嫁さん日記
<
[2001年11月]
>

11月30日
 またまたクロワッサン作りにチャレンジ。
前回は手持ちのいくつかの本の中から、一番お手軽なレシピで作ったのです。でも、今日は一番本格的なレシピで作ってみました。(極端から極端へ走るタイプ(^^;;) そしたら不思議なことに、今回のレシピの方が作り易いのです。ま、作るのも2度目ってこともあるのかもしれないけれど。ふと、父親の「料理をする時は手を抜いたらあかんのや」って言葉を思い出しました。私は父に料理を習ったので…。

 シートバターを生地に折りこむ作業も不思議なくらい順調にいきました。1ヵ所だけバターがはみ出そうになったけれど、前回のようにあちこちからブチューと出てきて収拾がつかないってことはありませんでした。ホント不思議なくらい順調に生地作りが出来たのです。

 でも、上手くいったのがかえってアダになったのか、旦那の帰宅時間よりもかなり早く出来上がりそうになりました。夢中になって作っていたので、気付いたのは2次発酵をさせている時。2次発酵後焼くまでに、1時間程そのままにしておいたら膨らみすぎてしまいました。いやーな予感を抱えたまま焼くと、思った通りちょっと巨大化したクロワッサンに…。あぅ。またまた成功とは言えないかも。

 ドキドキしながら食べてみると、外側は一応サクッとしています。でも中はしっとり。どうしてサクッと軽い食感のクロワッサンにならないのかしら? 次回はもう少し焼き時間を長くしてみようかな…。旦那には一応「おっ、クロワッサンっぽくなってるやん」とは言ってもらえましたが…。 

11月29日
 本棚の整理がようやく終りました。
3日がかりで4つのスライド式本棚の本を全部出して並べなおしたのです! あぁ、疲れた…。

 本は、去年の引越しの時に旦那が『テキトー』にとりあえず詰め込んでくれたままだったのです。典型的O型のアバウトな旦那が、手当たり次第に並べていった本。どうしてこうなるの?っていう順番に並んでました。去年の引越しは、アメリカから日本への海を渡っての引越し。荷物は一度に運ばれるのではなく、航空便、船便、倉庫に置いていた荷物と順々に来たのです。それプラス実家に預けてあった荷物もあったので、もうパニック状態でした。何しろダンボール200箱以上だったのだもの…。その時点では、適当に並べておくしかなかったのかも。残暑真っ盛りの頃だったしね。

 引越し屋さんにびっくりされるくらい本の多い我が家。オマケに引越し後も毎月毎月買い足した本をどんどん詰めていったのでどんどん増えていきます。とうとう隙間がなくなって、見て見ぬ振りするのも限界に来てしまったのです。

 足の踏み場もないほどに部屋中に本を広げ、系統立てて分類し、本棚の棚板も調整して無駄なく並べなおしました。そしたらすっきりキレイに。オマケにかなりの空きスペースも出来たのです。しばらくは本のしまい場所に悩まなくてすみそうです。

 あとの問題は雑誌のスクラップの整理。パソコンを置いてあるコーナーにも造り付けの本棚があるのです。そこに積んであった雑誌を処分しようと、気になるページだけ切り取ったのはいいけれど、さてどうしよう。そのままクリップで留めておくだけにすると、後で見たい時にすぐに取り出せないのよね。「あの記事どこにおいったっけ?」てことになるとスクラップする意味がないし。インデックスでも作ってまとめるといいんだろうけど、すごい手間だし…。

11月28日
 2頭目の牛さんがニュースになる前に、使用している通販の化粧品会社からA4サイズ3枚にもわたる長い手紙が届きました。
化粧品に含まれているコラーゲンは、アメリカの牛から抽出したものなので心配はありません…というもの。イギリスで大騒ぎになった狂牛病が、日本でも問題になったのは何年かしてから。次はアメリカで…、なんてことにならなきゃいいけどね。5年後くらいにこの手紙がジョークになったら怖い。

 そんなことを思っていたら今度はメールが届きました。コラーゲンが牛のものから豚のものへ変わったとか…。そこでびっくり! 少し前の手紙ではアメリカの牛のものを使ってるって言ってなかったっけ? どうやら、ごく一部、国産牛のものを使っていたみたい。プリオンを不活性化させるための処理を、WHOが推奨している2時間よりもかなり長く、10時間以上かけて処理しているみたいなんだけど…。うーむ。

 でも、その化粧品を使い始めてから、冬のカサツキなんて無縁になった絶好調の私のお肌。今さら他の化粧品に変える気もありません。ま、ずっと使ってきてるんだから、今やめても同じこと?! あれこれ心配するより、なったらなった時と開きなることにしました。他の化粧品にしたって似たり寄ったりのはずだしね。(^^;;

11月27日
 ポストに葉書大の怪しげな広告が入ってました。
ダイエット食品の広告。「30日無条件返金保証」と謳ってあります。ダイエットの広告にありがちな、使用前&使用後の写真が載ってるのだけど、じーっくりと観察するとインチキ写真であることがバレバレ。

