話をしていたら情が移ってきたのかしらん。『チュー太』という名前、どこかで聞いたことあるなぁと思っていたら、私が子供の頃ヌイグルミにつけていた名前かも…。(^^;

 久しぶりに対面するポム。ちょっと太ってるような? 毎日ペレットを1つにひまわりの種を2つと言ってたけれど、これはそれ以上にエサをあげているとみた。ま、カリカリとひま種を食べる仕草は可愛いので、仕方ないかもしれないけれど…。ネズミ嫌いの母も結構ポムのことを気に入ってるのではないかしらん。これからも旅行の時は預けやすくなるかな?

 ポム1世は夏休みに9日間実家に預けていたら、私のことをすっかり忘れてしまっていたので、ポム2世もそうだとばかり思ってました。でも、エサをあげようとしたら何のためらいもなく手の平にちょこんと乗ってくるのです。オマケに大人しくそのまま手の平に座ってひま種を食べてました。恐る恐る背中をなでても全然平気。あれぇ? うれしいんだけど、ちょっと不思議。もしかして、ポム2世は母と私の違いを認識していないのかしらん。それはそれでちょっと寂しいかも…。

1月4日
 飛行機が予定より1時間遅れで関空に到着したため、リムジンバスにタイミングよく乗れず、1時間も待つ羽目に…。
フロリダ帰りに日本の寒さは身にしみます。飛行機に乗ってる間、タバコが吸えなかった旦那は、スパスパと立て続けに吸いまくってました。

 拍子抜けなことに、税関のチェックは素通り。これから飛行機に乗るっていうのならともかく、入国審査はそれ程神経過敏になってないのね。こんなことなら生キーライムをスーツケースに忍ばしてくれば良かったと後悔。マイアミで飛行機に乗ったのは1/3の早朝。でも、時差があるために関空着は1/4の夜。お節もお雑煮もなかったお正月。空港で流れていた琴の音楽が、唯一「お正月」を感じさせてくれました。

1月3日
 朝6時にチェックアウト。
何と5時起き! デトロイトでのトランジットは2時間待ち。行きの地獄の8時間待ちに比べると余裕だけど、帰りはエコノミークラス。ラウンジは使えないし、13時間もの長いフライトを考えると気が重くなります。

 レンタカーを返した時にアクシデント発生。といってもたいしたことではなく、私が開いたままの車のドアに目をぶつけてしまったのです。振り向きざま、前をよく確認せずに歩き出したので『ゴンッ』と派手な音をさせて、メガネごと右目を強烈に打撲。側にいた係員が「I'm sorry,ma'am」とびっくりして飛んできました。まぁ、私の不注意が招いた結果なのだけど、その時の旦那の言葉にムッとしてデトロイトから飛行機に乗ってしばらく経つまで、ずーーーーっとブーたれていました。

 だって、目をぶつけた衝撃で流れる涙をハンカチで必死に押さえてるのに、旦那は「これで奥さんも周りを確認せずに歩き出すのはやめるやろ」なんて言うんだもん! そりゃ、今回のことは私がぼんやりしていたのが悪い。だけど、メガネにひびが入るくらい激しくぶつけて泣いている人に向かって言う言葉? ホントにひどくぶつけたみたいで、瞼をすりむいて血までにじんでたのに…。いくら正しい事だって、言うべきタイミングがあるんじゃないと…。

 旦那の名誉のために言っておきますが、言い過ぎたと反省した(らしい?)旦那は、その後カフェで氷を貰ってきてくれました。でも、ひと言多いよ〜。そういうお説教めいたことは、ショックが落ち着いてから言って欲しい。ま、私もこれから注意するようにするけどさ。GWのハワイ旅行では、最終日、空港に向かう直前に車をトーイングされたっけ。今回は何もなく無事に空港へ行けるわ…と思った矢先のこの結果。旅行中は最後の最後まで気を抜いちゃダメみたいです。

1月2日
 明日はとうとう帰国。
朝早くのフライトなので、実質旅行ラストの日。予定していた日程を全てクリアしたので、今日はのんびり。旅の最後を飾るにふさわしく、ジョーズでリッチなランチをするのです。10月から5月までの期間限定営業のストーンクラブのレストラン。滅多に行けないけれど、大阪のお店は私のお気に入り。ストーンクラブは勿論のこと、デザートのキーライムパイも食べ比べてみたいのです。