 使用前は、ダサい服を着て、うつむき加減にしてあごのたるみを強調しています。それに引き換え、使用後はメイクもばっちりでオシャレな服を着てポーズを決めているのです。でも、意地悪な目でチェックすると、手首と指の太さが一緒なのです。モデルは41キロの減量に成功したらしい。なのに、手首と指の太さが変化なしってことはありえません! あぁいう写真は、太った人が痩せてから撮っているのではなくて、もともと痩せている人をわざと太ったように見せかけているように思えるのです。無意味にピースサインなんてして写真に写ってるから自ら墓穴を掘るのよ。

 インチキな商売をするなら、もっと知恵を働かせて欲しいものです。「30日無条件返金保証」っていうのも怪しい。保証するなら、最初から30日後に痩せたのを確認してからお金を受け取ればいいのに。

11月26日
 スーパーの野菜コーナーで妙なものを見つけました。
スプラウトシリーズというもの。パッケージには『Vol.1』とあります。「これ何?」と思って手にとって見ると、どうやらブロッコリーらしいのです。スプラウトは「新芽」ってことだし、ブロッコリーの新芽ってこと? 『Vol.1』ということは、これからも色々登場してくるってことなのかしら?

 物珍しさから即購入。見かけはプチカイワレって感じ。長さは半分。太さは1/4かしら? アルファルファが長く伸びたって感じなのです。サラダに良さそう。

 気になってネットで調べてみました。そしたらあるある! 「今をきらめくスプラウト、野菜売り場に浸透中」と紹介されてました。スーパーの野菜売り場ではすぐに売切れてしまう人気商品なのだとか…。私は昨日初めて知ったのだけどね。

 大きく成長したブロッコリーと違って、そのまま食べられるのがうれしい♪ 種からでも簡単に育てられるそうです。キッチンの窓際で栽培してみようかしら…。

11月25日
 最近、家の近くにもマンションが建ち始めたので、モデルルーム見学に出掛けてました。
買う気はまーったくなく100%冷やかし。買う素振りは見せず、営業担当の人に「ご返済の御見積もりを取らせて頂きますが…」なんて言われても、のらりくらりと適当に言い訳して帰って来てたのです。最初は電話攻撃。その後は、不動産会社の営業の人が家までやって来るようになってしまいました。向こうも仕事だから仕方ないけれど、これはちょっと面倒。(^^;

 「見てるだけなんです」とも言えないので、あれこれ理由を見つけて断ってます。が、中にはこちらが既に断ったつもりの物件でも「その後如何でしょうか?」なんてしつこくやって来たりするから困ってしまう。昨日の午後にも突然やって来たのです。お昼ごはんを食べながら電波・雷波少年のTVを見ていた私たち。丁度アンコールワットへの道の時でした。TVに夢中になってた私はインターホン越しに「旦那は留守だし、今から出掛けるところなので」とドアも開けずに追い返してしまいました。(^^; 電話で断ってもダメなのかしらん。

 色々面倒なおまけが付いてくるモデルルーム見学だけど、結構楽しんでます。それに、こちらが気のない返事をすると、値引き額が高くなったり、色々条件が良くなってくるのです。物件の値段が値段なだけに、値引きの額もすごい! 十万単位じゃなくて、百万単位なのだからびっくり!! 将来、マイホームをゲットする時のために、あれこれ勉強させてもらってるのです。

11月24日
 世間では3連休だけど、我が家では普通の週末。
おまけに遠出の予定はなし。年末のフロリダ旅行のために節約生活真っ只中。(T^T)

 昨日は12時就寝。今朝は8時に起きるという健康的な生活。早起きしたかったのではなく、粗大ゴミの日だったので仕方なく…なのです。私たちの住んでいる地区だけ土曜日の回収。他の地区は平日なのに。粗大ゴミだけ前の夜からゴミ出しOKにして欲しいなぁ。

 何の予定もないので、旦那は1日ゲーム三昧。私は趣味のパン作りを。今日はクロワッサンに初挑戦。バターロールよりは難しいと覚悟していたけれど、予想通り(?)に見事大失敗。お菓子やパン作りで味はイマイチでも、見かけだけは完璧に作っていたのに、無残な外見のクロワッサンもどきが出来上がったのです。(ToT)

 2次発酵を終えてドリールを塗ろうとしている時に、タバコを吸いに旦那がキッチンへやって来ました。我が家では『換気扇の下でのみ喫煙可能』なのです。旦那の気配を察した私が、とっさにクロワッサンの上に覆い被さるようにして「見ないで〜」と叫ぶと、旦那はやけにうれしそうにわざと覗き込むのです。

 上手く出来なくて、私がしょげているのにやけに楽しそうな旦那。「何がそんなに楽しいの?」って聞いてみるました。すると、失敗作を必死に隠そうとする私の様子が初々しいらしい。私がしょげているのを見れば見るほど、微笑ましくて口元が緩んでくるのだそう。本人としては、ちょっと複雑な心境ですが…。(--;;;

 何とか焼きあがったクロワッサンもどき。サクッという口当たりではなく、ふんわりと柔らか。明らかに別物のパンになってます。不本意な旦那の笑顔も気に入らないし、完璧なクロワッサンが出来上がるまで、何度でもチャレンジしてやるんだから!

11月23日
 この時期の毎年の恒例行事、お歳暮の申し込みをしてきました。
我が家では、お歳暮にはローストビーフの詰め合わせをチョイスしてきたのです。CMでも「ハムの人」って言うのがあるけれど、旦那の「毎年同じ品物を贈った方が、貰う人も喜ぶから」という意見を尊重してのことなのです。

 でも、今年はちょっとねぇ…。つい先日にも2頭目の牛さんのことがニュースになってたし。ローストビーフには「オーストラリア産」などと注意書きがしてあっても、人に贈るとなると神経を使います。日本産でなくても牛製品を贈って「デリカシーのない人ね」と思われるのは嫌。

 ということで、結局「焼き豚とベーコンの詰め合わせ」にしました。そのデパートのお勧め商品で、ドイツの何とかマイスターを取得した人が作った自慢の物らしいのです。選ぶ時にいつも思うことは「我が家にも贈ってほしいなぁ」ってこと。私達が贈っているのは仲人をして頂いたご夫婦。早く旦那に偉くなってもらって、じゃんじゃん仲人したいものです。そして、毎年お中元とお歳暮を貰うの。ちょっと考えがいじましいかしらん…。(^^;

11月22日
 旦那は会社を休んでゴルフへ。
待ち合わせは7時に会社。「朝ごはんは途中で食べるから、奥さんは寝てていいよ」と言われてたのです。でも、目覚ましが鳴ったら起きちゃった。原因はいつも通りに、私の枕もとに時計を置いてたから。旦那側に移動させるのを忘れてた…。(T-T)

 目が覚めたので、目覚めのコーヒーを入れてあげました。といってもインスタント。「いつものように豆を挽こうか?」と言ったけれど、旦那がインスタントでいいと言ったので。気を使ってくれたのかしらん。

 この季節、朝6時だとまだ真っ暗。旦那は「寒いけど、楽しいゴルフのためやったら起きれるな」とブツブツ言いながら着替えてました。旦那を見送った後、再びベッドへ潜り込んだ私。気持ちよく寝ていたら、宅急便のインターホンで起こされてしまいました。時間は10時過ぎ。お昼まで寝るつもりだったのに! 勿論、宅急便は無視したけれど…。

 肝心の旦那のスコア。何やら「グリーンが難しい」やら「OBゾーンが広い」などと言い訳をしていたけれど、結局100を切るという悲願は達成できなかったみたい。「今日のコースはもう2度と行きたくない」とまで言ってました。

11月21日
 国内で2頭目の狂牛病の牛が発見されたそう。
今度は北海道みたい。近くのスーパーでもデパートでも、肉コーナーの牛肉比率が低くなっているのに、これからどうなるのかしら? ホント肉コーナーから和牛が姿を消してしまうかも?!

 我が家は全く気にしてなくて、「狂牛病なんてどこ吹く風って感じ。でも、さすがに骨付きカルビは食べてないし、焼肉屋さんへは行ってません。食卓に登場するのは、普段から鶏&豚が多いのでメニューにも特に変化はないのです。

 つい先日、近くに焼肉屋さんがオープンしました。夏頃から工事をしてて、建物の雰囲気と壁に書かれてあったハングル文字から「おっ、コリアンレストランかしら?」と勝手に想像して、勝手に楽しみにしていたのです。多分、新聞代わりに購入しているTVガイドで、コリアンレストランの特集があったため。でも、出来上がったら単なる焼肉屋だったのです。ちえっ、つまんない。

 そのお店、気の毒なことに、オープンしたてなのにガーラガラ。今の状況じゃ厳しいよねぇ。きっと、お店の工事を始めた時にはこんなことになるなんて想像もしなかっただろうし…。家から車で10分以内にある他の3つの焼肉屋さんも週末でも駐車場は空っぽ。相当厳しいんだろうなぁ。

 そろそろお歳暮の季節。今年は牛肉よりも「高級豚肉」が人気だそう。我が家では毎年、お歳暮はローストビーフを贈っているのです。今年はどうしようかしらん…。

11月20日
 気温が10℃以下になっても咲き続けていた、脅威のアメリカ産の朝顔もとうとう咲かなくなりました。
それと同時に落ち葉の掃除ともお別れ。玄関横にあるサクラに似た葉っぱの木。花は咲かないのに秋になると落ち葉が凄いので、私の大嫌いな木なのです。

 ピーク時は1日に2度掃き掃除をしていたけれど、それももう終わり。この何だか分からない木を見るたびに、「玄関の植え込みは針葉樹じゃないとダメだわ…」と思っていたのです。広葉樹は落ち葉がひどいし、虫もつきやすいしと、いいことなし!