 11時過ぎに着いたのだけど、ランチは11時半から。中庭でしばらく待ってたのですが、黒服のボーイさんやバレットパーキングの係員がウヨウヨ。かなり高級な感じで、夜はちゃんとした服装でなければ、とてもじゃないけど入れなさそう…。日本のお店よりかなり高級な雰囲気なのです。私達以外にも何組か待っていたのですが、11時半直前になるとワラワラと人がやってきました。席に通されてふと見てみると、ウェイティングバーにも入り口にも人が一杯。少し遅れたらかなり待たされていたかも。早めに来ててよかった〜。

 奮発してストーンクラブも大き目のものをオーダー。お値段は「時価」で、市場価格によって変わるのでしょう。メニューの価格欄も印刷ではなく、毎日数字が入れ替えられるようになってました。新鮮なストーンクラブは美味♪ 楽しみにしていたキーライムパイも、日本のと同じ味。ただ、ホイップクリームは軽くて口溶けがよく、アイスクリームみたいでした。日本のは普通の生クリームなのだけど、こっちの方がパイに合ってるかも。生クリームが苦手な旦那ですら、ボリュームのあるクリームを全部平らげてたんだもの。

 お腹がいっぱいになった後、伝票を見てチップの計算をしながら、「うーむ」と唸ってしまいました。チップは食事の値段の何パーセントかだけど、これって納得出来ないというか、システムとして変じゃない? だって、リッチな食事をすればする程、チップの値段はどんどん跳ね上がってしまうのだもの。食事の額で計算するのではなく、人数で計算する方が理にかなっているような…。10ドルの料理と100ドルの料理を運ぶのに、それ程労力の違いがあるとは思えないのです。なんて、たまーにリッチな食事をしたら余計なことを考えてしまいました。

 腹ごなしにマイアミビーチをぶらぶら。パーキング探しが大変でした。寒い中泳いでいる人もいてびっくり。やっぱり白人は寒さに強いのかしら? 浜辺に打ち上げられていた青いクラゲが妙に印象に残っています。

1月1日
 最終目的のビスケーンNPへ。
元旦の朝でも結構人が集まってました。エリオットキーへ上陸したかったのだけど、キャンプのみ。ディキャンプはなしなのだそう。うーん、残念。(T^T)
仕方なくグラスボトムボートツアーに参加。この旅行で4回目のボートツアー。さすがに飽きてきました。何とこのボート、グラスボトムと言っても、船の底に座るのではなく、デッキから船底のガラス部分を覗くのです。ちょっと興醒めって感じ。紫と黄色のサンゴ、熱帯魚などを見ることは出来たけれど、マナティには会えませんでした。レンジャーから「昨日は見れたのだけどね」と聞きガッカリ。

 このNPは付近の住民の憩いの場って感じでした。海岸沿いを散歩していると、釣りをしている人やボート遊びをしている人をたくさん見かけました。砂浜がなく、石がゴロゴロしている岸辺からすぐに海になっているので泳ぎにくそう。でも、近くにこんな無料のNPがあるなんて、ちょっと羨ましかったです。

 その後はモールでお買い物。旦那はキプリングでリュックを買うと息巻いてるのです。キプリングの直営店で、普段は見かけないたくさんの種類のバッグを見て悩みまくる旦那。お目当てのリュックだけではなく、カメラバッグにデジカメバッグ、そしてポーチとあれこれ買い捲ってました。私はと言えば、旦那のパワーに押されて大人し目。シルバーの紅茶が入っていそうな缶だけをゲット。本当は時計用のケースみたい。でも、缶だけでも売ってもらえました。お値段は5ドル。うーん、安いのか高いのか、微妙なお値段。でも、キレイな缶やビンに弱い私。他に欲しいバッグもなかったし、旦那ばっかり買い物しているのが悔しくて買ってしまったのでした。

 あと、お店の人が販促用らしいキプリングマークのシールもプレゼントしてくれました。ちょうどCDくらいの大きさのシール。店先に並べてあるのを見て、「これ何?」と手に取って見ていたのです。ふと隣を見ると、何と旦那も同じことを…。もの欲しそうに見えたのかしら? 「プレゼント」と言って1枚わたしてくれたのでした。(^^;;