 庭の植物もほとんど枯れてしまい寂しくなったのだけど、唯一楽しみなのが『綿』。葉は霜にやられて茶色くなっているのに、頑張って実をつけているのです。今日も3個収穫しました。ほおずきくらいの実の中に詰まった『綿』を軽くほぐすと、何と片方の手のひらいっぱいに膨らむのです。ふわふわの『綿』はポムの布団です。

 最初、巣箱に詰めていた『綿』をポムは全部ヒーターの上に運んで来て、ふわふわの『綿』に囲まれて気持ち良さそうに眠っています。自家栽培の『綿』、気に入ってくれたみたいですごくうれしい〜♪ 「来年も綿を植えなきゃね」と旦那と話しているのです。(^^)

11月19日
 朝早く、何と8時過ぎにインターホンが鳴りました。
「一体こんな時間に誰?」と体が硬直してしまう私。パジャマから服へ着替えてはいるけれど、髪はボサボサ。とてもじゃないけれど人前に出て行ける格好ではないのです。しかも旦那はパジャマのままだし…。

 びっくりした時のポムのように固まったまま動けない私に代わって、旦那がインターホンに対応しました。訪問者は近所の主婦。自治会費の集金に来たのです。「ちょっと待って下さい」と言い残し、旦那が大慌てで服に着替え応対しました。その間、約1分程。私にはすごく長い時間に感じられました。どうやら週末に何度か来られたみたいなのだけど、ずっとうちが留守だったのです。

 「平日の昼間なら妻がいるんですけどね…」という旦那に「平日は仕事なので」とのこと。だったら『平日の夜』来てくれたらいいのに…。働く主婦なら朝早くでも身なりはきちんとしているかもしれないけれど、専業主婦は少なくとも9時以降でないと人前には出て行けないんだから…。

 今夜のメニューはおでん。「おでんはよーく煮込んだ方が美味しいもんね〜」と朝から作り始めたのです。その後、コトコト煮込んでいたら、家中至る所におでんの匂いが…。それはまるでコンビニ状態。我が家の換気扇は、強弱の切り替えが出来ないうえにパワーも弱いのです。煮込みが終了した後もずっと換気扇を回し続けて、匂いが消えたらもう夜。おでんの匂いと共に過ごした1日。夜、食べる時にはちょっと食傷気味だったかも…。

11月18日
 我が家の向かいのお宅の親父は、毎週週末に庭の手入れをされています。
その時に子供をこき使いながら、いつも元気に怒鳴っているのです。親が子供を叱ることが少なくなったと言われるけれど、向かいの親父はパワー炸裂! 聞いてる私達がびっくりするほどの勢いなのです。

 男の子2人が、大人しく親父の言うことを聞いてるのを見ると、何となく安心するのです。「そうよねぇ、親父は怖くないとダメよね」と。子供を叱れなくてなめられる親や躾と虐待を勘違いしている親が多いなか、お向かいの親父みたいな父親がどんどん増えて欲しいなと密かに思っているのです。

 ちょっとうれしかったこと。バレーボールの4大大会で17年ぶりに日本女子がメダルを取ったこと! 旦那は中国の蕊蕊ちゃんがお気に入りらしいです。私はメダル以外興味ないんだけど...

11月17日
 家の近くでは、というか、関西では「マサイの戦士」という発酵乳がごくごく当たり前に、スーパーでもコンビニでも売られています。
TVでも随分前からCMが流れてました。CMの内容もかなりユニークなもの。

 でも、この妙な名前の飲み物は関西限定のものだと今日初めて知りました。USOという番組の「不思議な食べ物&飲み物コーナー」で紹介されていたのです。WHOの調査によると、マサイ族の飲んでいる発酵乳は、すごく健康にいいものらしい。その発酵乳を限りなく忠実に再現したものだそう。

 名前からして、何となく不味そう…と今まで見向きもしなかったけれど、無性に飲みたくなってしまいました。明日にでも買ってみようかしら?

11月16日
 3日ほど前から、ポムのケージの臭いが気になってました。
ケージの置いてある部屋に入ると、何か臭うのです。気のせいか、夏よりも臭いがキツイような? トイレの躾は出来てなくて、回し車やケージの中の好きな場所でオシッコしちゃうのだけど、ポム1世よりも体も小さく、オシッコの量も少ないはずなのに。おまけに気温も低いはずなのに、何故?

 不思議に思っていたけれど、今日ケージの大掃除をしたら、原因が判明しました! 何と、ポムはヒーターを覆っている布にオシッコしていたのです。低温火傷をしないように、お皿型のヒーターの表面を布で覆っています。その布の上にウッドチップを置いてあるので、ぱっと見には分からなかったのだけど、取り替えようとしたらびっくり! おねしょのシーツのように茶色い染みがいくつも出来てました。ここ何日か分のオシッコの染みってことよね。

 私が気になってた臭いの元は、「おねしょ」だったのね。臭いが強くなったように感じたのは、オシッコの染み付いた布がヒーターで温められていたからに違いありません。でも、おねしょだらけのヒーターの上で気持ち良さそうに眠っているポムって一体…。動物は自分の排泄物は気にならないのね…。(T^T)

11月15日
 夏、我が家の庭には、日本とアメリカの2つの国の朝顔が咲いてました。
日本のは臙脂色。ワインカラーというよりも、ホント『エンジ色』って感じの花。これは町役場から貰った種でした。アメリカの朝顔はブルー系。その名も『Mountain Blue』。マウント・レーニアのお土産屋さんで買った種なのです。

 これが不思議な朝顔で、1本の蔓なのに、白、白&ブルーのミックス、ブルーと何色もの花が作のです。白&ブルーのミックスのは、花によってそれぞれ色の比率が違っているのです。「いかにもアメリカン!」って感じの朝顔でした。

 今は11月。季節は秋から冬に移ってきてます。ところが、この脅威のアメリカ朝顔は、まだ咲いているのです。花の色は白のみになってるけど…。先月までは「すごいな、頑張って咲いてるね」とけなげに思っていたのだけど、この寒さでまだ咲いているとなるとちょっと怖い。「まだ咲くの?」なんて思ったりして…。旦那ときたら「異常やで」なんて言う始末。いつまで咲き続けるのか、毎朝チェックしているのです。

11月14日
 『愛菜果』なるポリ袋を買ってきました。
見かけは単なる緑色のポリ袋。だけど、この袋に野菜や果物を入れておくと鮮度が長持ちするらしいのです。先日、会社の人達とテニスをした時に、おしゃべりしてた奥様に教えてもらいました。彼女いわく「不思議なくらい野菜が長持ちするの」との優れモノなのです。

 パッケージに書いてある説明によると、特殊処理を施してあって、老化ホルモンを吸収するらしい。材料にエチレンガスを吸収する大谷石を使用しているのが特徴みたい。袋にはマチの部分もついていて、大き目の野菜も入れやすくなってます。モヤシやカイワレ大根以外なら、普通家庭で使う野菜や果物には、大体効果が期待できそう。夫婦2人だと野菜が傷まないようにメニューを考えるのは大変。入れるだけでいいなら…と買ってみました。

 でも、説明書の「老化ホルモン云々…」という部分が妙に気になる私。寒くなって空気が乾燥してきたせいか、お肌のツッパリが気になる今日この頃。強盗がかぶっているような顔をすっぽり覆うマスクを同じ素材で作ってくれないかしら…なんて思ってしまいます。だって、ただかぶるだけで老化ホルモンを吸収してくれるなら、そんなうれしいことはないもの。そんなマスクがあれば、昼間1人の時はずっとかぶったままかも…。

11月13日
 旦那自作の検索エンジン『msearch』。
それが、社会民主党のHPで使われてることが分かったのです。これにはびっくり! でも、私はひとつ嫌いな政党があります。そこで使われてるのでなくて良かった…。(-o-)

 自治体のHPで利用して貰っているのを知った時も驚いたけれど、永田町関係のHPまで…とホントにびっくりしてしまいました。おまけに、とある所から「使用料が必要なら…」との申し出までして貰えたのです。このことを旦那から聞いた時は「サイドビジネスする?」なんて思わず言ってしまいました。あくまで趣味としてやってることだし、有料化するとなると色々大変なこともあるので取りあえずお断りしたのですが…。でも、ちょっとうれしかったりして♪

11月12日
 今日のメニューはビーフシチューと手作りのソーセージロール♪
突然焼き立てのパンが食べたくなったのです。旦那に帰宅予定時刻を聞いて、その時間に照準を合わせて仕込み開始!

 手作りパンといっても、生地をこねるのはホームベーカリーまかせ。腕力も根性もないので生地まで手作りする気は全くないのです。機械がコネコネしてくれた生地を成形してオーブンで焼くだけという楽チンパン作り。柔らかくて人肌の温度のパン生地に触れているとすごく幸せな気分になります。シチューも一度冷ました方が美味しいので、昼食を食べてすぐに調理にとりかかりました。

 シチューを火にかけて煮込み始めたら、いよいよパンの準備。粉をこねるのと1次発酵に1時間半。成形作業は何度もベンチタイムを挟みながら、これまた1時間半。そして2次発酵を済ませ表面にドリールを塗ったら、ようやくオーブンへ。パンが膨らんでくる様子を見守るこの時間は、もうドキドキワクワク。子供のように何度もオーブンを覗き込んでしまいます。

 ソーセージロールに使うソーセージは、いつもシャウエッセン。皮がパリッとしてて、これが一番美味しいのです。食べる時にバリッと音がします。口の中を火傷しそうになるのが難点だけど…。

 生地を2次発酵している時に、旦那から電話がありました。「予定より30分早く帰るから」と。「今から言われても焼き上がりの時間変更は無理」と答える私。まだ帰るまで1時間あったので、旦那は時間変更が出来ると思っていたのです。変更するなら4時間前には言ってくれないと無理でございます。ハイ。

11月11日
 約3カ月ぶりに洗車をしました。
今乗ってる車は、シルバーメタリックなので汚れが目立ちません。なんで、車の内部が埃っぽくなってくる限界まで洗車をしないのです。今日は久しぶりのいいお天気で風もない。「よっしゃー」と気合を入れて取り掛かりました。といっても、ほとんどは旦那が担当。私は車の内部の掃除機かけのみなんだけど…。(^^;

 最後の仕上げにタイヤにワックスをかけました。実は私、タイヤ用のワックスがあるなんて今日初めて知ったのです。髪の毛用のムースみたいな泡状のワックスをスプレーすると、あーら不思議、砂や埃で汚れていたタイヤが真っ黒で新品みたいに生まれ変わるのです。これはすごい〜。

 夕食を食べに近くのラーメン屋さんに出掛けたら、近所でもあちこち家の前の道が濡れていました。みんな洗車をしてたみたいです。

11月10日
 夜のメニューは伊勢うどん。
三重県出身の旦那の好物なのです。伊勢地方では食堂のメニューの麺類の最初に書かれてある名物らしい。私にとっては、伊勢神宮のおかげ横丁で初めて食べた妙なうどんなのですが…。

 少し太目のうどんにタレを絡めて食べるのです。イメージ的には、うどんの醤油がけって感じ。柔らかいモチモチとしたうどんの食感とだしのきいた醤油の風味を味わう物みたい。正直言って、私はあまり好きじゃありません。(^^;

 デパートの食品売り場で見かけたら、旦那が売り場の前から動かないのです。口に出しては言わないけれど、どうやら買って欲しそう。結婚直後に食べたきりなので、口にするのは5年ぶり。

 作るのは初めて。麺類は固めが好きな私、いつも茹で時間を説明書より短めにします。でも、ちょっと特徴のある伊勢うどん。湯で時間を短めにすると、ポクポクした歯ごたえでかなり不味かった…。もう一生食べたくならないかもしれないです。

11月9日
 私は朝起きると、まずポムのケージをチェックします。
冬眠状態になってないかを確認するために。夜行性のハムスターは朝には眠っています。でも今朝、ポムはまだ眠っていなくて、私がケージを覗くと近寄ってきました。最近ようやく懐いてくれたのです。

 朝食も済ませて、出勤前に旦那がケージを覗いて「ポム面白いで、ちょっと見てみ」と私を呼びました。少し前まで起きていたポムは、眠いのか目を閉じたままフラフラヨロヨロと歩き回ってます。「寝ぼけてるんやで」ってしばらくは笑いながら見てました。

 でも、ふと気付いたのです。何か様子が変じゃない?と。ハムスターは弱い動物なので、眠っていてもちょっとした刺激ですぐに飛び起きます。まだ、完全に我が家に馴染んでいないポムがずっと寝ぼけたままなんて…。じーっと観察していると、ポムは目を半開きにしてクルクルと同じ所を回るように歩いてます。かなり頼りない足取りで…。ひまわりの種をあげてみたら、食べようとするのだけど力が入らないのか殻を割れないでいるし、居眠りしているかのように体をコックリコックリと動かしてます。どうしてだか、ヒーターに乗らずに巣箱の中で震えているのです。

 「もしかして病気? それともまた冬眠?」と焦った私は大慌て。急いで動物病院へ連れて行こうとしました。でも、身支度を整えてポムのケージを覗くと、いつのまにか元気になってます。ヒーターに乗ったり、ケージでうんていしたりと。私がケージに近づくと寄ってきてケージをガリガリ齧るし…。さっきまでは一体何だったのかしら? ま、元気になったならいいんだけどさ。

 それでも心配な私は、今日は1時間おきくらいにケージを覗いてました。一体どれくらいの時間ケージのそばに座っていたか。庭でとれたコットンを巣材に入れてあげたら、喜んで巣箱に詰め込んでました。ウッドチップよりも暖かいかな? ヒーターの上にいてくれると安心なのだけど、巣箱にいる時は心配でたまりません。

11月8日
 数日前に見たお菓子特集のTVで『ムースポッキー』と『フラン』の特集を組んでいました。
私はどちらかというと『フラン』の方が好き♪ その中でも特に『イチゴフラン』がお気に入りなのです。イチゴ味のお菓子をこよなく愛する私にとって、『ムースポッキー』にはイチゴ味がないのもマイナスポイントなのです。

 でも、そのTVで関東地区には『ムースポッキー』のイチゴ味もあることを知りました。「食べたーい!」と騒ぐ私に旦那が「なんで出張の前に言うとけへんねん」とひと言。そう、最近、滅多に出張のない旦那が、先週&先々週と続けて東京と横浜へ出張していたのです。「コンビニくらい、いくらでも寄ったるのに」と言う旦那に「次の出張は?」と聞くと、「しばらくないで」と冷たい答え。あ〜ぁとガックリしていました。

 すると、会社から帰ってきた旦那が「奥さんの喜ぶことがあるで」と。不思議に思っていると来週出張の予定が入ったらしいとのこと。やった〜〜。私の食いしん坊パワーは旦那の仕事の予定まで変えてしまったみたい。他にも関東地区限定のお菓子をチェックしなくっちゃ♪

11月7日
 結婚記念日に買ってもらったワッフルメーカーが届きました。
クロエールのブリュッセル・ワッフルメーカー。簡単な(というか、かなり適当な)レシピブックも付いています。うれしくて早速ワッフル作りにチャレンジしてみました♪

 ホットケーキのように材料を混ぜて焼くだけだと思っていた私。ワッフルの生地作りは結構面倒でした。材料にイーストを使い発酵させるので、パン作りに近いものがあるかも。レシピブックだけでは心許なかったので、ネットであれこれレシピや手順を調べてからワッフル作りに取り組みました。残念ながらというか、当然のことだけど、マネケンのレシピはゲットできませんでした。「マネケン風」というのがホンのいくつかあっただけ…。

 生地をワッフルメーカーに載せる瞬間は、「ちゃんとお店と同じようなモノが出来るのかしら?」とかなりドキドキしました。説明書には「最初の2回分のワッフルは食べずに捨ててください」とあるので、内心もったいないなぁと思いながらも4枚のワッフルをゴミ箱へ。6枚分の生地を作っていたので、最後の2枚分がいよいよ本番です。じっと待つこと約3分。蓋を開けると見かけはマネケンのワッフルそっくりのものが出来上がってました〜。(^^)/

 試食の結果、見かけはともかく、味的にはマネケンには遠くおよばない自作のワッフル。でも、出来立てにシロップをかけるとなかなか美味しく頂けました。これから色々試行錯誤をするつもりです♪ マネケンのワッフルに近づくためには、ザラメを買ってこなくてわ…。

11月6日
 とうとう昨夜、ホットカーペットのスイッチを入れてしまいました。
先月、リビングを夏用のラグから冬用のカーペットに模様替えした時にホットカーペットも敷いてはいたのです。でも、寒くて我慢できなくなるまで使わないつもりでした。何故なら、ホットカーペットのスイッチを入れると、もうそこから動けなくなっちゃうから…。

 昨夜も寒かったけれど、今朝も雨がぱらついてて冷え込んでました。朝からホットカーペットのスイッチを入れると、暖かくて気持ちよくてお尻に根っこが生えてしまう。そろそろ洗濯物干しがツライ季節。腰をあげるのにかなりの努力が必要でした。

 ふとケージのポムを見ると、ハムスター用の小さなヒーターの上で眠っています。大分我が家に慣れてきたみたいで、多少の物音では起きなくなりました。腹ばいになりビローンと体を伸ばし、気持ち良さそうに寝ています。じっと見ていると、気配を察して目を覚ますのだけど、眠そうに目を細めるだけで動きません。その表情は「あったかーい、あぁ気持ちいい〜」って言ってるみたいです。(^^)

11月5日
 旦那が自分のおこずかいでプリンを買ってくれました。
HPの広告でちょっぴり臨時収入があったのです。(^O^)/
「広告で収入があったらおこずかいにしていいよ〜」なんて言ってた私。でも、実際に旦那が「お金振り込まれてん」って聞くと黙ってはいないのです。ついつい「ケーキでも買ってよ〜」なんてたかったりして…。

 買ってもらったのは、パステルというお店のなめらかプリン。TVのデパ地下特集で見てから食べてみたいな〜と思っていたプリン。近くのデパートの期間限定で販売していたのです。

 食べた結果は、「美味しいけど、値段ほどではないかな?」って感じ。折角旦那が買ってくれたのにこの言い草。私的にはモロゾフの方が好き♪ プリンというよりもカスタードクリームって感じかも。容器がプラスチックなのもちょっとマイナス要因だったりして…。実は私、モロゾフのプリンの容器は、いつも大事に取っておくのです。以前、会社の人(東京出身の人)が「関西の人って、大抵がモロゾフのプリンの容器を洗って置いてあるよね」って言ってたので、私だけではないはず。

 ガラスなのでちょっとした小物入れや、観葉植物の水栽培用に便利なのです。耐熱ガラスなのかどうか自信がないので、プリンを作る時には使ったことがないのだけれど…。あのガラス容器、耐熱ガラスなのかどうか、どなたかご存知ありません?

11月4日
 テニスをするために会社に行ったら、敷地内に人がワラワラいるのです。
オマケに入り口で生駒市の職員に止められてしまいました。「ここからは入れません」などと言われる始末。びっくりしていたら「○○(会社名)の人ですか?」と聞かれてしまいました。どうやら、フリーマケットが開かれていたみたい。

 敷地内の面積を人数で割って回収率を計算するのだけれど、旦那の職場は田舎にあるので敷地が広いのです。そのため結構数字的に苦しいみたい。フリーマーケットの開催は苦肉の策?! それとも参加費は無料で、地域の皆様のために場所を提供しているだけなのかしら? 市の職員の方は、フリマ終了後にきれいに掃除して帰られてました。

 会社の食堂が閉鎖されるかもしれないと聞いて、私は内心喜んでました。というのも、閉鎖されると毎月昼食補助費として3000円が支給されると聞いたからなのです。でも、総務の人の尽力で引き続き運営されることになったみたい。旦那はお弁当持参なので食堂はたまにしか使わないのです(私が寝坊した時のみ利用)。なので、私としては閉鎖になった方がうれしかったのだけどな…。

11月3日
 2日遅れだけど、結婚記念日ということで夕飯にお寿司を食べに行きました。
といっても回ってるお寿司。(^o^) でも、水産加工センターに隣接している回転寿司なので、そう捨てたものでもないのです。何しろ一皿900円なんてネタまであるんだもの!

 折角だからと、私は生中をオーダー。下戸の旦那はお茶をすすってました。最近、カーボ抜きダイエットでご飯をあまり食べていないせいか、ご飯までやたらと美味しく感じます。「ま、結婚記念日なのだから」と高めのネタもガンガン食べまくりました。それでも2人で7千円ちょっと。普通のお寿司屋さんに行くと、その倍はするのでやっぱり安い〜。

 ちょっと残念だったこと。「大トロあぶり」というネタをオーダーしたら、火が通り過ぎてて「焼き魚」のようになっていたのです。裏側はほんのり赤かったのだけど、表側はこんがり。脂分が多いのが余計にアダとなって、トロというよりも焼肉のような味がしました。普段滅多に頼まないので、焼き過ぎなのかどうか自信がなくてクレームがつけられなかったのです。(T^T)

 お腹が苦しくなるまで食べてしまいました。いつもなら、私はネタだけ食べてシャリは旦那にあげるのです。今日はシャリまでしっかり食べてしまったのがいけなかったかも…。く、くるしい…。

11月2日
 旦那が出張中なので寝坊してしまいました。
目覚し時計をセットし忘れてて、起きたのは9時過ぎ。今日はゴミの日なのです。早い時には9時には回収に来ていることもあるので、大慌てで着替えてゴミを出しました。そして、家に戻った途端に回収車が…。間に合ってよかった。(-o-)

 朝食を食べていたらインターホンが…。対応したら宗教の勧誘。「ご近所の方のためにご奉仕をさせて頂いてます」とのこと。私はこの女性の声とセリフには聞き覚えがあるのです。数ヶ月おきに必ずやって来る女性。その都度「忙しいのでお引取り下さい」とキツク断ってるのにな。毎回この時間にやって来るのです。ホントにうっとうしい! 「ご奉仕」って一体何? 後でポストを見たら、カラーのご大層なパンフレットが入ってました。即ゴミ箱へ捨てちゃったけれど、表紙の教祖らしい女性は私の旧姓と同じ名前。なんか嫌だわ…。

 セールスが来る日は、何故だか1日に何度もいろんな人がやって来ます。その後には「炭ソ菌の被害者のための寄付を…」とくらーい感じの男性。自分の所属する団体も名乗らずに、いきなり寄付を求められてもそんな気にはなれません。その次に来たのは、環境汚染についてのセールス。「システム導入についてのアンケートを同封しておきますので、ご主人と共にご検討下さい」とパンフレットをポストに入れて行きました。何かと思えば、京セラのソーラーシステムのセールス。でも、うちの屋根にはデーーンとソーラーシステムの装置(?)が乗っかってるのです。インターホンを押す前によく確認して欲しいわ。悪いけれど、検討することも旦那が見ることもなく、ゴミ箱行きになりました。
門に「セールスお断り!」って張り紙をしたくなります。ま、効果は全く期待できないだろうけれど…。

11月1日
 今日は5回目の結婚記念日。
でも、旦那は出張なので、一人ぼっちの結婚記念日。ちと寂しい…。(T^T)結婚して丸5年が経ってしまったのね。そう考えると、時間の流れってすごく早い! 10年目の記念日には「スィートテン・ダイヤモンド」を買ってもらう約束なのです。その道のりの半分まで来たのね♪

 昨日からポムに手渡しでひまわりの種をあげてます。まだ、手のひらには乗ってくれないません。でも、鼻先にひまわりの種を差し出してあげると、口で受け取った種を目の前でカリカリと食べてくれるのです。その様子はまるでハーモニカを吹いているみたい。

 2個目のひまわりの種を食べている時に、左手が種に挟まって抜けなくなり必死にもがくポム。引っ張ってあげることも出来ないので、じっと見守るだけの私。ポムは体の向きをクルクル変えながら必死に手を抜こうとしているのです。奮闘すること約1分。スポッと抜けた瞬間、反動でポムは尻餅をついてました。(^o^) 尻餅をついた途端に、手が種に挟まってもがいていたことを忘れてしまったみたいで、起き上がったらキョロキョロ辺りを見回してました。